[Android] 指定アプリ上でスクリーンショットを禁止する方法! 画面キャプチャを無効としよう

スポンサーリンク

Androidでスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮影する方法は非常にシンプルですが、セキュリティ上、全てのアプリで表示している画面を保存されるのはリスクでもあり、特に第三者にスマートフォンを貸与する際に問題となります。

そこで本記事では、指定アプリ上でスクリーンショットを禁止するAndroid向け無料アプリ「Screen Shield Anti Screenshot」を紹介します。

機密性の高い個人情報を表示するアプリに対し設定することで、「もしもの時」に備えることができるアプリですよ。

photo by Christoph Scholz

スポンサーリンク

Androidで指定アプリ上の画面キャプチャを禁止する!

アプリ側で禁止されているケースもあるが・・・

Androidでスクリーンショットを撮影する方法は様々ですが、どれも非常にカンタンで誰でも実行できるのが特徴です。

関連記事

Androidでスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮影する方法まとめ [Xperia/Galaxy/Nexus]

が、セキュリティ上、全てのアプリで表示している画面を保存されるのはリスクでもあります。

そのため、一部セキュリティが重視されるアプリでは、そもそもアプリ側よりスクリーンショット撮影を制限しているケースもあり、当該アプリ上ではどうやっても画面キャプチャを残すことができません(例:「Tver」・「スターバックス公式アプリ」)。

関連記事

[Android] スクリーンショットをキャプチャできないアプリ上で画面の画像を保存する裏ワザ

が、それ以外のアプリでは通常、ユーザー側で画面キャプチャの可否を設定することはできません。

そこで下記より紹介する「Screen Shield Anti Screenshot」アプリを使って、任意のアプリ上でスクリーンショットを禁止する設定を行います。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「Screen Shield Anti Screenshot」をインストールします。

Android 要件:4.1 以上

価格:無料(有効にできるアプリ上限数が撤廃された有料版 170円 あり)

インストール完了後に起動し、「保護を有効に」トグルをタップします。

一部日本語がおかしいのはご愛嬌・・・。

すると初回のみ「ユーザー補助」の権限付与が求められるため、

画面に従って有効にします。

手順②:アプリを使いこなす – 基本

以上の初期設定操作の完了後、アプリトップ画面へ戻り「保護を有効に」トグルがオンになっていることを確認して、右下「+(プラス)」ボタンをタップします。

するとAndroidにインストールされたアプリ一覧が出るので、この中から画面キャプチャを禁止したいアプリを選びチェックを入れます。

例えば、LINEを選んでみる。

実際に試してみましょう。設定したアプリ上で画面キャプチャを実行すると「スクリーンショットはキャプチャできませんでした。」と通知表示されれば成功です。

例えばLINE上でスクショを禁止できた(上記は禁止を解いた後に撮影した画像)。

また、無料版の場合、最大8個までスクリーンショットを禁止にするアプリを選択でき、それ以上の場合は有料版(170円)の購入が必要です。

ちなみに残念な点として、スクリーンショットを禁止にするアプリは、「最近開いたアプリ」ウインドウ上では普通にキャプチャを実行できてしまいます。

例えばLINEアプリ上で禁止していても、最近開いたウインドウ上で間接的に画像を保存できてしまう。

こればかりは、対象のアプリやAndroidシステムに直接手を加えられないため諦めるしかないのでしょうが、このように抜け道はあるのが留意点です。

手順③:アプリを使いこなす – 応用

トップ画面右上メニューの「設定」より、さらに細かいカスタマイズが可能です。

このうち便利なのが「パスワード」機能で、設定することで以後「Screen Shield Anti Screenshot」アプリを開く都度パスワード入力が必須となります。

「パスワード」を有効しておかないと、第三者が勝手に機能をオフにすることでキャプチャが解禁されては元も子もないため、設定が推奨されます。

補足:その他セキュリティ上のオススメ設定

最後に今回紹介した「Screen Shield Anti Screenshot」の他、オススメできるアプリを紹介します。

アプリのアンインストールを防止する

今回の「Screen Shield Anti Screenshot」の欠点の1つとして、デフォルトの状態では普通にアプリのアンインストール(削除)ができてしまう点があります。

削除されては、当然指定アプリのキャプチャ禁止の効力も消えてしまうため、セキュリティ上リスクがある仕様といえます。

そのため、何らかの方法で「Screen Shield Anti Screenshot」のアンインストールを防止する設定を別途施すことを推奨します。

例えば、「スマートロック」というアプリならその設定を実現できてオススメです。

関連記事

[Android] アプリのアンインストールを防止する方法! 設定に制限をかけて勝手に削除されない

画面キャプチャのみならず起動も制限をかける

今回の「Screen Shield Anti Screenshot」は指定アプリのスクリーンショット撮影を禁止する機能を持ちますが、本当にセキュリティ上重要なアプリであれば画面キャプチャのみならず起動自体にも制限を加えるべきです。

例えば、「ノートン アプリロック」というアプリであれば、便利なパスワード機能を無料で使えてオススメです。

関連記事

アプリにパスワードを設定し指紋認証で解除する方法! 誤入力でこっそり顔写真の撮影もできる [Android]

〆:大切なアプリの個人情報を守ろう!

以上、[Android] 指定アプリ上でスクリーンショットを禁止する方法! 画面キャプチャを無効としよう の說明でした。

「Screen Shield Anti Screenshot」を使えば、第三者から勝手にスクリーンショットを撮影されるリスクも軽減できます。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい