[Android] 通常とは異なる方法で指定機能を調整する方法まとめ! クイック設定以外から素早く変更

スポンサーリンク

本ブログでも過去、Androidで通常とは異なる方法で指定機能を調整する豆知識を紹介してきました。

「指定機能を調整」というとボヤッとした表現ですが、具体的にはクイック設定で変更できる「Wi-Fi」や「Bluetooth」のオン / オフ、「画面の明るさ」や「メディア音量」の調整などを指しています。

関連記事

クイック設定(システムUI調整ツール)の使い方! 追加/変更方法のまとめ [Android 6.0/7.0/8.0対応]

これらは通常、「クイック設定」か「設定」アプリの各メニューを開くことで調整を実施しますが、頻繁に変更する項目があれば、もっと素早く操作する方法もあります。

そこで本記事では、「Androidで指定機能を調整する別の方法」をテーマに、過去当ブログで取り上げた豆知識をまとめて紹介します。

うまくアプリを使いこなすことで、クイック設定を表示する頻度が激減します。ぜひご覧あれ。

photo by Tips and Tricks

スポンサーリンク

通常とは異なる方法で指定機能を調整する方法まとめ!

本記事では、クイック設定より素早く指定機能の調整を実施できる様々な豆知識を說明しています。

下記より順番に解説しています。

①:YouTubeの音量&明るさを画面スライドで調整

Touch Controls for YouTube」というアプリを使えば、YouTube再生中に画面を上下にスライドするだけでメディア音量や画面の明るさを調整できるようになります。

Touch Controls for YouTube
Touch Controls for YouTube
Developer: AppListo
Price: Free+

再生画面を離れることなく素早く実施できるため、クイック設定を開く手間が不要になります。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Touch Controls – YouTubeの音量&明るさを画面スライドで調整できるアプリ [Android]

②:全てのアプリで明るさを画面スライドで調整

Display brightness」というアプリを使えば、全てのアプリ上で画面の指定箇所をスライドするだけで明るさを調整できるようになります。

ダウンロード Amazonアプリストア – Display brightness

画面上に表示される明るさ調整スライダの「位置」や「大きさ」、「色」などは自由にカスタマイズできるため、明るさを変えるためにクイック設定を開く手間が不要になります。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Display brightness – どこでも即座に明るさ変更! 端をなぞって輝度を調整できる [Android]

③:音量ボタンでライトを点灯

Torchie」というアプリを使えば、Android本体の音量上下ボタンを同時押しすることで、ライトの点灯 / 消灯を操作できるようになります。

画面中央の赤ボタンがライト消灯、緑ボタンだと点灯状態を示す。

ロック画面上やスリープ状態(消灯中)でも機能するため、ライト点灯のためにクイック設定を開く手間が不要になります。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

音量ボタンでAndroidのライトを点ける方法! 物理キーでカメラライトの点灯/消灯ができる

④:特定の動き(シェイクや回転)で機能を制御

Gravity Gestures」というアプリを使えば、シェイクや回転などスマートフォンの特定の動きに反応して、指定機能を制御できるようになります。

Gravity Gestures
Gravity Gestures
Developer: TinoooApp
Price: Free+

Androidに搭載される「近接センサー」と「重力センサー」を利用して、本体の傾きや向きを感知して機能する面白いアプリで、例えば「シェイクする」と「ライトを点灯する」としたり、「前後に倒す」と「Wi-Fiのオン / オフを切り替える」など自由に設定できます。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Gravity Gestures – シェイクや回転でスマホを操作! 動きに反応して指定機能を起動できる無料アプリ [Android]

⑤:特定条件を満たす場合の機能変更を自動化

MacroDroid」というアプリを使えば、事前に決めた条件に合致する場合に、特定機能を自動で制御できるようになります。

関連記事

MacroDroid – Androidでマクロを組んで作業を自動化! デザインもクールで使いやすい無料アプリ

設定の組み合わせは無数に存在し、例えば

指定アプリを起動した際に音量をオフにする

指定アプリを起動した際にWi-Fiをオンにする

自宅や会社周辺でWi-Fiオン/オフを切り替える

自宅や会社でマナーモードオン/オフを切り替える

など設定することができます。

過去当ブログで紹介した自動化設定(マクロ)例は別記事でまとめています。

関連記事

[Android] クイック設定パネルの機能を自由にカスタマイズ! 好きなタイルを追加して超便利に

⑥:新しい操作メニューから指定アプリを起動

Androidでは新しい操作メニューを画面上に表示させ、ホーム画面やクイック設定がほとんど不要になる面白いアプリが色々とあります。

例えば「コントロールセンターIOS 11」というアプリにより、iOS 11で刷新されたコントロールセンターをAndroidへ追加することで、本来クイック設定で変更できる各種機能(例:Wi-Fi / 画面の明るさ)をその場で変更できるようになります。

関連記事

AndroidでiOS 11のコントロールセンターを再現する方法! 自由にカスタマイズもできる

また「TouchBar for Android」というアプリにより、近年のMacBook Proに搭載される「Touch Bar」機能をAndroidへ追加することで、同じく本来クイック設定で変更できる各種機能の変更が可能となります。

TouchBar for Android
TouchBar for Android

関連記事

AndroidにMacのTouch Barを導入する方法! 各種機能の変更や指定アプリ起動が超ラクチンに

このようなAndroidの操作性が劇的に変わるアプリをうまく使うことで、どの画面からでも指定機能を素早く切り替えれるようになります。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Androidの使い勝手を劇的に変えるアプリまとめ! 専用の操作メニューでホーム画面が不要になる

 〆:頻度の高い機能を素早く切り替えよう!

以上、[Android] 通常とは異なる方法で指定機能を調整する方法まとめ! クイック設定以外から素早く変更 の說明でした。

クイック設定上で頻繁に調整する機能があれば、今回紹介したアプリによってより素早く切り替えを可能にしたり、そもそもルーティンな操作であれば「MacroDroid」でマクロを組んで自動化することで大変便利になります。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい