[Android] 無料でQRコードを読み取るオススメの方法とリーダーアプリまとめ

Android使い方

AndroidでQRコードの読み取りをしたことはありますか?

QRコードは日常生活の様々な場面で利活用されており、特に紙ベースの資料に掲載されたリンク先のURLを携帯で開く際、わざわざURLを手入力する手間を省いて、QRコードをカメラで読み取るだけでアクセスできるため、大変便利な技術です。

ただAndroidでは、機種によっては標準でQRコード読み取りのアプリが入っていないため、別途インストールする必要があります。

そこで本記事では、AndroidでQRコード読み取るオススメの方法とリーダーアプリを紹介します。

photo by Golan Levin

 

Android向けオススメQRコード読み取り方法

Androidでは機種によって標準機能としてQRコード読み取り手段が用意されている場合があります。

ただ、Nexusシリーズのようにプリインストールアプリが少ない機種だと別途サードパーティ製アプリの準備が必要なケースもあるため、それぞれ紹介します。

 

その①:標準の読み取りアプリを使う

Androidの機種によっては、標準(デフォルト)でQRコード読み取りアプリがインストールされている場合があります。

例えば以前のドコモスマートフォンでは「ICタグ・バーコードリーダー」という読み取りアプリが入っていました。

例えば、Xperia Z1(SO-01F)はドコモ製の読み取りアプリが入っている。

「QRコード読み取りのために、サードパーティ製アプリをインストールしたくない!」という方は、まずは自身のAndroidに標準のQRコード読み取りアプリが入っていないか確認してみて下さい。

ただ、もし標準の読み取りアプリがインストールされていない機種をお使いの場合は、以降で紹介するアプリを別途用意する必要があります。

 

その②:LINEの読み取り機能を使う

お馴染み「LINE」アプリで、友だち登録をする際に「QRコード」を使った経験はないでしょうか?

LINEアプリ上で友だちのQRコードを読み取る機能を呼び出すことができますが、実はLINEとは関係ないQRコードまで認識することができます。

LINEトップ画面の「その他」タブを開き、QRコードアイコンをタップすると読み取り画面となります。

無事読み取りができたら、リンクを開くことができます。一方、QRコードの形式によっては読み取れない場合もあるため、万能といえる方法ではありません。

左ではQRコードの読み取りに成功しているが、右では非対応のQRコード形式だったため失敗している。

 

その③:Twitter公式アプリの読み取り機能を使う

多くのAndroid機種ではTwitter公式アプリがプリインストールされていますが、実はアプリ上でQRコードを読み取ることができます。

Twitter
Twitter
Developer: Twitter, Inc.
Price: Free

トップ画面左上のメニューを開き、QRコードアイコンをタップします。

するとカメラが起動し読み取り画面となるため、無事認識できたらリンクを開けます。

ちなみに、もしAndroidのバージョンが7.1 Nougat以降であれば、「アプリショートカット」機能より、ホーム画面上のTwitterアイコンを長押しして「QRコードをスキャン」をタップすれば、すぐに読み取り画面を起動できます。

 

その④:専用のQRコード読み取りアプリを使う

以上①〜③の方法がうまくいかない場合、一般的なセオリー通り、専用のQRコード読み取りアプリを使う必要があります。

オススメアプリ①:QRコードリーダー

Android向けリーダーアプリの中で最もスピードの早さに定評があるのが「QRコードリーダー」アプリで、ボクも普段から愛用しています。

QRコードリーダー
QRコードリーダー
Developer: TWMobile
Price: Free

とにかく読み取り速度にこだわりたい人にオススメです。

一方、広告の表示頻度が多いのが欠点。

オススメアプリ②:公式QRコードリーダー”Q”

iPhone版同様、QRコードを生み出した「デンソーウェーブ」公式のリーダーアプリが「公式QRコードリーダー”Q”」です。

公式とあって広告が一切表示されないのが嬉しい点。またスキャン中に表示される画面のエフェクトもクールで気に入っています。

一方、アプリ容量が少し大きく動作が重いのが欠点。

オススメアプリ③:QRコード読み取りアプリ

シンプルなUIでQRコードの読み取りに特化したアプリが「QRコード読み取りアプリ」です。

画面はシンプルで凝った内容ではありませんが、その分QRコードの読み取りに集中できるアプリです。

専用の読み取りアプリ:まとめ

以上の說明を整理すると、下記の通りです。

専用アプリを入れたくない→標準の読み取りアプリやLINE、Twitterで代用

読み取りスピードは早い方がいい→QRコードリーダー

シンプルで使いやすいアプリがいい→QRコード読み取りアプリ

公式アプリを使いたい→公式QRコードリーダー”Q”

それぞれ方法別に特徴が異なるため、好みに応じて試して下さい。

 

補足:画面上に表示されるQRコードを読み取る方法

読み取りたいQRコードがスマートフォンの画面上に表示される場合、Androidでは2つの方法で認識できます。

LINEで読み取る

専用アプリを別途用意して読み取る

例えば「QR Droid」を使って共有メニューより画面上のQRコードを読み取れる。

詳細は関連記事で解説しています。

スマートフォン画面上に表示されたQRコードを読み取る方法! カメラを使わず認識できる [iOS/Android]
QRコードは日常生活の様々な場面で利活用されており、特に紙ベースの資料に掲載されたリンク先のURLを携帯で開く際、わざわざURLを手入力する手間を省いて、QRコードをカメラで読み取るだけでアクセスできるため、大変便利な技術です。 が、...

 

〆:好みに応じてQRコードを活用しよう!

以上、[Android] 無料でQRコードを読み取るオススメの方法とリーダーアプリまとめ の說明でした。

多くのAndroid機種では、標準でQRコード読み取りアプリが入っていたり、普段から使っているLINEやtwitterアプリで代用ができます。

ぜひ、ご参考あれ。

Android使い方
おるくす

会社員兼業ブロガー。ガジェットネタと旅ネタを中心としたブログ「あっとはっく」を主宰し、日々役立つ(?)情報やどうでもいい情報を発信中。夢は現代版スナフキン。横浜出身のO型。

おるくすをフォローする
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント