アプリ起動時にWi-Fiを自動でオン! 特定条件下の通信設定を強制的に変更する方法 [Android]

スポンサーリンク

スマートフォンの利用にあたって悩むのが、データ通信量の上限を意識する必要がある、という点ですよね。

特に動画再生アプリ(例:YouTube)やゲームアプリ(例:Pokémon GO)では多くの通信が行われるため、Wi-Fiではなくモバイルデータ通信でそれらアプリを多用していると、月の半ばでキャリア通信量の上限に達してしまい不便を被ることも。

そこで本記事では、指定アプリを起動中に、自動でWi-Fiをオンにする方法を紹介します。

具体的にはAndroid向け自動化アプリ「MacroDroid」を使って、特定条件下で起動するマクロ(タスクの自動化)設定をします。

photo by geralt

スポンサーリンク

指定アプリ起動時にWi-Fiを自動でオン!

ボクは普段、WiMAXルーターを持ち歩いているため、YouTubeやPokémon GOなどデータ通信が多いアプリを使う際は、移動中でもスマートフォンのWi-Fi機能をオンにしています。

関連記事

フレッツ光を辞めてWiMAXへ乗り換えた理由! 独身一人暮らしならWiMAXがオススメ

今まで手動でこれらのアプリを起動する度にWi-Fiをオンにしていましたが、さっそく「MacroDroid」で自動化してみます。

記事中では「Pokémon GO」アプリを例に說明をします。

手順①:自動化アプリを入手する

まず、Androidに自動化アプリ「MacroDroid」をインストールします。

Android 要件:4.2 以上

価格:無料(全ての機能が使える有料版もあり)

本アプリの基本情報や使い方については、別記事で詳細をまとめているので合わせてどうぞ。

関連記事

MacroDroid – Androidでマクロを組んで作業を自動化! デザインもクールで使いやすい無料アプリ

「MacroDroid」のインストールが完了したら、アプリトップ画面右上の「マクロを追加」より作成開始できます。

大まかなマクロ作成の流れを整理すると、

トリガー:アプリの起動 / 終了(Pokémon GOを起動したら)

アクション:Wi-FI設定(Wi-Fiをオンにする)

条件:任意(設定しなくてもOK)

となります。

さっそく設定してみましょう。

手順②:トリガーを設定する

まず、トリガーを設定します。

トリガー候補一覧より「アプリの起動 / 終了」を選び、オプションより「アプリの起動時」にチェックを入れ、「OK」と進みます。

Androidにインストールされたアプリ一覧が出るので「Pokémon GO」にチェックを入れ次に進みます。ここで、「MacroDroid」でまだアクセシビリティ設定を有効化していなければ設定が必要となります。

自動で「ユーザー補助」画面へ移るので、サービス項目一覧より「MacroDroid」を選び、トグルをタップ。

オンにできれば再び「MacroDroid」アプリへ戻ります。

以上で「アプリ起動時:Pokémon GO」のトリガー設定ができました。

画面を右にスワイプし、「アクション」画面へ移ります。

手順③:アクションを設定する

次に、アクションを設定します。

アクション候補一覧より「Wi-FI設定」を選び、オプションより「Wi-Fiを有効化」にチェックを入れ、「OK」と進みます。

以上で「Wi-FI設定:Wi-Fiを有効化」のアクション設定ができました。

画面を右にスワイプし、「条件」画面へ移ります。

手順④:条件を設定する(任意)

続いて、条件を設定します。

「条件」は任意なので設定しなくてもマクロ作成は完成できますが、「トリガー」とは別の前提条件を追加したい場合に設定します。

例えば、「電池残量が50%以上の場合のみ、Pokémon GOを起動したらWi-Fiをオンにする」としたい場合なら、条件候補一覧より「電池残量」を選び、「〜より大きい」にチェックを入れ、パーセンテージバーを「50%」に合わせればOKです。

任意設定ですが、以上で条件設定ができました。

右下の「✓チェック」アイコンをタップします。

手順⑤:マクロ名称を決めて完了!

最後にマクロの名前を決めます。今後マクロの数が増える場合を想定して、分かりやすい名称にすると良いでしょう(後から名前の変更はできます)。

作成したマクロはアプリトップ画面左上の「マクロ」より確認ができ、内容の編集や設定の有効可 / 無効化の切り替えも可能です。

実際に試してみる

マクロが完成したら、実際に動くか試してみましょう。

例えば下記のようなマクロを有効化した状態で、

トリガー:アプリの起動 / 終了(Pokémon GOを起動したら)

アクション:Wi-FI設定(Wi-Fiをオンにする)

条件:電池残量(50%より大きい)

Wi-Fiはオフ、かつバッテリーが50%以上あることを確認し、「Pokémon GO」アプリを起動します。

すると、起動直後にWi-Fiがオンとなり、ステータスバーよりWi-Fi接続を確認できました!成功です。

ゲームアプリや動画再生アプリ以外にも、Wi-Fi接続時にのみファイルをクラウド上にバックアップさせるオンラインストレージアプリに対し、同様にマクロを設定しておくと便利でオススメですよ。

例えばGoogleフォト起動時に自動でWi-Fiをオンにして写真をバックアップしている。

補足:他にもMacroDroidで設定できるマクロはたくさん!

本記事で紹介したマクロ以外にも、MacroDroidの便利な設定は無限に存在します。

本ブログで紹介したマクロ例は別記事でまとめているので、合わせてご覧あれ。

関連記事

MacroDroidでオススメのマクロ集まとめ! ルーティン作業はアクション/トリガーで自動化しよう

〆:通信設定を自動化して通信量管理をラクにしよう!

以上、アプリ起動時にWi-Fiを自動でオン! 特定条件下の通信設定を強制的に変更する方法 [Android] の說明でした。

今回紹介したマクロを有効化することで、データ通信の消費が多いアプリ起動時に自動でWi-Fiをオンにできるので、データ通信量の管理がかなりラクになるはずです。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい