Androidでスクリーンショットを撮影する方法! 機種別の画面キャプチャ手順を解説 [Xperia/Galaxy/Nexus]

スポンサーリンク

Androidのスクリーンショット(画面キャプチャ)機能は、アプリをインストールせずとも標準機能だけで撮影できますが、機種によってその手順が異なります。

そこで本記事では、Androidの主要機種別にスクリーンショットを撮影する方法を紹介します。

具体的には「Xperia / Galaxy / Nexus」における手順を例に解説しているので、ぜひご覧あれ。

photo by Maurizio Pesce

スポンサーリンク

Android機種別スクリーンショットを撮る方法

ほぼ全てのAndroid機種において、下記いずれかの方法でスクリーンショット撮影できます。

「電源ボタン」と「音量下げボタン」の同時長押し

「電源ボタン」と「ホームボタン」の同時長押し

前者が多数派で、後者はGalaxyシリーズなど物理ホームボタン搭載の一部機種で採用される傾向があります。

本記事では具体的に下記3機種においてスクリーンショットを撮影する手順を解説します。

Xperia A4(Android 5.0.2)

Galaxy S7 edge(Android 7.0)

Nexus 6P(Android 7.1.2)

スクリーンショット撮影手順:

Xperiaでスクリーンショットを撮影する

Xperiaシリーズでスクリーンショットを撮影する場合、「電源ボタン」と「音量−(マイナス)ボタン」の同時長押しで実行できます。

実行後、通知領域に「スクリーンショットを保存」と表示され、Android内部の画像フォルダに保存されます。

さらに一部のXperia端末では電源メニューよりスクリーンショット撮影ができます。

「電源ボタン」のみを長押しでメニューを開き、「スクリーンショット」をタップすればOK。

Xperia Z3(Android 6.0.1)の例。

通知領域など電源メニューを表示すると自動で閉じてしまう画面は撮影できませんが、手順はシンプルで使いやすいです。

Galaxyでスクリーンショットを撮影する

Galaxyシリーズでスクリーンショットを撮影する場合、「電源ボタン」と「ホームボタン」の同時長押しで実行できます。

実行後、通知領域に「画面キャプチャ」と表示され、Android内部の画像フォルダに保存されます。

Nexusでスクリーンショットを撮影する

Nexusシリーズでスクリーンショットを撮影する場合、「電源ボタン」と「音量−(マイナス)ボタン」の同時長押しで実行できます。

実行後、通知領域に「スクリーンショットを取得しました。」と表示され、Android内部の画像フォルダに保存されます。

補足:

撮影した画像の保存先を変える方法

スクリーンショットで撮影した画像は「Pictures」内「Screenshots」へ自動保存され、フォルダを変更することはできません。

Galaxyシリーズなど一部Android機種では、スクリーンショット画像は「DCIM」内に保存場所が設定されるケースもあります。

そこで「FolderSync」というアプリを使って、定期的に「Pictures」フォルダにたまったスクリーンショット画像を好きな別フォルダ(SDカード含む)へ自動的に移動させることで、擬似的に保存先変更が可能です。

FolderSync
FolderSync
Developer: Tacit Dynamics
Price: Free

スクリーンショット保存先をSDカードとした例。

詳細は別記事で解説しています。

関連記事

Androidでスクリーンショットの保存先を変更する方法! キャプチャ画像をSDカードや好きなフォルダへ移動させよう

無音でスクリーンショットを撮影する方法

どの機種でも画面キャプチャを実行すると、カメラのシャッター音が鳴り響くため、周囲に人がいる状況だと使いにくいですよね。

そんな時は、Android本体をマナーモードへ切り替えることで無音でスクリーンショットを撮影できるようになります。

関連記事

音量ボタンからサクッとマナーモードを設定!「通知を非表示」をすぐに有効にしよう [Android 7.0以上]

スクリーンショットの通知を自動消去する方法

スクリーンショットを撮影すると、通知領域に「撮影した旨」が表示されます。

ただ、頻繁にキャプチャを撮るとその度に通知が表示され煩わしいです。

そこで「UnnotifyMe」というアプリを使うことで、Androidでスクリーンショットを撮影しても、通知領域に表示される通知が自動的に消去することができます。

UnnotifyMe
UnnotifyMe
Developer: hinu
Price: Free

詳細は別記事でまとめているので、合わせてご覧あれ。

関連記事

UnnotifyMe – スクリーンショット(キャプチャ)撮影通知を自動消去する無料アプリ [Android]

仮想ボタンからスクリーンショットを撮影する方法

通常、スクリーンショットを撮影する際は、その①で說明した手法が一般的ですが、もしスマートフォンの物理ボタン(ホームボタンや音量ボタン)が故障している場合、機能できません。

そんな時は「Assistive Touch」というアプリで画面上にバーチャル(仮想)ボタンを設置することで、スマートフォンの物理ボタンを用いずにスクリーンショットを撮影することができます。

Assistive Touch OS 11
Assistive Touch OS 11
Developer: Flash Alerts
Price: Free

詳細は別記事でまとめているので、合わせてご覧あれ。

関連記事

Assistive Touch – iPhoneのAssistiveTouch機能をAndroidにも追加する無料アプリ

縦長のスクリーンショットを撮影する方法

通常スクリーンショットといえば、現在スマートフォンの画面上に表示されている範囲を画像として保存する機能を指します。

そのため、現在表示している画面内では収まりきらず、上下のスクロールが必要なページ全体を画像として保存したい場合、通常のスクリーンショットだと複数枚に分けて何度も保存し、後で繋ぎ合わせる必要があり面倒です。

例えばブラウザで表示しているページ全体や設定アプリで表示している項目全体が該当する。

そこで「Stitch & Share」というアプリを使うことで、画面に入りきっていない上下部分も含め、全体を繋ぎ合わせてスクリーンショットを撮影することができます。

Stitch & Share: big screenshot
Stitch & Share: big screenshot

詳細は別記事でまとめているので、合わせてご覧あれ。

関連記事

Stitch & Share – Androidで縦長スクリーンショットを撮影し 画面全体をキャプチャする方法

PCとミラーリングして撮影する方法

Androidで表示している画面をそのままPC画面へ投影するミラーリング機能を使えば、PCでスクリーンショット撮影することで間接的にAndroidの画面撮影ができます。

例えば「AirMore」というアプリなら、AndroidとPCが同じWi-Fiネットワークへ接続していれば、ワイヤレスに画面をミラーリングすることができます。

詳細は別記事でまとめているので、合わせてご覧あれ。

関連記事

AirMore – AndroidをPCへ遠隔ミラーリング! ワイヤレスにWindows/Macへ映してみよう

参考:Android Wearでスクリーンショットを撮影する方法

同じAndroidの仲間として、スマートウォッチのAndroid Wearがあります。

実際にボクも3年以上、Android Wearの機種である「Moto 360」を使い続けています。

関連記事

[Android Wear] ボクが3年以上スマートウォッチを使い続ける理由! メリット/デメリットまとめ

Android Wearは腕時計型端末なので、当然表示できる画面も小さいのですが、この画面もスクリーンショットとして保存することができます。

具体的にはペアリングしているスマートフォンにインストールしている「Android Wear」アプリ経由で、スクリーンショットの指示を飛ばすことが可能です。

Android Wear - 時計

Android Wear – 時計
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

詳細は別記事でまとめているので、合わせてご覧あれ。

関連記事

誰でもできる! Android Wearでスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮るカンタンな方法

〆:Androidのスクリーンショットを使いこなそう!

以上、Androidでスクリーンショットを撮影する方法! 機種別の画面キャプチャ手順を解説 [Xperia/Galaxy/Nexus] 說明でした。

Androidのスクリーンショット機能は標準的な使い方の他、通知を消したり、仮想ボタンで撮影したり、縦長の画面全体を保存したり、などなど記事中で紹介したような応用的なカスタマイズが多数用意されています。

画面キャプチャを撮る機会が多い方は、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい