[Android] 音量キーで文字入力カーソルを操作する方法! ボリューム物理ボタンで位置移動を快適に

Androidアプリ

Androidのブラウザで検索をしたり、メモアプリで文章を入力する際、文字の入力カーソル移動がうまくできず、イライラした経験はないでしょうか?

利用するキーボードアプリによっては、仮想キーボード上でカーソル移動ボタンが表示される場合もありますが、打ち間違えのリスクは相変わらずあるため、できればPCのように物理キーでカーソルを制御できたら便利ですよね。

そこで本記事では、スマートフォンの音量キーで入力カーソルを操作できるようになるAndroid向け無料アプリ「Cursor Control」を紹介します。

タッチパネル上でのカーソル移動にストレスが溜まっている方は、ぜひご覧あれ。

photo by Jared Tarbell

 

Cursor Controlの使い方

今回紹介する「Cursor Control」アプリの使い方と特徴を、下記より解説します。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「Cursor Control」をインストールします。

Cursor Control
Cursor Control

アプリトップ画面で「サービスを開始」トグルをタップして有効にすると、初期設定としてユーザー補助より権限付与が求められます。

画面に従って設定をしましょう。

手順②:アプリを使いこなす – 基本

続いて音量キーによるカーソル移動を有効にするアプリを設定します。

アプリトップ画面より「サービスを開始」トグルがオンになっていることを確認後、右下「+(プラス)」ボタンよりAndroidにインストールされたアプリ一覧を開き、カーソル移動を有効にしたいアプリにチェックを入れます。

例えば、Google Chromeで有効にする。

実際に試してみましょう。設定したアプリ上で入力カーソルが音量キーで左右に移動したら成功です(音量↑上キーで右へ、↓下キーで左へ移動します)。

音量キーを一度押すとカーソルが左右に1文字分移動する他、長押しで速く移動もできます。

また、無料版の場合、最大8個まで音量キーによるカーソル移動を有効にするアプリを選択でき、それ以上の場合は有料版(160円)の購入が必要です。

手順③:アプリを使いこなす – 応用

トップ画面右上メニューの「設定」より、さらに細かいカスタマイズが可能です。

下記よりその一部を解説します。

カーソル移動の方向を逆にする

デフォルトでは、音量↑上キーで右へ、↓下キーで左へ移動しますが、これを「カーソル方向」項目より逆にすることができます。

ミュージック再生中は機能を無効にする

カーソル移動を有効にしたアプリ上では、バックグラウンドで音楽を再生していても音量キーを押すとカーソル移動が優先され、本来の音量変更を利用することはできません。

そこで「オーディオ再生時に無効にする」にチェックを入れることで、ミュージック再生中は音量変更が優先的に実施され、「Cursor Control」アプリのカーソル移動は無効とできます。

 

補足:そのほか物理ボタンを活用するアプリまとめ

今回紹介したアプリ以外にも、Androidの物理ボタンやセンサー機能を有効活用するアプリ等はたくさん存在します。

例えば、「ボリュームキーランチャー」というアプリを使えば、Androidのボリュームアップ / ダウンキーに対し様々な機能を付与できます。

音量ボタンでAndroidを操作する方法! ボリューム物理キーでアプリ起動やシステム変更ができる
スマートフォンではほとんどの操作がディスプレイ上のタッチパネルで完結するため、物理ボタンである「電源」や「音量」キーを押下する頻度は相対的に低くなります。 が、せっかく搭載されているボタンなので、好きなアプリを起動したり、各種システム...

また、「Torchie」というアプリを使えば、Androidのボリュームアップ / ダウンキーでカメラのフラッシュライトを点灯 / 消灯できるようになります。

Androidのライトを音量/電源ボタンで操作する方法! 物理キーで懐中電灯を点灯/消灯できる
夜間に外を出歩く際や急な停電の際、スマートフォンは懐中電灯の代わりにもなり便利です。 が、真っ暗闇の中、スマートフォンを操作してライトを点灯させるのは大変ですよね。 そこで本記事では、スマートフォン本体の物理キーからカメラのフラ...

それ以外にもAndroidの物理ボタンやセンサー機能を有効活用する情報を、関連記事【Androidの物理ボタンやセンサー機能を有効活用する豆知識まとめ! タッチパネル不要で操作できる】で解説しています。

Androidの物理ボタンやセンサー機能を有効活用する豆知識まとめ! タッチパネル不要で操作できる
本記事では、Androidに搭載される物理ボタンやセンサー機能を有効活用する過去記事をまとめて紹介します。 「音量ボタン」・「指紋認証リーダー」・「近接センサー」・「重力センサー」を有効活用すれば、ディスプレイのタッチパネルに触れずと...

 

〆:快適に文字入力カーソルを移動しよう!

以上、[Android] 音量キーで文字入力カーソルを操作する方法! ボリューム物理ボタンで位置移動を快適に の說明でした。

タッチパネル上での入力カーソルの移動が面倒だと感じている方は、ぜひ「Cursor Control」アプリを使って快適な操作を実現してはいかがでしょうか。

ぜひ、お試しあれ。

Androidアプリ
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント