OSバージョンが古い or 台数が複数のスマホ通知を 1台のスマートウォッチで確認する方法

スポンサーリンク

スマートウォッチをお使いでしょうか?

世の中で流通しているスマートウォッチはApple社の提供する「Apple Watch」か、Google社の提供する「Android Wear」かに大別される機種が大半ですが、ボクはAndroid Wearに該当する「Moto 360」というスマートウォッチを愛用しています。

関連記事

[Android Wear] ボクが3年以上スマートウォッチを使い続ける理由! メリット/デメリットまとめ

ただ、これらスマートウォッチには下記2点の欠点があり、通常だと使い方に制約が出てきます。

スマートウォッチ1台につき管理(ペアリング)できるスマートフォンは1台まで

ペアリングできるスマートフォン側のOSバージョンに制限あり

そこで本記事では、これら2点の欠点をスマートフォンの自動化アプリとして有名な「IFTTT」を応用することで解決する方法を紹介します。

普段スマートウォッチを使っていて、同様の悩みをお抱えの方は、ぜひご覧あれ。

photo by Kārlis Dambrāns

スポンサーリンク

1台のスマートウォッチで複数台の古い端末を管理!

スマートウォッチには大きな欠点がある

ボクが3年近くもMoto 360を毎日装着し続けている理由の1つが「通知を見逃さない」という点です。

関連記事

[Android Wear] ボクが3年以上スマートウォッチを使い続ける理由! メリット/デメリットまとめ

カバンの中や少し離れた机の上にスマートフォンがあっても、腕に装着しているスマートウォッチが振動してくれるので、すぐ通知に気付けます。

が、一方でスマートウォッチには欠点があり、

スマートウォッチ1台につき管理(ペアリング)できるスマートフォンは1台まで

ペアリングできるスマートフォン側のOSバージョンに制限あり

となっています。

関連記事

スマートウォッチの欠点まとめ! 3年以上使い続けるボクのAndroid Wearに対する不満点

この仕様は、Android WearでもApple Watchでも共通の悩みとなりますが、実は自動化アプリ「IFTTT」を使うことで、擬似的にはありますが解決できちゃいます。

IFTTT

IFTTT
開発元:IFTTT
無料
posted with アプリーチ

iOS 要件:9.0 以上

Android 要件:端末により異なる

さっそく下記よりその内容について説明します。

その①:複数台のスマホ通知を1台のスマートウォッチで管理

IFTTTについては、以前記事で紹介しました。

関連記事

IFTTT – 複数端末の通知を1台に統一できる! 2台持ち必須の無料自動化アプリ [レシピ / 使い方]

記事中で説明している方法で、複数端末の通知を1台に統一することで、擬似的に複数台のスマートフォン通知を1台のスマートウォッチで確認することが可能になります。

イメージ図。

例えば、IFTTTで「もしスマホ②に不在着信があれば」→「スマホ①にGmailを送信」と設定すれば、スマホ②に着信があった後、スマホ①にその旨を告げるGmailが届きます。

そして、スマートウォッチでは、スマホ①に届いたGmailをチェックできるため、「あ、スマホ②に不在着信があったんだな」とスマートウォッチ上で確認ができます。

複雑でちょっと分かりづらいですね・・・。

この方法の欠点は、リアルタイムにスマホ②に着信中の電話は通知できない、という点。あくまで、不在着信があった旨を後から確認ができる、という手法になります。

その②:OSバージョンの古いスマホ通知も管理

基本的な仕組みは上記①と同様です。

上記画像のように、OSバージョンがスマートウォッチに対応していなくとも、IFTTTと最新OSを搭載するスマートフォンを中継することで、擬似的にスマートウォッチへ通知することが可能です。

この例ではAndroidで説明していますが、iOS(iPhone / iPad)でも同様で、IFTTTがAndroidにもiOSにも対応している以上、同じ仕組で解決できます。

「IFTTT」アプリ自体にもOSバージョン制限があり、それを満たす必要はあります。

参考:iPhoneとAndroidを2台持ちしているなら

さらに、もしiPhoneとAndroidを2台持ちしている方なら、Apple WatchでAndroidの通知を確認することも「IFTTT」アプリを使ってできちゃいます。

詳しい内容は別記事を参照あれ。

関連記事

Apple WatchでAndroid端末の通知を確認する方法

〆:IFTTTは万能すぎる

以上、OSバージョンが古い or 台数が複数のスマホ通知を 1台のスマートウォッチで確認する方法 の説明でした。

記事中の通り、「IFTTT」アプリを使えば、「複数台にアプリや端末が対応してない!」や「古いバージョンに対応してない」といった壁を超えることができます。

スマートウォッチで今回のような悩みを抱えている方は、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい