[Android 8.1] クイック設定のテーマカラーを自由に変更する方法! ライト/ダークの背景色を選択しよう

Androidアプリ

Android Oreoはバージョン8.1より、設定している壁紙に合わせてクイック設定のテーマカラーが自動で変更されるようになりました。

具体的には、明るめの壁紙であれば「ライトテーマ」が、暗めの壁紙なら「ダークテーマ」が自動適用されます。

が、好みによっては、「明るめの壁紙でダークテーマにしたい」・「暗めの壁紙でライトテーマにしたい」というニーズもあるでしょう。

そこで本記事では、Android 8.1より実装されたクイック設定のテーマカラーを、壁紙に依存せず自由に変更する方法を紹介します。

壁紙とクイック設定の配色をカスタマイズしたい方は、ぜひご覧あれ。

photo by Android – 8.0 Oreo

 

クイック設定のテーマカラーを自由に決める!

Android Oreoはバージョン8.1より、設定している壁紙に合わせてクイック設定のテーマカラーが自動で変更されるようになりました。

明るめの壁紙を設定していると、クイック設定の背景は”白”が基調の「ライトテーマ」となり、

暗めの壁紙を設定していると、クイック設定の背景は”黒”が基調の「ダークテーマ」となります。

この「明るめの壁紙」・「暗めの壁紙」は、Androidシステムが自動判定しているため、例えば「明るめの壁紙でダークテーマにしたい」というカスタマイズは用意されていません。

が、今回紹介するアプリ「LWP+」を使うことで、設定している壁紙の色に依存せず、自由にクイック設定のテーマカラーを変更できるようになります。

さっそく下記より解説します。

 

LWP+ – クイック設定のテーマカラーをカスタマイズ!

まずAndroidに「LWP+」をインストールします。

Android 要件:端末により異なる

価格:無料

アプリを起動し、「Set as current live wallpaper」より「壁紙を設定」を選択。

「LWP+」でデフォルトの「黒一色」の壁紙が設定されます。

次に「Choose background image」より内部ストレージやクラウド(例:Googleフォト / Dropbox)から設定したい壁紙画像を選択します。

「Portrait(縦画面)」と「Landscape(横画面)」とで、壁紙としたい画像部分を切り取ります。

ホーム画面へ戻り、設定した壁紙を確認します。

ここからが本アプリの肝となる機能です。

「OS colors」項目にて「Use custom colors」を有効にした後で色を指定すると、現在設定している壁紙に関わらず、クイック設定のテーマカラーを調整することができます。

例えば「Primary color」を”白系”の色にしてみます。

すると本来「暗めの壁紙」と判定されクイック設定は「ダークテーマ」が適用される画像でも、強制的にクイック設定を「ライトテーマ」と変更できます。

今回は「暗めの壁紙」を例としましたが、「明るめの壁紙でダークテーマにしたい」というケースでも流れは同様です。

もしクイック設定のテーマカラーが変わらない場合、「Secondary color」以降も色を調整してみて下さい。

 

補足:

クイック設定のタイルを独自にカスタマイズする方法

本記事は「クイック設定のテーマカラー」が主旨ですが、他にも「クイック設定の機能(タイル)」を自由にカスタマイズする様々な豆知識が存在します。

具体的には、クイック設定に追加できる機能(タイル)はあらかじめ限定されていますが、別途アプリをインストールすることで、標準では用意されていないタイルを追加可能です。

例えば「Notedown」アプリを使えば、クイック設定にメモ機能を追加できます。

Notedown Tile
Notedown Tile

関連記事

Notedown – クイック設定からメモを保存/ツイートできるタイルを追加する方法 [Android 7.0]

また、特定の機能を持つ新しいタイルを少しだけ追加するのではなく、一括で沢山の新しいタイルを用意したいなら「Nougat / Oreo Quick Settings」というアプリで実現できます。

関連記事

[Android] クイック設定パネルの機能を自由にカスタマイズ! 好きなタイルを追加して超便利に

他にもクイック設定のタイルをカスタマイズする豆知識は別記事でまとめているので、ぜひどうぞ。

関連記事

Androidでクイック設定のタイルをカスタマイズする方法まとめ! 好きな機能や外観を追加しよう

補足:夜間もっと健康に優しいスマホ画面へ変えるワザ

今回紹介した方法で、夜間は「ダークテーマ」として目への負担を軽減できますが、本ブログでは他にも、Android使用にあたり「目の疲れやスマホ中毒を和らげる」ワザを色々と紹介しています。

例えば、ディスプレイ画面を白黒モノクロへ変化させることで、常にスマートフォンのことを考えてしまう「スマホ中毒」を軽減できる可能性があります。

Nexus 6Pをモノクロ画面とした例。

関連記事

[Android] ディスプレイ画面を白黒モノクロに変化させる設定方法 [Xperia/Galaxy/Nexus]

その他の内容含め、詳細は別記事でまとめているので合わせてどうぞ。

関連記事

[Android] 夜間もっと健康に優しいスマホ画面へ変える豆知識まとめ! シンプルな色でスマホ中毒を改善しよう

 

〆:クイック設定のテーマカラーを自由に決めよう!

以上、[Android 8.1] クイック設定のテーマカラーを自由に変更する方法! ライト/ダークの背景色を選択しよう の説明でした。

今回紹介した「LWP+」を使えば、現在設定している壁紙の色に関わらず、クイック設定のテーマカラーを自由に調整できます。

Android 8.1以降にアップデートした方は、ぜひお試しあれ。

Androidアプリ
おるくす

会社員兼業ブロガー。ガジェットネタと旅ネタを中心としたブログ「あっとはっく」を主宰し、日々役立つ(?)情報やどうでもいい情報を発信中。夢は現代版スナフキン。横浜出身のO型。

おるくすをフォローする
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント