[Android] 音量キーで文字入力カーソルを操作する方法! ボリューム物理ボタンで位置移動を快適に

スポンサーリンク

Androidのブラウザで検索をしたり、メモアプリで文章を入力する際、文字の入力カーソル移動がうまくできず、イライラした経験はないでしょうか?

利用するキーボードアプリによっては、仮想キーボード上でカーソル移動ボタンが表示される場合もありますが、打ち間違えのリスクは相変わらずあるため、できればPCのように物理キーでカーソルを制御できたら便利ですよね。

そこで本記事では、スマートフォンの音量キーで入力カーソルを操作できるようになるAndroid向け無料アプリ「Cursor Control」を紹介します。

タッチパネル上でのカーソル移動にストレスが溜まっている方は、ぜひご覧あれ。

photo by Jared Tarbell

スポンサーリンク

Androidの音量物理キーで入力カーソルを操作!

今回紹介する「Cursor Control」アプリの使い方と特徴を、下記より解説します。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「Cursor Control」をインストールします。

Cursor Control
Cursor Control
Price: Free+

Android 要件:4.3 以上

価格:無料(有効にできるアプリ上限数が撤廃された有料版 160円 あり)

アプリトップ画面で「サービスを開始」トグルをタップして有効にすると、初期設定としてユーザー補助より権限付与が求められます。

画面に従って設定をしましょう。

手順②:アプリを使いこなす – 基本

続いて音量キーによるカーソル移動を有効にするアプリを設定します。

アプリトップ画面より「サービスを開始」トグルがオンになっていることを確認後、右下「+(プラス)」ボタンよりAndroidにインストールされたアプリ一覧を開き、カーソル移動を有効にしたいアプリにチェックを入れます。

例えば、Google Chromeで有効にする。

実際に試してみましょう。設定したアプリ上で入力カーソルが音量キーで左右に移動したら成功です(音量↑上キーで右へ、↓下キーで左へ移動します)。

音量キーを一度押すとカーソルが左右に1文字分移動する他、長押しで速く移動もできます。

Androidの機種によっては、スクリーンショット(画面キャプチャ)撮影に音量キーを使用しますが、カーソル移動を有効にしたアプリ上でも、スクリーンショットは撮影できます。

関連記事

Androidでスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮影する方法まとめ [Xperia/Galaxy/Nexus]

また、無料版の場合、最大8個まで音量キーによるカーソル移動を有効にするアプリを選択でき、それ以上の場合は有料版(160円)の購入が必要です。

手順③:アプリを使いこなす – 応用

トップ画面右上メニューの「設定」より、さらに細かいカスタマイズが可能です。

下記よりその一部を解説します。

カーソル移動の方向を逆にする

デフォルトでは、音量↑上キーで右へ、↓下キーで左へ移動しますが、これを「カーソル方向」項目より逆にすることができます。

ミュージック再生中は機能を無効にする

カーソル移動を有効にしたアプリ上では、バックグラウンドで音楽を再生していても音量キーを押すとカーソル移動が優先され、本来の音量変更を利用することはできません。

そこで「オーディオ再生時に無効にする」にチェックを入れることで、ミュージック再生中は音量変更が優先的に実施され、「Cursor Control」アプリのカーソル移動は無効とできます。

〆:快適に文字入力カーソルを移動しよう!

以上、[Android] 音量キーで文字入力カーソルを操作する方法! ボリューム物理ボタンで位置移動を快適に の說明でした。

タッチパネル上での入力カーソルの移動が面倒だと感じている方は、ぜひ「Cursor Control」アプリを使って快適な操作を実現してはいかがでしょうか。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい