[Android] 後で見るWebサイトを通知に表示する方法! 履歴も保存して確認漏れを防止できる

スポンサーリンク

Androidを使っていて、RSS登録しているブログやtwitterで流れてきた興味あるサイトを後で見ようとする場合、どうしていますか?

メモアプリやタスク管理アプリにURLをコピペしても、存在をつい忘れてしまい、結局確認せずに消してしまった経験は誰しもあるでしょう。

そこで本記事では、後で見たいWebサイトを通知上に保存 / 表示できるAndroid向け無料アプリ「URL Notification」を紹介します。

どこからでも目につく「通知領域」上にサイトURLを一時的に残せるので、忘れずに後から確認できるようになる便利なアプリですよ。

photo by Pixabay

スポンサーリンク

Androidで後から見るWebサイトを通知に表示!

今回紹介する「URL Notification」アプリの使い方と特徴を、下記より解説します。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「URL Notification」をインストールします。

URL Notification
URL Notification
Developer: jya
Price: Free

Android 要件:2.2 以上

価格:無料

アプリの最終更新日が2014年7月12日となっていますが、Android 8.0を搭載するNexus 6Pでも正常に動作しました。

アプリを起動し、最初に「履歴の記録」トグルをオンにすることで、以後保存したWebサイトのURLを100件まで残しておくことができて便利です。

初期設定も他になく、この状態で使い始めることができます。

手順②:アプリを使いこなす – 基本

「URL Notification」の使い方はインプルで、

後で確認したいサイトを開く

「共有」より「URL Notification」を選ぶ

通知領域に選択したサイトが表示される

表示されたサイトを後で確認する

という流れとなります。

下記より順番に解説します。

後で確認したいサイトを開く

まずは、後からチェックしたいWebサイトを開きます。

これは「Google Chrome」などのブラウザアプリはもちろん、「TwitPane」などのSNSクライアントアプリや「Feedly」などのRSSアプリでもOK。

左が「TwitPane」で表示したとあるブログ。右が「Feedly」で表示したボクのブログ。

日々様々なアプリを使う中で、「あ、このサイト後からチェックしたいな」というシチュエーションを想定して下さい。

「共有」より「URL Notification」を選ぶ

「後で確認したいサイト」に遭遇したら、続いて「共有」ボタンより「URL Notification」へサイト情報を送りします。

「共有」ボタンの場所は、開いているアプリによって多少異なりますが、たいていは右上メニューより選択ができるはず。

左が「TwitPane」、右が「Feedly」で表示した場合の「共有」ボタンの場所。

後は「共有」ボタンで表示されるアプリ一覧のうち、「URL Notification」を選ぶだけ。

通知領域に選択したサイトが表示される

すると通知領域に選択したサイトの「タイトル」と「URL」が表示されます。

また、2つ目、3つ目のサイトを「共有」しても上書きはされず、個別にそれぞれが表示されます。

表示されたサイトを後で確認する

通知で表示されるサイトは、それぞれタップするとブラウザ上で呼び出し、後から確認することができます。この際、通知領域上からサイト情報は削除されます。

手順③:アプリを使いこなす – 応用

「URL Notification」のもう1つの特徴として、過去「共有」により通知領域に表示したサイトは最大100件まで履歴を確認することができます(先述した通り「履歴の記録」トグルがオンになっていることが条件)。

履歴は最新のサイトから順番に表示され、タップすればそのままブラウザ上で開くことができる他、メニューの「通知パネルに送る」から再び通知領域に戻すことも可能です。

ブックマーク登録するほどではないけれど、後で忘れずにチェックしたいサイトを閲覧する場合に大変便利なアプリとなります。

〆:「後で見るサイト」のチェック漏れを防止しよう!

以上、[Android] 後で見るWebサイトを通知に表示する方法! 履歴も保存して確認漏れを防止できる の說明でした。

ボクの場合、気になるブログの記事があれば、とりあえず「Google Chrome」のタブで開いておくクセがあるのですが、Chromeの動作が重くなるのと、開いたことを忘れてしまいチェックするのが後日になる、という欠点がありました。

そこで「URL Notification」を使うことで、Androidへの負担を軽減しつつ、表示される通知よりすぐにチェックできるようになりました。

同様のお悩みをお抱えの方は、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい