Android Wearで特定アプリの通知を無効にし スマートフォン上では表示させる方法

スポンサーリンク

AndroidスマートフォンとAndroid Wearをペアリングして使っていると、たまに不要な通知までAndroid Wear上に表示されるケースがあります。

もちろん、Androidスマートフォン側で通知をオフにすればAndroid Wear上にも表示されなくなりますが、「スマートフォンにだけ表示されるようにしたい!」というニーズもあるでしょう。

そこで本記事では、Android Wearで特定アプリの通知を無効にしつつ、スマートフォン上では当該アプリの通知を表示させる方法を紹介します。

photo by Kārlis Dambrāns

スポンサーリンク

Android Wearで特定アプリの通知を無効にする方法

手順①:「Android  Wear」アプリの設定へ

まず、Android WearとペアリングしているAndroidスマートフォン側で「Android Wear」アプリを開き、右上歯車アイコンより設定へ進みます。

手順②:アプリの通知をブロック

次に、「全般」にある「アプリの通知をブロック」へ進むと、現在Android Wear上でブロック(=非表示)となっているアプリ一覧が表示されます。

続いて、中央下にある「+」アイコンをタップすると、Androidスマートフォンにインストールされたアプリ一覧画面となるので、この中からAndroid Wear上で通知を非表示としたいアプリを選びます。

例えば「Gmail」をAndroid Wearで通知を非表示としたいアプリに選んだ。

以上で完了。選択したアプリの通知はAndroid Wear上で表示されなくなります。

補足:ブロックを解除する方法

ちなみに、Android Wear上で通知を非表示として指定したアプリは、同じく「アプリの通知をブロック」設定より解除もできます。

解除したいアプリを一覧より選び、右側にある「☓」ボタンをタップすると、再び通知がAndroid Wear上で表示されるようになります。

〆:うまく通知をコントロールしよう!

以上、Android Wearで特定アプリの通知を無効にし スマートフォン上では表示させる方法 の說明でした。

Android Wearは通知があると腕元で光るため、近くにいる人に見られるリスクもあり、アプリによっては通知を表示させたくない場合があります。

本記事の内容を参考に、うまくAndroid Wearとスマートフォンの通知をコントロールしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい