[Android] マルチウィンドウで同じアプリを両画面に表示する方法! 上下で同時に操作しよう

スポンサーリンク

Android 7.0では最新の目玉機能「マルチウィンドウ機能」が実装され、画面を分割してそれぞれに異なるアプリを同時に表示できるようになりました。

この機能は基本的に同じアプリを両画面で動かすことはできない仕様となっていますが、実はとあるアプリを活用することで、この制限を突破することができます。

そこで本記事では、Androidのマルチウィンドウ機能で同じアプリを両画面に表示できる「Parallel Windows」を紹介します。

同じアプリを同時に操作できるので、使い方によっては便利な場面もありますよ。

photo by Smartmockups

スポンサーリンク

マルチウィンドウで同じアプリを両画面に表示!

今回紹介する「Parallel Windows」アプリの使い方と特徴を、下記より解説します。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「Parallel Windows」をインストールします。

Android 要件:7.0 以上

価格:無料

アプリを開くと、最初に利用にあたっての留意事項が說明されます。

全て英文となっていますが、おおまかに、

このアプリは試用版の性格が強く、実機での検証は十分に行われていません。そのため正常に動作しない場合があるのでご了承下さいね。

的なことが書かれているので、各画面ごとチェックを入れた後に「Continue」をタップします。

続いて、各アクセス権限の付与が求められます。

他のアプリの上に重ねて表示

「Permit to draw over other Apps(=他のアプリの上に重ねて表示)」は、ボクの環境ではデフォルトで有効となっていましたが、もしトグルがオフなら「設定」より操作が必要です。

例えばNexus 6P(Android 8.0)なら、「設定」の「アプリと通知」より「特別なアプリアクセス」へ進み、

「他のアプリの上に重ねて表示」をタップして表示されるアプリ一覧から「Parallel Windows」を見つけ、トグルをオンにすればOKです。

ユーザー補助

「Enable Accessibility Service(=ユーザー補助)」トグルをタップすると、「ユーザー補助」設定画面となるため、「Parallel Windows」を見つけ、トグルをオンにすればOKです。

以上で初期設定は完了です。

手順②:アプリを使いこなす – 基本

「Parallel Windows」アプリの使い方は、画面右端をスワイプして表示される操作パネルが基本となります。

マルチウィンドウで同じアプリを両画面に表示する

まず両画面に表示させたいアプリを普通に開き、その状態で「Parallel Windows」の操作パネル一番下のアイコンを選択します。

例えば「スマートニュース」を両画面に表示させてみる。

次に「Select an App to mirror」と出るので、両画面に表示させたいアプリ画面をタップ。

するとマルチウィンドウが起動し、上下両画面で選択したアプリが表示されました!

「スマートニュース」が上下それぞれに表示できた。

両画面はそれぞれで独立しているため、例えば上画面で「経済」タブのニュースを開きつつ、下画面で「国内」タブのニュースを表示させることもOK。

ちなみにこの後「最近開いたアプリ一覧」を開くと、選択したアプリがダブって表示されていました。

まさにアプリ画面自体がミラー(コピー)されているようです。

その他:マルチウィンドウ起動の補助機能もあり

その他、「Parallel Windows」の操作パネルにはマルチウィンドウ起動に関わる2つの補助機能が搭載されています。

まず、任意のアプリを開いている状態で操作パネル真ん中のアイコンを選択すると、「当該アプリ」+「別のアプリ」でマルチウィンドウ起動ができます。

機能としては「タスク」ボタン長押し時の反応と同じですね。

例えば「Google Chrome」を開いている状態で行った場合。

次に、操作パネル一番上のアイコンを選択すると、Androidにインストールされたアプリ一覧が表示され、任意のアプリを選択すると「当該アプリ」+「別のアプリ」でマルチウィンドウ起動ができます。

現在開いているアプリ「以外」の組み合わせでマルチウィンドウを使いたい場合に便利ですね。

例えばアプリ一覧より「ファイルマネージャー」を選択した場合。

手順③:アプリを使いこなす – 応用

さらに「Parallel Windows」アプリで用意されるカスタマイズ要素や、別設定との組み合わせによる応用的な使い方まで解説します。

操作パネルの大きさや位置を変える

「Parallel Windows」のトップ画面より「HOTSPOT CONFIGURATION」を調整することで、操作パネルの大きさや位置を変えることができます。

「Thickness」ではスライダ数値を大きくするほど操作パネルを分厚くすることができ、「Heigt」では「Large」に近付けるほど高く伸ばせます。

また「Adjust hotspot location」では操作パネルの設置位置を右端 or 左端から上下に至るまで、調整可能となっています。

普段の使い勝手に合わせて、起動しやすく、一方で誤動作しにくい操作パネルへカスタマイズすると良いでしょう。

マルチウィンドウの制限があるアプリでも使う

マルチウィンドウ機能で分割表示できるアプリは予め限定されており、未対応のアプリでは「アプリで分割画面がサポートされていません」と表示されるため、全てのアプリに適用できる機能ではありません。

当然、今回紹介した「Parallel Windows」も未対応アプリでは利用できないのですが、「開発者向けオプション」より「アクティビティをサイズ変更可能にする」を有効にすることで、この制約を解除することができます。

このワザを組み合わせることで、例えば通常はマルチウィンドウ機能で分割表示できない「LINE」アプリに対し「Parallel Windows」を適用させることも可能です。

上下に「LINE」アプリがマルチウィンドウで表示される。

マルチウィンドウの制限を解除する手順の詳細は別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

全てのアプリでマルチウィンドウ機能を使う方法!「分割画面がサポート…」を解除する [Android]

2017年10月現在、Android 8.0 にアップデートしたNexus 6Pでは、この手法でマルチウィンドウ機能の制限を解除することができませんでした。

Chromeを両画面に表示させたい場合

「Parallel Windows」の初期設定で表示される通り、本アプリは動作が不安定な面も多く、アプリによっては両画面に表示できないケースもあり、ボクの環境ではそのうちの1つに「Google Chrome」も含まれていました。

が、実はChromeに関しては、わざわざ「Parallel Windows」を使わずとも、下記手順により両画面に表示できる裏ワザが存在します。

1. Chromeと任意のアプリをマルチウィンドウで表示する

2. Chromeの右上メニュー「他のウインドウに移動」を実行する

3. マルチウィンドウ両方にChromeが開かれた状態になる

Android 7.0はもちろん、Android 8.0でも再現性を確認している裏ワザとなりますが、少し手順が複雑なので、詳細については別記事をぜひご覧あれ。

関連記事

[Android] マルチウィンドウでChromeを両画面に表示する方法! 同時にブラウジングしよう

他にもマルチタスク機能を強化する豆知識は沢山!

以上の内容以外にも、Androidには「マルチタスク機能」を便利にする様々な豆知識があります。

詳細は別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

Androidの便利なマルチタスク機能まとめ! 複数アプリを同時に動かす生産性の高い裏ワザ

〆:マルチウィンドウ機能を応用しよう!

以上、[Android] マルチウィンドウで同じアプリを両画面に表示する方法! 上下で同時に操作しよう の說明でした。

普段の使い勝手の中で、同じアプリでもマルチウィンドウで同時に両画面表示することで便利になるシーンがあれば、ぜひ「Parallel Windows」で試してみて下さい。

ご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい