子供に与えるAndroidでオススメのアプリまとめ! 利用に制限を加えて正しい使い方をさせよう

スポンサーリンク

本ブログでも過去、Androidを子供に貸す or 与える際に便利な豆知識を色々と紹介してきました。

スマートフォンを使わせる以上、教育面やセキュリティ面を考えて、一部機能に制限を加えて正しい使い方をさせることで、子供への悪影響リスクを最小限に抑えることができます。

そこで本記事では、「子供に与えるAndroidでオススメのアプリ」をテーマに、過去当ブログで取り上げた豆知識をまとめて紹介します。

Androidのアプリや機能を一部禁止するものから、遠隔からコッソリ監視する方法まで幅広く掲載しているので、ぜひご覧あれ。

photo by verkeorg

スポンサーリンク

子供に与えるAndroidでオススメのアプリまとめ!

本記事では、子供に与えるAndroidでオススメのアプリや機能を說明しています。

下記より順番に解説しています。

①:アプリの利用時間を制限する

使いすぎストップ」というアプリを使えば、指定アプリの利用時間に制限を付けることができます。

使いすぎストップ
使いすぎストップ

連続して使用できる時間を制限したり、1日あたり累計して使用できる時間を制限できる他、実際にどのアプリを多用しているか過去のアプリ使用状況をチェックする機能まであります。

まさに子供のスマートフォン使いすぎ防止にピッタリのアプリとなります。詳細は別記事でまとめています。

関連記事

[Android] アプリの利用時間を制限する方法! ゲームやSNS等スマホの使いすぎを防止しよう

②:表示画面のタッチパネルをロックする

画面そのままロック」というアプリを使えば、現在表示しているアプリ画面そのままでディスプレイのタッチパネルをロック(無効化)できます。

例えば子供に勉強用アプリを使わせたり、YouTubeでアニメを視聴させるシチュエーションで、目的外のアプリや機能の操作を禁止して、表示中の画面にのみ集中させたい時に活躍するアプリとなります。

Android標準の画面ロック(スリープ状態)とは異なり、表示中の画面はそのままでタッチパネル操作のみ無効状態となっているのが最大の特徴で、ロックを解除する手段も調整できるため、ポケットにスマートフォンを入れた際の誤動作防止にも有用です。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

[Android] 表示画面そのままでタッチを無効にする方法! 画面ロックせずに誤操作防止できる

③:ドコモメールの使用を制限する

携帯キャリア「ドコモ」専用のメール機能「ドコモメール」を子供に使わせたくない場合、キャリア側の設定で個別に機能制限を加えることができます。

また「FingerSecurity」や「ノートン」などのロックアプリを使って、「ドコモメール」アプリ自体にパスワードを設定してしまえば、子供が勝手に使えないようにすることも可能です。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

ドコモメール送信の規制方法! 利用制限して使いすぎを防止しよう [iPhone/Android/ガラケー]

④:アプリのアンインストールを防止する

スマートロック」というアプリを使えば、子供がスマートフォンを操作して誤ってアプリを削除してしまう事故を防止できます。

Androidにてアプリをアンインストールする手段は色々とありますが、

関連記事

[Android] 不要アプリを削除(アンインストール)したり 標準プリインアプリを無効にする方法

このアプリを設定することで、どの方法であっても勝手にアンインストールされることはありません。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

[Android] アプリのアンインストールを防止する方法! 設定に制限をかけて勝手に削除されない

⑤:緊急通報の誤タップを防止する

Hi Locker」というアプリを使えば、Androidのロック画面をカスタマイズすることで緊急通報のアイコンが消せるので、結果的に子供が誤って通報をするリスクを無くせます。

独自ロック画面では緊急通報ボタンが存在しない。

「緊急通報」機能は、ロック解除せずとも110番や119番へ電話をかけられるため緊急時に便利である一方、普段の利用では誤タップのリスクもあるため、非表示にしたいと感じる方にオススメです。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

[Android] スマートフォンのロック画面に表示される緊急通報を消して誤タップを防止する方法

⑥:指定アプリ上でスクリーンショットを禁止する

Screen Shield Anti Screenshot」というアプリを使えば、指定したアプリ上でスクリーンショットを禁止することができます。

残念ながら2017年12月現在、日本版Google Play上からインストールができなくなっているため、別途apkファイルを直接インストールすることで使えるようになります(安全性のリスクもあるためご注意下さい)。

ダウンロード Screen Shield Anti Screenshot – APK

関連記事

[Android] 提供元不明(非公式)アプリのインストール方法! Google Playにないapkを楽しもう

子供にスマートフォンを貸した際、勝手に画面キャプチャを撮られるのを防ぎたい場合などに便利です。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

[Android] 指定アプリ上でスクリーンショットを禁止する方法! 画面キャプチャを無効としよう

⑦:遠隔から居場所等を監視する

Cerberus」というアプリを使えば、遠隔から「GPS(居場所)の取得」や「音声を録音」、「カメラの撮影」等の指示をAndroidに与えることができます。

Cerberus 反盗難
Cerberus 反盗難
Developer: LSDroid
Price: Free

「Cerberus」管理サイトで位置情報を取得した例。

子供に持たせるAndroidに設定しておくだけで、万が一の事件があっても情報収集に役立てることができるアプリです。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

相手に知られずに居場所を探す方法! 遠隔でコッソリ音声録音や写真撮影もできる [Android]

⑧:画面を白黒モノクロにしてスマホ中毒を防止する

Androidの標準機能を使えば、ディスプレイ画面を白黒モノクロ表示に変更することができます。

Xperia A4の例。

近年スマートフォンが進化したことで、常にスマートフォンのことを考えてしまう「スマホ中毒」が深刻になっていますが、この依存症はディスプレイ画面を白黒のモノクロにすれば軽減できる、という情報も海外で報告されています。

記事 ライフハッカー – 画面をモノクロにするだけでスマホ中毒は軽くなる

もし子供がスマートフォンへ依存しているなら、対策として試す価値アリです。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

[Android] ディスプレイ画面を白黒モノクロに変化させる設定方法 [Xperia/Galaxy/Nexus]

参考:あんしんフィルター for docomoの設定を解除する手順

ドコモのAndroidには「あんしんフィルター for docomo」というアプリが提供されており、親が高校生以下の子供にスマートフォンを使わせる際に一部利用を制限させることができます。

参考 ドコモ – あんしんフィルター for docomo

このアプリにより、出会い系サイトなどの有害・不適切なサイトへのアクセスや有害アプリの利用を制限し、Wi-Fi通信時サイトアクセスも制限できますが、一度設定すると解除するのが非常に分かりづらいという罠があります。

もしこのアプリをアンインストールする方法に困っているなら、別記事で手順を解説しているのでご覧あれ。

関連記事

[Android] あんしんフィルター for docomoの設定を解除して削除(アンインストール)する方法

〆:Androidを子供に正しく使わせよう!

以上、子供に与えるAndroidでオススメのアプリまとめ! 利用に制限を加えて正しい使い方をさせよう の説明でした。

年々スマートフォンは便利になっていますが、その反面で子供に悪影響を与えるリスクも社会的に問題となっています。

もし子供にAndroidを使わせるのが不安に感じているなら、ぜひ本記事で紹介したアプリや設定を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい