音量キーでAndroidのスクリーン点灯/消灯する方法! 電源ボタン不要で画面スリープ解除できる

スポンサーリンク

Androidを使っていて「電源ボタン」が動作しなくなった場合、スリープ状態のオン / オフが困難になります。

また現時点では電源ボタンに問題がなくとも、長期間使っているうちに劣化リスクを高めるため、なるべく複数の方法で画面の点灯 / 消灯の手段を確保しておくのが理想です。

そこで本記事では、側面の音量ボタンと通知上からスクリーン点灯/消灯を制御できるAndroid向け無料アプリ「Power Button to Volume Button」を紹介します。

電源ボタンが壊れた場合に、音量キーで代替できる便利なアプリですよ。

photo by Pixabay

スポンサーリンク

音量キーでAndroidのスリープを解除!

今回紹介する「Power Button to Volume Button」アプリの使い方と特徴を、下記より解説します。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「Power Button to Volume Button」をインストールします。

Power Button to Volume Button
Power Button to Volume Button

Android 要件:3.0 以上

価格:無料

最終更新日が2014年6月と古いですが、Nexus 6P(Android 8.0)でも動作することを確認しています。

アプリを起動し、「Enable/Disable Volume Power」をタップして機能を有効にします。

さっそくスリープ状態から音量ボタンを押してみて下さい。スリープ解除され、画面が点灯すれば成功です!

音量キーを押して画面点灯すればOK。

ちなみに、音量ボタンは上(+)下(−)どちらのキーでも、同様の画面点灯できました。

手順②:アプリを使いこなす

通知領域より画面消灯(スリープ)へ入る

以上が電源ボタンを用いないスリープ解除の方法ですが、さらに「Power Button to Volume Button」アプリでは通知領域より画面消灯(スリープ)へ入る機能も提供されています。

アプリ設定画面の「Screen Off」にチェックを入れると「端末管理アプリの有効化」画面となるので、有効にして下さい。

その後、一度本体の再起動を行います。

すると以後、通知領域に「Turn off screen」というアイコンが表示され、タップすると電源ボタン不要でスリープ状態へ入ることができます。

ちなみにAndroidの仕様として、今回のように「端末管理アプリ」によって画面消灯(スリープ)へ入ると、ロック解除は指紋認証が使えず、パスワードやパターン入力が必須となります。イメージとしては端末再起動時の初回ロック解除の動作と同じですね。

指紋認証しても強制的にパターン入力が求められる。

端末再起動後に自動でアプリを起動する

アプリ設定画面の「Boot」にチェックを入れておくと、Androidを再起動した後も自動で「Power Button to Volume Button」アプリが立ち上がるようになり便利です。

参考:アプリを削除する際の注意点

ちなみに、手順②で「端末管理アプリの有効化」を適用していると、「Power Button to Volume Button」をアンインストールする際に、通知領域に「有効な端末管理アプリをアンインストールできません」と表示され、先に進めなくなる事象が発生します。

これはセキュリティ上、「端末管理アプリ」として権限が付与されているアプリは通常のアンインストール手順を実行できないというAndroidの仕様が影響しているため、一度「設定」より無効にする必要があります。

少し面倒ですが以上の手順を踏むことで、一般的なアプリ削除の方法で消せるようになります。

関連記事

[Android] 不要アプリを削除(アンインストール)したり 標準プリインアプリを無効にする方法

「端末管理アプリ」を無効にする方法については、別記事で詳細を解説していますので、合わせてどうぞ。

関連記事

Android「有効な端末管理アプリをアンインストールできません」を解決して削除する方法

補足:その他物理ボタンを活用する豆知識

今回紹介したアプリ以外にも、Androidの物理ボタンやセンサー機能を有効活用するアプリ等は沢山存在します。

例えば、「ボリュームキーランチャー」というアプリを使えば、Androidのボリュームアップ / ダウンキーに対し様々な機能を付与できます。

関連記事

音量ボタンでAndroidを操作する方法! ボリューム物理キーでアプリ起動やシステム変更ができる

また、「Torchie」というアプリを使えば、Androidのボリュームアップ / ダウンキーでカメラのフラッシュライトを点灯 / 消灯できるようになります。

関連記事

音量ボタンでAndroidのライトを点ける方法! 物理キーでカメラライトの点灯/消灯ができる

それ以外にもAndroidの物理ボタンやセンサー機能を有効活用する豆知識を下記記事でまとめているので、ぜひご覧あれ。

関連記事

Androidの物理ボタンやセンサー機能を有効活用する豆知識まとめ! タッチパネル不要で操作できる

〆:音量ボタンを有効活用しよう!

以上、音量キーでAndroidのスクリーン点灯/消灯する方法! 電源ボタン不要で画面スリープ解除できる の說明でした。

Androidの物理ボタンのうち、圧倒的に電源ボタンを押す頻度が高くなりがちですが、今回の「Power Button to Volume Button」により音量ボタンをスリープ解除として有効活用できるようになります。

電源ボタンが壊れている or 劣化を防止したい方は、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい