Androidで画面の明るさを一時的に変更する方法! ディスプレイの輝度を記憶して自動で戻す

Androidアプリ

Androidで画面の明るさを一時的に変更した場合、元の輝度に手動で戻すのは面倒ですよね。

そこで本記事では、Androidで画面の明るさを一時的に変更し、自動で記憶した輝度に戻すアプリ「Temporary Brightness」を紹介します。

普段は画面を暗くしており、少しの間だけ明るくするシーンが多ければオススメですよ。

photo by Pixabay

 

スマートフォンの明るさを一時的に調整!

 

Temporary Brightness – 使い方

Androidに「Temporary Brightness」をインストールします。

Temporary Brightness
Temporary Brightness
Developer: 75py
Price: Free

次にクイック設定を開き、「Temporary Brightness」タイルを追加します。

クイック設定でタイルを編集する手順は、関連記事で詳細を解説しています。

関連記事

クイック設定(システムUI調整ツール)の使い方! 追加/変更方法のまとめ [Android 6.0/7.0/8.0対応]

Temporary Brightnessのタイルを追加できれば準備OK。

例えば、普段は明るさのレベルを「10%」に設定しているとします。

一時的に画面の明るさを調整したい場合、タイルをタップして出現するスライダで明るさを変えます。

その後、タイルを再びタップしてオフにするか、画面をスリーブ(ロック)にすると、自動で元の明るさレベル「10%」に戻ります。

どちらか一方の操作で、明るさは元に戻る。

具体的に活躍するシーンとして、

日差しが強い屋外でスマートフォンを操作する時

家族や友人にスマートフォンの写真を見せる時

など「普段は輝度を暗く固定している中、少しの間だけ明るくしたい」シチュエーションが想定されます。

操作も難しくないので、同様のニーズをお持ちの方はお試し下さい。

 

補足:夜間もっと健康に優しいスマホ画面へ変える豆知識まとめ

Androidでは様々なアプリを使うことで、目の疲れやスマホ中毒を和らげることが可能です。

例えば、「Twilight」というアプリを使えば、Androidのディスプレイを暖色系に変更させてブルーライトを削減できます。

Twilight
Twilight
Developer: Urbandroid Team
Price: Free

関連記事

Androidにブルーライトカット機能を追加する方法! 時間帯に応じて自動でナイトモードを設定しよう

また「Screen Filter」というアプリを使えば、ディスプレイ画面を限界を超えてさらに暗くできます。

Screen Filter
Screen Filter
Developer: haxor industry
Price: Free

左がアプリ起動前、右が起動後の画面の明るさ。

関連記事

Androidで画面の明るさを限界よりさらに暗くする方法! ディスプレイ輝度を調整しよう

スマホ疲れにお悩みの方は、様々な対策を関連記事でまとめているのでぜひどうぞ。

関連記事

[Android] 夜間もっと健康に優しいスマホ画面へ変える豆知識まとめ! シンプルな色でスマホ中毒を改善しよう

 

〆:少しの間明るさを変えたいシーンで便利!

以上、Androidで画面の明るさを一時的に変更する方法! ディスプレイの輝度を記憶して自動で戻す の説明でした。

「バッテリーの負担軽減」や「目の疲れ防止」などの理由で、普段はディスプレイの輝度を下げてる方も多いでしょう。

一時的に輝度を上げたいシーンがあれば、「Temporary Brightness」で自動的に元の状態に戻せて便利です。

ぜひ、お試し下さい。

Androidアプリ
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント