[Android] 夜間もっと健康に優しいスマホ画面へ変える豆知識まとめ! シンプルな色でスマホ中毒を改善しよう

スポンサーリンク

本ブログでも過去、Android使用にあたり「目の疲れやスマホ中毒を和らげる」豆知識を色々と紹介してきました。

「目の疲れ」の主要原因として「ブルーライト」が挙げられることが多く、目への悪影響のみならず、生体リズムへの悪影響や頭痛などの症状を引き起こす可能性が考えられています。

また「スマホ中毒」は魅力的なカラフルな画面が原因の1つであるため、あえてシンプルな配色(例:白黒 / 単色)にすることで、スマートフォンからの興味を減らせる可能性があります。

そこで本記事では、「もっと健康に配慮したAndroid画面へ変化させる方法」をテーマに、過去当ブログで取り上げた豆知識をまとめて紹介します。

スマホの使いすぎに悩んでいるなら、もっとシンプルに接する情報を取り上げているので、ぜひご覧あれ。

photo by Alexey Kljatov

スポンサーリンク

健康に優しいAndroidディスプレイとする豆知識まとめ!

夜間に適した画面へ変化させる

スマートフォンの液晶画面から強く発生する「ブルーライト」は、目の疲れや生体リズムへの悪影響、あるいは頭痛などの症状を引き起こします。

そこで今回紹介するアプリを使って、夜間帯にディスプレイを「暖色系」に変えたり、画面の輝度を落とすことで、少しでも目への負担軽減が期待できます。

ブルーライトカット機能を追加する方法

Twilight」というアプリを使えば、Androidのディスプレイを暖色系に変更させてブルーライトを削減できます。

Twilight
Twilight
Developer: Urbandroid Team
Price: Free

他のブルーライトカット系 / ナイトモード系のアプリと比較して、「Twilight」は下記点が優れています。

設定したスケジュールに合わせて徐々に画面を変化できる

無料版でも広告表示がない

細かいカスタマイズ設定が多い

日本語にも対応しており使い方もカンタンなので、ブルーライトカット系アプリをお探しであれば一度試す価値アリでしょう。

関連記事

Androidにブルーライトカット機能を追加する方法! 時間帯に応じて自動でナイトモードを設定しよう

標準の夜間モード機能を追加する方法 [Android 7.0限定]

Night Mode Enabler」というアプリを使えば、Androidの隠れ機能「夜間モード」を有効にして、画面を薄暗くしてブルーライトを低減します。

Night Mode Enabler
Night Mode Enabler
Developer: Mike Evans
Price: Free+

Androidシステム的に用意された機能を使える点で魅力がある一方、インストールできるOS要件が”Android 7.0”に限定されるのが欠点です。

アプリの条件を満たしていれば、ぜひお試しあれ。

関連記事

Android 7.0で夜間モードを有効にする設定方法! 隠れ機能ナイトモードへ切り替えよう

クイック設定のテーマカラーを変更する方法 [Android 8.1以上]

LWP+」というアプリを使えば、Android 8.1から導入されたクイック設定の「テーマカラー」を自由にコントロール可能となります。

同じ壁紙でもテーマカラーを「ダークテーマ」・「ライトテーマ」から選べる。

例えば夜間は黒系の「ダークテーマ」とし、日中帯は白系の「ライトテーマ」とすることもできます。

新しいクイック設定の「テーマカラー」機能の基本説明含め、詳細は関連記事で解説しています。

関連記事

[Android 8.1] クイック設定のテーマカラーを自由に変更する方法! ライト/ダークの背景色を選択しよう

魅力に欠けるモノクロ・単色系の画面へ変化させる

近年、常にスマートフォンのことを考えてしまう「スマホ中毒」が深刻になっていますが、この依存症はディスプレイ画面を「モノクロ」など”魅力に欠ける見た目”へ変化させることで軽減できる可能性があります。

記事 ライフハッカー – 画面をモノクロにするだけでスマホ中毒は軽くなる

そこで今回紹介する設定やアプリを使って、ディスプレイを「白黒 / 単色」に変えたり、壁紙の色調を調整することで、少しでもスマートフォンへの興味を減らせるかもしれません。

ディスプレイ画面を白黒モノクロへ変化させる方法

Androidは標準機能だけで、ディスプレイを白黒画面へ変化できます。

機種やOSバージョンによって手順は異なりますが、多くは「ユーザー補助」か「開発者向けオプション」より設定可能です。

Nexus 6Pをモノクロ画面とした例。

アプリのインストール不要なので、安心して使用できるのも魅力です。

関連記事

[Android] ディスプレイ画面を白黒モノクロに変化させる設定方法 [Xperia/Galaxy/Nexus]

壁紙を単色無地画像とする方法

Simplicity」というアプリを使えば、膨大な数のカラーから単色無地の壁紙を設定できます。

シンプルな無地画像をお探しであれば、オススメのアプリです。

関連記事

Androidのデスクトップ背景を単色無地画像にする方法! シンプルなカラー壁紙へ切り替えれる

壁紙の色調を変える方法

Wallpaper Modder」というアプリを使えば、現在設定している壁紙画像の色調などをカスタマイズできます。

「設定中の背景をもっとシンプルにしたい」というニーズがあれば、スマートフォン上で編集作業ができるのでオススメのアプリです。

関連記事

Androidデスクトップ背景の明るさやコントラストを編集する方法! 壁紙の色調/彩度/ぼかしを変化させよう

ナイトモード・モノクロ機能があるブラウザを使う

ブラウザアプリを使ってウェブサイト閲覧中のみ「ナイトモード」や「モノクロ画面」へ変化させることも可能です。

どの方法も専用のブラウザアプリを導入する必要があります。

自動スクロール ブラウザ – ナイトモードを適用

自動スクロール ブラウザ」というアプリは、表示中のページを自動でスクロールできる機能を持ちますが、それ以外にも画面を「ナイトモード」へ変更可能です。

Auto-Scroll Browser
Auto-Scroll Browser
Developer: d.and.apps
Price: Free+

夜間のブラウジングで「自動スクロール」と「ナイトモード」を同時に実現したい方にオススメです。

関連記事

Androidで自動スクロールする方法! ブラウザ上の好きなサイト画面がオートで上下に移動する

Via – 夜間モードを適用

Via」というアプリは、表示中のページを”ボリュームキー”を押してスクロールできる機能を持ちますが、それ以外にも画面を「夜間モード」へ変更可能です。

夜間のブラウジングで「音量ボタンでスクロール」と「夜間モード」を同時に実現したい方にオススメです。

関連記事

Androidの音量ボタンでブラウザをスクロールする方法! ボリュームキーでサイトを上下に動かそう

monochrome – モノクロ画面を適用

monochrome」というアプリは、シンプルにウェブサイトをモノクロ画面で表示します。

先述の通り、Androidはブラウザに限定せず全画面でモノクロ表示できますがオン / オフの切り替えは面倒なので、「ブラウジング中だけ白黒にしたい!」ならオススメです。

関連記事

Androidのブラウザ画面を白黒に変化させる方法! ウェブページを目に優しいモノクロで表示しよう

画面の明るさ調整を機能強化する

健康に配慮したスマートフォン画面を目指すなら、夜間は画面の明るさを下げる(=暗くする)べきです。

Androidの標準機能でも「クイック設定」から調整は可能ですが、今回紹介する設定やアプリを使えばもっと機能を強化できます。

どこからでも明るさをすぐ調整する方法

Display brightness」というアプリを使えば、画面上の好きな場所をなぞるだけで明るさを調整できます。

ダウンロード Amazonアプリストア – Display brightness

わざわざクイック設定を開かずとも、表示中のアプリ画面そのままで即座に変更できます。

関連記事

Display brightness – どこでも即座に明るさ変更! 端をなぞって輝度を調整できる [Android]

クイック設定をもっと便利に使う方法

Androidの標準機能「クイック設定」では、2段階目の画面に明るさを調整するスライダが表示されるため、操作に少し時間がかかります。

Nexus 6Pの例。2段階目に明るさ調整スライダが表示される。

ただ条件を満たせば、この機能をもっと便利に使えます。

通知領域に画面明るさバーを常に表示する [Galaxy限定]

最新のGalaxyシリーズ(例:Galaxy S7 / S8)では、機種独自の「明るさ調節を常に表示」を有効にすることで、クイック設定の1段階目に明るさ調整スライダを表示できます。

機種限定機能ですが、Galaxyユーザーなら設定すると便利ですよ。

関連記事

[Android] 通知領域に画面明るさバーを常に表示する方法! クイック設定で明度調整スライダをすぐ起動しよう [Galaxy限定]

2本指操作でクイック設定1段階目をスキップする

Galaxyに限らず全機種共通の豆知識として、画面上部ステータスバーから”2本指”でスライドすることで、1段階目をスキップしていきなり2段階目のクイック設定画面を表示できます。

2本の指で操作できるシチュエーションなら、覚えておくと便利なワザです。

それ以外のAndroidで便利なジェスチャー含め、詳細は別記事で解説しています。

関連記事

[Android] 操作を便利にする隠れジェスチャー機能の豆知識まとめ! 意外と知らないマル秘裏ワザ

限界を超えてもっと画面を暗くする方法

Screen Filter」というアプリを使えば、ディスプレイ画面を限界を超えてさらに暗くできます。

Screen Filter
Screen Filter
Developer: haxor industry
Price: Free

左がアプリ起動前、右が起動後の画面の明るさ。

夜間にスマートフォンを使う際、限界まで暗くしてもまだ明るく悩んでいれば、ぜひお試しあれ。

関連記事

Androidで画面の明るさを限界よりさらに暗くする方法! ディスプレイ輝度を調整しよう

〆:健康に配慮したディスプレイ画面で表示しよう

以上、[Android] 夜間もっと健康に優しいスマホ画面へ変える豆知識まとめ! シンプルな色でスマホ中毒を改善しよう の説明でした。

「ブルーライトカット」・「モノクロ」・「明るさ」など、健康に配慮した画面表示とすることで、快適な睡眠に繋がるはずです。

ぜひ、ご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい