AZスクリーンレコーダー – スマートフォン画面を動画で撮影できる録画無料アプリ [Android]

スポンサーリンク

Androidで画面撮影をする際、画像(スクリーンショット)なら、アプリを新たにインストールせずとも基本機能で実行可能ですが、動画で画面を録画となると、サードパーティ製アプリが必要となります。

そこで本記事では、カンタンに画面の動画撮影ができるAndroid向け無料アプリ「AZ スクリーン レコーダー」を紹介します。

photo by Google Play

スポンサーリンク

AZスクリーンレコーダー – Androidで画面録画!

AZ スクリーン レコーダー – 特徴

まず本記事で紹介する「AZ スクリーン レコーダー」アプリの特徴を解説します。

画面を動画で録画できる

Androidの画面を動画で録画できます。

録画手順は超カンタン 共有もOK

画面上に表示されるコントローラより録画開始、通知バーより録画終了、クラウドへ共有、など一連の操作が実行でき、すぐに使い始めることができます。

タップを視覚表示できる

設定をカスタマイズすることで、現在画面上でタップしている部分を視覚表示することができます。

スマートフォンの操作手順を説明する動画を撮影したい際に便利な機能です。

その他:画面キャプチャも撮影できる

さらに本アプリを使えば、電源ボタン等の物理ボタンを押さずともスクリーンショット撮影を実行できます。

結論:無料で十分満足なオススメアプリ

以上の機能が、すべて無料で実行できちゃいます。

撮影された画質にも問題はないため、Androidで画面録画したければ、「AZ スクリーン レコーダー」で十分だと感じます。

さっそく下記より本アプリの使い方と、補足として設定のカスタマイズ例をいくつか紹介します。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「AZ スクリーン レコーダー」をインストールします。

Android 要件:5.0 以上

価格:無料

インストールができたら、特に初期設定をすることなく、すぐに使い始めることができます。

手順②:動画撮影を開始する

アプリを起動すると画面上にアイコンが並んだコントローラが表示されます。シャッターアイコンをタップするとポップアップが出るので、「今すぐ開始」を選択。

画面上にカウントダウンが表示され、数秒後に動画撮影がスタート。

撮影したい画面操作を実行しましょう。

手順③:動画撮影を完了する

撮影したいシーンが撮れたら、動画撮影を終了します。

通知バーを表示すると「録画コントロール」とあるのでタップ。録画が完了し、共有方法を選択できます。

ボクの場合、「Google フォト」へアップデートを選択しています。

関連記事

Googleフォトの超優秀な検索機能まとめ! 便利な連想ワードで過去の写真でもカンタンに見つかる

以上が画面の動画撮影 基本となります。

補足:設定のカスタマイズ

最後に、「AZ スクリーン レコーダー」でカスタマイズできる設定を紹介します。

コントローラの歯車アイコンをタップすると、アプリのカスタマイズ画面へ移ります。

コントローラを変更する

コントローラのUIを変更できます。

デフォルトでは「バー」表示となっていますが、設定より「バブル」表示へカスタマイズ可能です。

バブル表示は下記のようなかんじ。

タップを視覚表示する

現在タップしている部分を視覚的に分かるように表示します。

設定より「タップを表示」のトグルをオンにすればOKです。

有料版へアップデートする

基本利用は無料ですが、有料版も用意されており、右上プレゼントアイコンをタップすると、アップデートができます。

有料版だと、アプリ上でGIFファイルへ変換ができたり、動画のトリミングができたりします。

「AZ スクリーン レコーダー」上ですべての編集まで完結したい、という方にオススメです。

その他:動画速度や録画停止方法の変更など

以上の設定以外にも、録画する動画速度を変更したり、動画撮影の停止方法を変更したり、などなど、様々なカスタマイズが用意されています。

中には有料限定の機能もありますが、色々といじくってみて、最適な設定を試してみて下さい。

〆:Androidの画面録画はコレで決まり

以上、AZスクリーンレコーダー – スマートフォン画面を動画で撮影できる録画無料アプリ [Android] の説明でした。

現時点まで使ってみて、不満点は特になく、むしろ無料でここまで機能が充実していて驚いています。

Android機で画面を撮影したい方は、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい