[Android] 通常とは異なる方法で基本3ボタンを操作する方法まとめ! ホームや戻るを素早く実行

スポンサーリンク

本ブログでも過去、Androidの基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)を通常とは異なる方法で操作する豆知識を紹介してきました。

普通は基本3ボタンが表示される「ナビゲーションバー」上より実行するのが一般的ですが、様々なアプリを活用することで使い勝手を柔軟に変更することができます。

そこで本記事では、「Androidで基本3ボタンを操作する別の方法」をテーマに、過去当ブログで取り上げた豆知識をまとめて紹介します。

うまくアプリを使いこなすことで、ナビゲーションバーに触れる頻度が激減します。ぜひご覧あれ。

photo by Google – Android

スポンサーリンク

通常とは異なる方法で基本3ボタンを操作する方法まとめ!

本記事では、ナビゲーションバー上に配置されるボタン以外から、基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)を操作できる様々な豆知識を說明しています。

下記より順番に解説しています。

①:バーチャル(仮想)ボタンを設定する

戻るボタン」というアプリを使えば、基本3ボタンのバーチャル(仮想)ボタンを画面上に追加できます。

戻るボタン (root不要)
戻るボタン (root不要)

バーチャルボタンの位置は自由に変更でき、表示させる機能もカスタマイズ可能となるため、普段の使い勝手に合わせて最適化できるのが特徴です。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Androidにバーチャル(仮想)ボタンを追加する方法! 物理キー(ホーム/戻る/タスク)故障時に便利

②:バーチャル(仮想)ホームボタンを設定する

戻る・タスクボタンは不要でホームボタンのみ設置したければ、「Multi-action Home Button」というアプリにより、バーチャル(仮想)ホームボタンを画面上に追加できます。

Multi-action Home Button
Multi-action Home Button

例えば任意アプリ表示中に仮想キーをタップするとホーム画面に戻る。

表示されるバーチャルボタンは、シングルタップでホームボタンの効果がある他、「ダブルタップ」や「長押し」それぞれに別の機能(例:通知領域を開く / 指定アプリを開く)を付与することも可能です。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

物理キーが壊れたGalaxyに仮想(バーチャル)ホームボタンを設置して代用する方法! [Android]

③:iPhone X 特有のジェスチャーを設定する

All in one Gestures」というアプリを使えば、物理ホームボタンが撤廃されたiPhone X特有のジェスチャーである「ホーム画面の一番下から一回スワイプしてホームに戻る」操作をAndroidでも設定できるようになります。

All in one Gestures
All in one Gestures
Developer: YS Liang
Price: Free+

「次世代のスマートフォン」とも呼ばれるiPhone Xの最新機能をいち早く体感したい方は必見です。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

iPhone Xの「画面下からスワイプでホームを表示」操作をAndroidで実現する方法! 最新のジェスチャーを体験しよう

④:指紋認証で基本3ボタンを操作する

Fingerprint Quick Action」というアプリを使えば、指紋認証で「ホームボタン」・「戻るボタン」・「タスクボタン」押下時と同じ動作を実行できるようになります。

さらに基本3ボタン以外にも下記機能も付与でき、

Sleep – スリープ状態に入る

Go back – 戻るボタン押下と同じ動作

Go home – ホームボタン押下と同じ動作

Show recent apps – タスクボタン押下と同じ動作

Show power menu – 電源ボタン長押しと同じ動作

Toggle split screen – タスクボタン長押し(=マルチウィンドウ起動)と同じ動作

Expand/Toggle notifications panel – 通知領域の表示

Expand quick settings – クイック設定の詳細画面を表示

Take screenshot – スクリーンショットの撮影

Launch app or shortcut – 指定アプリやショートカットを起動

指紋認証のジェスチャーも下記3種類それぞれに対し上記機能を設定可能です。

Single tap – 指紋認証リーダーを指でタップ

Double tap – 2回連続で指紋認証リーダーを指でタップ

Fast swipe&Quick tap action – 素早く指紋認証リーダーを指でスワイプ

指紋認証で基本3ボタンを操作できるようにすることで、ディスプレイのタッチパネルに触れずともサクサク操作が可能になります。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Fingerprint Quick Action – Androidの指紋認証を超強化する方法! ジェスチャー機能を追加して便利にしよう

⑤:基本3ボタンの配置を変更する(一部機種のみ)

All in one Gestures」というアプリを使えば、ハードキータイプの基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)の配置を自由に変更できるようになります。

All in one Gestures
All in one Gestures
Developer: YS Liang
Price: Free+

「戻る」ボタンを「タスク」ボタンへ変更する場合。

Galaxyシリーズのスマートフォンやタブレットは、伝統的に「戻る」ボタンと「タスク」ボタンの位置が他のAndroid標準機種と逆になっており、左が「タスク」、右が「戻る」ボタンとなります。

そこでこのアプリを使うことで、Androidの標準位置に入れ替えることができ便利です。

最近のAndroidで多い「ナビゲーションバー」上に基本3ボタンが配置されるソフトキータイプの機種では、このアプリで基本3ボタンの配置変更はできませんでした(Nexus 6P Android 8.0で検証)ので、あくまでGalaxyなどハードキータイプの機種向けとなります。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Galaxyスマートフォン「戻る/タスク」左右ボタンを入れ替え通常のAndroid標準配置とする方法

⑥:iOSのAssistiveTouch機能を設定する

Assistive Touch」というアプリを使えば、iOS標準の「AssistiveTouch」機能をAndroidでも使えるようになります。

Assistive Touch OS 11
Assistive Touch OS 11
Developer: Flash Alerts
Price: Free

好きな画面上からメニューを開き、基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)の仮想キーも配置されているため、ナビゲーションバーに触れずともサクサク操作が可能になります。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Assistive Touch – iPhoneのAssistiveTouch機能をAndroidにも追加する無料アプリ

⑦:Galaxyのエッジパネル機能を設定する

Side Apps Bar」というアプリを使えば、GalaxyのEdgeシリーズで導入されている「エッジパネル」機能をAndroidでも使えるようになります。

画面端に表示されるエッジパネルには、基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)の仮想キーに加え、好きなアプリや機能スイッチ(例:Wi-Fi)も追加できるため、Androidの使い勝手が劇的に変化する面白いアプリです。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

全機種でGalaxy「エッジパネル」を導入する方法! 画面端から好きなアプリや機能を起動しよう[Android]

参考:ナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ!

基本3ボタンが配置されるナビゲーションバーは、様々なアプリによって見た目や機能性を拡張することができます。

例えば「Muviz」というアプリを使えば、再生中の楽曲を「可視化」する「ビジュアライザー」を有効にして、曲のテンポやビートに合わせてナビゲーションバーで上下するバーを表示することができます。

関連記事

ナビゲーションバーに音楽ビジュアライザーを表示する方法! デザインも自作できる [Android]

また「Custom Navigation Bar」というアプリを使えば、ナビゲーションバー上のボタン位置をズラしたり、4つ目 / 5つ目のボタンを追加することができます。

Custom Navigation Bar
Custom Navigation Bar
Developer: paphonb
Price: Free+

例:左端は「Notifications」を、右端は「設定」を起動するアイコンを配置したケース。

関連記事

Custom Navigation Bar – Androidナビゲーションバーをカスタマイズ(配置変更/ボタン追加)

このような標準のナビゲーションバーが劇的に変わるアプリをうまく使うことで、まさに「Androidらしい」自由で楽しいスマートフォンへカスタマイズできます。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Androidでナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ! 見た目や機能性を劇的に変えよう

〆:好きな方法で基本3ボタンを操作しよう!

以上、[Android] 通常とは異なる方法で基本3ボタンを操作する方法まとめ! ホームや戻るを素早く実行 の說明でした。

ナビゲーションバー上に配置されるボタン以外からでも、様々なアプリを使いこなすことで基本3ボタン機能は実行が可能です。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい