Stitch & Share – Androidで縦長スクリーンショットを撮影し画面全体をキャプチャする方法

Android使い方

スマートフォンでスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮影すると、通常はその時ディスプレイ画面上で表示されている領域のみ保存されます。

ただ、縦長にスクロールして表示するアプリやサイト全体を撮影したい場合、画面上で表示されている領域は全体の一部なので、複数回に分けてキャプチャを撮った後、画像編集ソフトで繋ぎ合わせる加工処理が必要となり面倒です。

そこで本記事では、スクリーンショットを撮影後そのまま画像を繋げて、画面に入りきっていない上下の部分まで含め縦長のスクリーンショットを撮影できるAndroid向け無料アプリ「Stitch & Share」を紹介します。

photo by Sinchen.Lin

 

Androidで縦長スクリーンショットを撮影する方法

本記事で紹介する方法では、まず撮影したい画面毎にスクリーンショットを複数枚保存します。

つまり、1枚目に画面に写っている部分をスクリーンショットで撮影し、画面に入りきっていない部分を2枚目以降で分割して撮影します。

その後アプリ「Stitch & Share」を使って、それらを結合させることで、あたかも画面全体を撮影したかのように画像を保存させます。

さっそく下記より順番に說明をします。

手順①:アプリを入手する

まずはAndroidに「Stitch & Share」をインストールします。

Stitch & Share: big screenshot
Stitch & Share: big screenshot

最初にアプリを開き、「ADD SCREENSHOTS」をタップすると、チュートリアルがスタートします。

最後に、アプリの「通知」をオンにするか選択ができます。オンにすると、複数スクリーンショットを撮影した際に、自動的に通知領域に「Stitch & Share」が表示され、スクリーンショットの結合画面へ進めるため、オンにすることをオススメします。

以上で準備完了です。

手順②:複数スクリーンショットを撮影し結合させる

さっそく、スクリーンショットを複数撮影してみます。

例として、当ブログのトップ画面を撮影してみました。一番上の画面を1枚目のスクショ、1枚目に入りきらなかったその下の画面を2枚目のスクショとして撮影。

その後、通知領域に「Stitch & Share」が表示されるのでタップします。

すると、2枚のスクリーンショットが自動的に結合された状態で表示がされます。

が、下記の通り、けっこうズレてる・・・。この場合、右側の「ハサミアイコン」をタップして、手動で2枚のスクショの境目をうまく繋ぎ合わせる必要があります。

作業が終わったら、右上の「SAVE」をタップすると保存されます。

完成したのがコチラ。

通常のスクリーンショットでは画面に入りきらない部分まで1枚の画像として保存できます。

参考:撮影済みの画像も結合できる

ちなみに、過去に撮影したスクリーンショットや写真など、複数の画像ファイルを「Stitch & Share」を使って結合もできます。

画像編集画面にある「+」ボタンをタップすると、本体ストレージに保存されている画像を選択できるため、結合させたい画像を選びます。

このように縦長の「設定」画面を撮影できました!(ちょっとズレてますが・・・)

 

補足:

ウェブサイトをPDF変換する方法

Androidのブラウザで表示しているページは、様々な方法でPDFファイルへ変換できます。

ブラウザの縦長画面全体を撮影する場合、今回紹介したアプリ「Stitch & Share」は結合作業が面倒なので、PDFファイルならすぐ変換・保存ができますよ。

詳細は関連記事【AndroidでウェブサイトをPDF変換する方法! ブラウザのページを保存しよう】で解説しています。

AndroidでウェブサイトをPDF変換する方法! ブラウザのページを保存しよう
Androidのブラウザで表示しているページは、様々な方法でPDFファイルへ変換できます。 そこで本記事では、その方法について紹介します。 家族や友人へウェブサイト情報を共有したいとき便利ですよ。 iPhone・Mac...

そのほかAndroidのスクリーンショット撮影方法まとめ

Androidでは今回紹介した方法以外にも、様々な手順でスクリーンショット撮影が可能です。

例えば「Assistive Touch」というアプリを使えば、画面上の仮想ボタンをタップして画面をキャプチャできます。

Assistive Touch OS 11
Assistive Touch OS 11
Developer: Flash Alerts
Price: Free

AndroidでAssistiveTouchを使う方法! iPhone独自機能をすべてのスマートフォンで再現しよう
iPhoneやiPadの「AssistiveTouch」機能をご存知でしょうか? AssistiveTouch を利用して、デバイスをコントロールしたり、ピンチ、複数の指でのスワイプ、3D Touch といったジェスチャの実行に役立てたり...

また「Fingerprint Quick Action」というアプリを使えば、指紋認証でスクリーンショット撮影ができます。

この画像では指紋認証にホームボタンを配置しているが、スクリーンショットも追加できる。

Fingerprint Quick Action - Androidの指紋認証を超強化する方法! ジェスチャー機能を追加して便利にしよう
Googleが発表した新ブランド「Pixel」では、新たに指紋認証リーダーにジェスチャー機能をサポートしており、現時点では指紋認証リーダーをスワイプダウンすると、通知バーを表示する機能が搭載されています。 そこで本記事では、この機能を...

このようにAndroidのスクリーンショット撮影を強化する豆知識を、関連記事【[Android] スクリーンショットを強化する豆知識まとめ! 画面キャプチャをもっと便利に使いこなそう】でまとめて解説しています。

[Android] スクリーンショットを強化する豆知識まとめ! 画面キャプチャをもっと便利に使いこなそう
本ブログでも過去、Androidのスクリーンショット機能に関連する豆知識を色々と紹介してきました。 単なる「画面キャプチャの方法」だけでも選択肢がいくつかあり、さらに撮影した画像の保存先変更や、クラウド上へバックアップする方法など、ス...

 

〆:画像の結合はコツがいる

以上、Stitch & Share – Androidで縦長スクリーンショットを撮影し画面全体をキャプチャする方法 の説明でした。

元々、「自動的にスクリーンショットを結合してくれる」という触れ込みでアプリを使ってみましたが、実際は手動で調整しないと、スクリーンショット画像間の結合部分が不自然な状態になってしまいます。

手動による画像の結合は慣れるまで時間がかかるため、最初はじっくり作業する必要がありますが、画面全体を撮影できる貴重なアプリです。

ぜひ、お試しあれ。

Android使い方
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント