Split-screen creator – Androidで指定アプリやショートカットを自動でマルチウィンドウ表示!

スポンサーリンク

Android 7.0の目玉機能の1つである「マルチウィンドウ機能」は画面を分割し、それぞれに異なるアプリを同時に表示することができます。

ただ、使っていると実は同じ組合せでアプリをマルチウィンドウ表示することが多く、その度に「タスク」ボタンを長押しするのは面倒ですよね。

そこで本記事では、事前に設定した特定アプリやウィジェットショートカットの組合せを自動的にマルチウィンドウ機能で表示する無料アプリ「Split-screen creator」を紹介します。

同じアプリの組合せでマルチウィンドウ機能を表示する機会が多い方にオススメです。

photo by Google Play

スポンサーリンク

アプリ/ショートカットを自動でマルチウィンドウ表示!

今回紹介する「Split-screen creator」アプリの使い方と特徴を、下記より解説します。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「Split-screen creator」をインストールします。

Split-screen creator
Split-screen creator

Android 要件:7.0 以上

価格:無料(機能が全て使える有料版 120円 もあり)

アプリを起動するとチュートリアルが始まり、トップ画面まで移動したら「Accessibility service」トグルをタップします。

「ユーザー補助」画面となるので、「Split-screen creator」に対し権限を与えます。

再びアプリトップ画面に戻り、「Accessibility service」トグルを有効にすればOK。

以上で初期設定は完了です。

手順②:アプリを使いこなす

「Split-screen creator」アプリの使い方として、

ウィジェットを追加する

マルチウィンドウで開きたいペアを決める

の2段階作業が基本となります。

まず、いつもの手順でホーム画面に新規ウィジェットを追加する画面を開きます。

使用しているランチャーアプリによって異なりますが、たいていは「ホーム画面上の任意の場所で長押し」→「ウィジェット」と進めば、追加画面となります。

次に「Split-screen creator」のウィジェットとして「New Split-screen creator」を選択します。

ホーム画面上に任意の場所へウィジェットを配置すると、続いて「マルチウィンドウで開きたいペア決め」となります。

2つの「Tap to pick app」それぞれにアプリを追加します。

最後にショートカット名を適当に入力して「CREATE」をタップすると、ホーム画面上にアイコンが設置され、

タップすると、選択したアプリの組み合わせが自動的にマルチウィンドウで表示されます。

自動で「Evernote」と「TwitPane」が開かれる。

さらに「Split-screen creator」の特徴として、アプリのみならずウィジェットで配置できるショートカットも組み合わせの1つとして指定できる点があります。

「Tap to pick app」より表示される「Pick activity」にて、タブを「SHORTCUTS」に切り替えると選択ができ、「アプリとショートカット」や「ショートカットとショートカット」を組み合わせとして設定可能です。

ショートカットを含んだ組み合わせが自動的にマルチウィンドウで表示されます。

自動で「通知ログ」と「Chrome」が開かれる。

補足:「Screens」との違い

本ブログでは過去、同様の機能を持つアプリとして「Screens」を紹介しています。

関連記事

Screens – Androidで指定アプリを自動的にマルチウィンドウで表示! ペアを事前に設定しよう

特徴が非常に似ている両アプリですが、下記2点は「Split-screen creator」のみが持つメリットでもあるため、個人的に「Screens」より優れていると感じます。

アプリのみならずウィジェットショートカットも設定可能

ホーム画面に表示されるアイコンの見た目で組み合わせを判断できる

当然、機種やOSバージョンによって向き不向きが分かれるため、実際に両方使ってみて比較してみることをオススメします。

〆:自動でマルチウィンドウ表示をしよう!

以上、Split-screen creator – Androidで指定アプリやショートカットを自動でマルチウィンドウ表示! の說明でした。

「タスク」ボタン長押しより、頻繁にマルチウィンドウで開くアプリやショートカットの組み合わせがあれば、「Split-screen creator」で自動化するとラクですよ。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい