[Android] 充電中に画面を常時オンにする方法! 開発者向けオプションでスリープモードを防止

スポンサーリンク

Androidではディスプレイ設定からスリープモードへ入るまでの時間調整ができますが、「充電中は常時画面をオンにする」という設定はありません。

例えば自宅やカフェでスマートフォンを充電している際、通知やアプリ動作を確認するため、給電しつつ常時画面を点灯できたら便利ですよね。

そこで本記事では、Androidにおいて充電中に画面を常時オンにする方法を紹介します。

実はAndroidの隠れ機能「開発者向けオプション」から設定することができます。

photo by victoria white2010

スポンサーリンク

開発者向けオプションでスリープモードを防止!

手順①:「開発者向けオプション」を表示する

まず、まだAndroidで「開発者向けオプション」が表示されてなければオンにしましょう。

「設定」→「端末情報」より「ビルド番号」を連続でタップすることで有効化されます。

詳細な手順は別記事でまとめているので、ご覧あれ。

関連記事

「開発者向けオプション」を表示してデベロッパーモードになる方法 [Android 6.0/7.0対応]

手順②:「スリープモードにしない」をオンにする

さっそく「設定」→「開発者向けオプション」と進み、「スリープモードにしない」トグルをタップして有効化します。

手順③:動作を検証する

後は実際に動作を検証するだけ。

まずは電源に接続しない通常時でスリープモードに入ることを確認します。「設定」→「ディスプレイ」の「スリープ」より、操作が行われない状態でどれくらい経過したらスリープモードがオンになるか、現在の設定値を確認 / 変更ができます。

その後、今度はAndroidに電源を繋げて充電を開始します。先に確認した通常時でスリープモードに入る時間を経過しても画面が点灯されたままであれば成功!無事「開発者向けオプション」の機能が働いていると分かります。

ちなみに、元に戻したければ再び「開発者向けオプション」から「スリープモードにしない」トグルをタップして無効化すればOKです。

〆:充電中に常時画面を表示したければぜひ!

以上、[Android] 充電中に画面を常時オンにする方法! 開発者向けオプションでスリープモードを防止 の說明でした。

実はAndroidの標準機能ともいえる「開発者向けオプション」から充電中の常時画面オンは設定ができます。

正直、標準の「設定」内に存在しても違和感のないほど需要のある項目だと思いますが、もし同様のニーズをお持ちなら、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい