誰でもできる! Android Wearでスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮るカンタンな方法

スポンサーリンク

スマートウォッチ、使っていますか?

関連記事

[Android Wear] ボクが3年以上スマートウォッチを使い続ける理由! メリット/デメリットまとめ

ボクはずっとAndroid WearMoto 360を愛用していますが、たまにブログ執筆の関係でスマートウォッチ画面上のスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮影する機会があります。

そこで本記事では、Android Wearにおけるスクリーンショットの撮り方を紹介します。

photo by Maurizio Pesce

スポンサーリンク

Android Wearでスクリーンショットの撮り方

手順①:Android Wearアプリを操作する

まず、Android Wearとペアリングしているスマートフォン側の操作で、「Android Wear」アプリを起動します。

Android Wear - 時計

Android Wear – 時計
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

本記事では、Android版「Android Wear」アプリを用いて說明をしています。

続いてアプリトップ右上のアイコンをタップ。

表示される項目のうち「ウェアラブルで画面ショットを撮る」を選択すると、現在Android Wearで映っている画面がスクリーンショットとして残ります。

あくまで「Android Wear画面で現在表示されている内容」がスクリーンショットとして撮影されます。従って、もしAndroid Wearがスリープモードとなり暗くなっていたら、黒い画像が撮影されてしまいます。

手順②:撮影した画像の保存先を選択する

スクリーンショットの撮影が行われると、スマートフォン側の画面に「スクリーンショットのリクエストを送信しました」と表示されます。

その後、通知バーに「ウェアラブルにスクリーンショット完…」と出るので、タップ後に保存先を選択できます。

表示される一覧には、スマートフォンのローカルフォルダを選択できなかったため、スクリーンショットの仕様として下記のようになっているかもしれません。

①スマートフォンでAndroid Wearにスクリーンショット撮影の要求を出す

②Android Wear側で画面撮影の処理を実行

③撮影された画像がAndroid Wear上からインターネット経由でクラウドサーバーへ保存

例えばボクの場合、普段から画像ファイルをまとめて「Google フォト」で管理しているため、Android Wearのスクリーンショット画像も「Google フォト」へアップロードしています。

後は保存先にて、撮影したAndroid Wearのスクリーンショット画像を確認できます。

逆にいえば スマートフォンがないとキャプチャも撮影できない

以上の通り、Android Wearのスクリーンショットを撮影する際は、ウォッチ側で操作は不要で、一貫してスマートフォン側の操作で完結します。

この仕様は便利な面もありますが、つまりAndroid Wearはスマートフォンがないと画面キャプチャさえもできない、ともいえます。

別記事でも記載していますが、この点がまさにスマートウォッチ共通の弱点となります。

関連記事

スマートウォッチの欠点まとめ! 3年以上使い続けるボクのAndroid Wearに対する不満点

アプリの操作も含め、もっとスマートウォッチ単体で機能するようになれば、もっと市場が拡大して普及が進むと思っているのですが・・・。

関連記事

なぜスマートウォッチの普及は遅いのか? 致命的な弱点だと感じる理由を考えてみた

〆:Android Wearでぜひ試してみよう!

以上、誰でもできる! Android Wearでスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮るカンタンな方法 の說明でした。

ボクはMoto 360に関する記事を執筆する際に、Android Wear画面上の画像が欲しいことが多いので、多用してます。

Android Wearをお持ちの方は、ぜひお試しあれ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい