Androidでよく使う設定や機能を直接起動する方法! ショートカットを作成して物理ボタンも不要になる

Androidアプリ

Androidの「設定」アプリでは、ネットワークや通知、セキュリティやアカウントなど、実に様々な調整項目が用意されていますが、使い方によって頻繁にアクセスするページに偏りが出る場合が多いです。

例えばWi-Fiのネットワーク名(SSID)を設定するページへアクセスする機会が多いなら、「設定」アプリから何度か手順を踏んで該当ページまで到達するのは面倒ですよね。

そこで本記事では、よく使う設定項目や機能を直接開くショートカットを配置するAndroid向け無料アプリ「追加のショートカット」を紹介します。

本来は直接開けない設定画面をすぐ表示できるのに加え、マナーモードやWi-Fi切り替えを実行するショートカットや、指定した音楽や文書を開くショートカットも配置できるため、よく使う機能やコンテンツを起動する上でも大変便利なアプリです。ぜひ、ご覧あれ。

photo by Pixabay

 

Androidでよく使う設定項目や機能を直接開く方法

Androidに「追加のショートカット」をインストールします。

起動するとアプリトップ画面が表示されるので、さっそく「設定」のショートカットを作ってみましょう。

「アクティビティ」をタップすると、各アプリで設定できるショートカット項目が表示されるので、試しに「設定」を選択し、

追加したい項目ページを選びます。各アクティビティ右端の再生アイコンをタップすると、実際にショートカットを配置した際、表示されるページを確認できます。

例えば「アプリと通知」は「設定」内の該当ページを開くショートカットとなる。

目的の項目が見つかれば、後はショートカットアイコンをホーム画面上に配置するだけ。アイコンをタップすれば、すぐに指定の「設定」内の項目を開くことができます。

ちなみに追加できるショートカットは「設定」アプリだけでなく、それ以外の通常アプリにも用意されており、例えば「Gmail」ならメールのセットアップ画面を直接開くショートカットを追加できます。

が、アプリによって追加できるショートカットの数や内容にかなりバラツキがあり、ボクのAndroidにインストールしているアプリはどれも微妙でした。。。

従って「アクティビティ」では、「設定」内で頻繁にアクセスするページのショートカットを追加する用途が主になると感じます。

さて、この「追加のショートカット」はアプリ内のページを直接開く機能以外にも、様々なショートカットを追加することができます。

下記より順番に解説をします。

コンテンツを直接開く手順

「コンテンツ」より内部ストレージやクラウド上にあるコンテンツ(例:音楽 / 画像 / 文書)ファイルを指定することで、

当該コンテンツを直接開くショートカットをホーム画面上に配置できます。

例えば音楽ファイルであれば、ショートカットをタップして直接メディア再生できますし、エクセルファイルであれば、直接エクセルアプリで開くことができます。

頻繁にアクセスしているコンテンツがあれば、ダイレクトに起動できてかなり時間短縮になるでしょう。

各機能を直接起動する手順

「アクティビティ」と「コンテンツ」以外は、様々な機能を直接起動できるショートカットが並んでいます。

無料版で使える機能は下記のようなものがあり、

  • フラッシュ:ライトを点灯・消灯
  • ダイヤル:電話番号のダイヤル画面を表示
  • 画面オフ:画面を消灯
  • ブックマーク:指定URLを表示
  • 音オン / オフ / 振動モード:音量を調節する
  • WiFi切り替え:Wi-Fi機能のオン・オフ
  • WiFiホットスポット:テザリングのオン・オフ
  • ブルートゥース:Bluetoothのオン・オフ
  • 自動同期:自動同期機能のオン・オフ
  • ステータスバーの展開:通知領域を表示
  • クイック設定:クイック設定を直接表示
  • 最近のアプリケーション:タスクボタンと同じ動作
  • パワーダイアログ:「電源を切る・再起動」のダイアログを表示
  • 明るく / 暗く:画面の明るさを調整

それぞれ作成したショートカットアイコンをタップするだけで、その機能を直接起動できるようになります。

なお、機能によっては「追加のショートカット」アプリに権限付与が求められるケースがあり、特に「画面オフ」は「端末管理アプリ」として有効化が必要なので何点か注意事項があります。

まず、「画面オフ」ショートカットによりスリープ状態となった場合、画面ロック解除時に指紋認証は使えず、必ずパスコードやパターン入力が求められます(「端末管理アプリ」の仕様上の制約があるため)。

また、「追加のショートカット」アプリをアンインストールする際、一度「端末管理アプリ」の権限を無効化しないと削除できません。

有効な「端末管理アプリ」をアンインストールする手順の詳細は、関連記事【Android「有効な端末管理アプリをアンインストールできません」を解決して削除する方法】で解説しています。

Android「有効な端末管理アプリをアンインストールできません」を解決して削除する方法
Androidを使っている中で、アプリを削除(アンインストール)しようとすると、 有効な端末管理アプリをアンインストールできません このパッケージは現在デバイスを管理しているため、アンインストールできません などと...

 

補足:

最後に、今回の内容に関連する補足情報を記載します。

Google Playのマイアプリを開くショートカット

マイアプリへのショートカット」というアプリを使えば、Google Playのマイアプリを開くショートカットを配置できるようになります。

詳細は関連記事【Android版Google Playでマイアプリをすぐ開く方法! ショートカットで更新管理が便利になる】で解説しています。

Android版Google Playでマイアプリをすぐ開く方法! ショートカットで更新管理が便利になる
Android版Google Playでアップデート情報やインストール済みアプリ一覧を確認する場合、トップ画面左上メニューより「マイアプリ&ゲーム」へ進む手順が必要です。 が、毎回この手順を踏むのは正直面倒ですよね。 そこで本記...

「開発者向けオプション」を開くショートカット

開発オプション」というアプリを使えば、「設定」の隠れ機能「開発者向けオプション」を開くショートカットを配置できるようになります。

開発オプション
開発オプション
Developer: Y.Apps
Price: Free

詳細は関連記事【Androidで「開発者向けオプション」をすぐ開く方法! ショートカットで設定変更が便利になる】で解説しています。

Androidで「開発者向けオプション」をすぐ開く方法! ショートカットで設定変更が便利になる
Androidの隠れ機能「開発者向けオプション」を使えば、通常の設定では変更できない部分までカスタマイズが可能となります。 ただ「開発者向けオプション」を開くには一度「設定」へ入る必要があるため、変更の頻度が多ければ毎回この手...

そのほかよく使う「設定」項目をすぐ開く方法まとめ

Androidの設定項目をすぐ開く豆知識は他にも沢山存在します。

例えばクイック設定上にあるWi-FiやBluetoothなど一部タイルでは、矢印アイコンをタップすると接続先のネットワークをその場で切り替えることも可能なので、そもそも設定画面を開く手間を省けます。

また「QuickShortcutMaker」というアプリで、本来は直接呼び出せない設定画面のショートカットを作成できるようになります。

当該アプリは本記事で紹介した「追加のショートカット」と似ていますが、アプリのショートカットを作成する機能だけなら「QuickShortcutMaker」の方が便利かもしれません。

詳細は関連記事【Androidでよく使う「設定」項目を直接開く方法! ショートカットを作成してすぐアクセスしよう】で解説しています。

Androidでよく使う「設定」項目を直接開く方法! ショートカットを作成してすぐアクセスしよう
Androidの「設定」アプリでは、ネットワークや通知、セキュリティやアカウントなど、実に様々な調整項目が用意されていますが、使い方によって頻繁にアクセスするページに偏りが出る場合が多いです。 例えばWi-Fiのネットワーク名(SSI...

 

〆:あらゆるショートカットを配置できる!

以上、Androidでよく使う設定や機能を直接起動する方法! ショートカットを作成して物理ボタンも不要になる の説明でした。

今回紹介した「追加のショートカット」を使えば、各アプリの指定ページを直接開けるだけでなく、指定コンテンツのショートカットや、指定機能を起動するショートカットまで配置できるため、あらゆる動作が簡略化されます。

よく使う機能のショートカットが見つかれば、ぜひ活用してみて下さい。お試しあれ。

Androidアプリ
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント