[Mac] 全てのサイトをChromeアプリ化する方法! WebページのURLを追加して独自ウインドウで開こう

Google Chrome

パソコンのブラウザ「Chrome」は、よくアクセスするサイトをアプリ化する機能が搭載されます。

サイトをChromeアプリとして開くことで、まるでアプリケーション上で動くように、独立したウインドウで表示ができます。

通常はChromeウェブストアからアプリを検索・インストールするのがセオリーですが、自身で用意したURLからChromeアプリとして保存もできます。

が、対応OSは「Windows / Linux / Chromebook」となり、Mac版Chromeでは標準設定として提供されていません。

参考 Chromeウェブストアヘルプ

そこで本記事では2つの手法で、macOSでも強制的にWebページをChromeアプリとして保存する方法を紹介します。

  • openコマンドでChromeアプリ化
  • 試験機能「PWA」でChromeアプリ化

アプリが存在しないブラウザサービスで設定すると便利ですよ。

Photo by Radek Grzybowski on Unsplash

 

openコマンドでChromeアプリ化する手順

macOSのOpenコマンドを「Automator」で登録すれば、好きなサイトをChromeアプリ化できます。

まずAutomatorを起動し「アプリケーション」を選択します。

「AppleScriptを実行」をドラッグ&ドロップし、

下記コマンドで登録したいサイトURLを入力します。

do shell script "open -na 'Google Chrome' --args '--app=https://登録したいサイトURL'"

例えばWeb版twitterなら次の通り。

do shell script "open -na 'Google Chrome' --args '--app=https://mobile.twitter.com/'"

再生ボタンを押してテストしてみましょう。

目的のサイトが表示されればOK。

作成したワークフローを保存します。

保存したショートカットはAutomatorアイコンとなるため、独自の画像へ変更すると見やすくてオススメです。

Macでアプリアイコンを変える手順の詳細は関連記事【[Mac] アプリケーションのアイコンを好きな画像へ変更する方法 [macOS Sierra対応]】で解説しています。

[Mac] アプリケーションのアイコンを好きな画像へ変更する方法 [macOS Sierra対応]
せっかくMacを使っているなら、アプリケーションのアイコンを自由にカスタマイズしたいですよね? 実際、ボクはDockに表示しているアイコンは(ほぼ)すべて別画像のアイコンへ変更しています。 そこで本記事では、その方法を紹介します...

後はDockに保存したショートカットを配置すれば、通常のアプリのように独立したウインドウでサイトを閲覧できます。

Web版twitter専用アイコンを設定してDockに配置した例。

Dockにアプリを常駐させる手順の詳細は関連記事【[Mac] Dockでアプリを常に表示させる方法! 起動していないアイコンも追加しよう】で解説しています。

[Mac] Dockでアプリを常に表示させる方法! 起動していないアイコンも追加しよう
通常、Macで新たにアプリを起動すると、Dock上にアイコンが現れ、起動中は継続して表示され続けますが、アプリを閉じる(終了する)とDock上からもアイコンが消えます。 ただ頻繁に起動するアプリであれば、起動中でなくとも常にDock上...

 

試験機能「PWA」でChromeアプリ化する手順

PWA(Progressive Web Apps)とは、従来のWebサービスをブラウザ上のサイトとは別に独立したウインドウで表示する仕組みで、まるでアプリのように表示できます。

目的のWebページがPWAに対応していれば、サイトをChromeアプリ化できます。

まずChromeの試験機能よりPWAを有効にします。

次のURLをペーストし、「Desktop PWAs」を「Enabled」へ変えます。

chrome://flags/#enable-desktop-pwas

設定変更を反映するため、「RELAUNCH NOW」よりChromeブラウザを再起動します。

後は目的のサイトを開き、メニューから追加された項目「●●(ページ名)をインストール」を選択。

Web版twitterをアプリ化してみる。

アプリをインストールします。

PWA対応サイトならChromeアプリとして保存されます。

後はDockに保存したショートカットを配置すれば、通常のアプリのように独立したウインドウでサイトを閲覧できます。

Dockにアプリを常駐させる手順の詳細は関連記事【[Mac] Dockでアプリを常に表示させる方法! 起動していないアイコンも追加しよう】で解説しています。

[Mac] Dockでアプリを常に表示させる方法! 起動していないアイコンも追加しよう
通常、Macで新たにアプリを起動すると、Dock上にアイコンが現れ、起動中は継続して表示され続けますが、アプリを閉じる(終了する)とDock上からもアイコンが消えます。 ただ頻繁に起動するアプリであれば、起動中でなくとも常にDock上...

またChromeアプリとして保存されたアイコン画像も変更できます。

詳細は関連記事【[Mac] Google Chromeウェブストアで配布されるアプリのDock上アイコンを変更する方法】で解説しています。

[Mac] Google Chromeウェブストアで配布されるアプリのDock上アイコンを変更する方法
「Chromeアプリ」をご存知でしょうか? パソコン版ブラウザ「Google Chrome」向けにChromeウェブストアで配布しているアプリのことで、中にはMacのDock上に配置できるアプリまで用意されています。 ただ、通常...

 

補足:

サイトショートカットをDockに表示する方法

お気に入りのサイトをChromeアプリ化せず、単純にショートカットをDockに設定したいだけなら、ページをDockにドラッグ&ドロップするだけで完了します。

本サイトのショートカットを設置した例。

詳細は関連記事【[Mac] Dockにお気に入りサイトを配置する方法! 好きなウェブページのショートカットを作ろう】で解説しています。

[Mac] Dockにお気に入りサイトを配置する方法! 好きなウェブページのショートカットを作ろう
Macのブラウザで頻繁にアクセスするウェブサイトがあれば、ブラウザ上の「お気に入り」一覧を経由せず、Dock上からダイレクトにアクセスできたら便利ですよね。 そこで本記事では、Macで好きなウェブページのショートカットを作成し、Doc...

その他:Dock関連の豆知識まとめ

本ブログでは他にもDockのデザインや機能をカスタマイズする情報を紹介しています。

詳細は関連記事【MacのDockをカスタマイズする豆知識まとめ! macOSのドックを整理しよう】で解説しています。

MacのDockをカスタマイズする豆知識まとめ! macOSのドックを整理しよう
本ブログも記事数が増え、MacのDockにまつわる様々な情報を掲載してきました。 そこで本記事では、過去記事にしてきた「macOSのDock関連の知ってると便利な豆知識」をまとめて紹介します。 Dockの見た目をカスタマイズした...

 

〆:好きなサイトをアプリのように表示しよう!

以上、[Mac] 全てのサイトをChromeアプリ化する方法! WebページのURLを追加して独自ウインドウで開こう の説明でした。

頻繁にアクセスするサイトやブラウザ上で動くゲームサイトの場合、今回紹介したアプリ化を設定すると便利です。

またtwitterのようにMac版公式アプリが終了したサービスでも、Webページをアプリとして登録できれば今まで通り使用できます。

ぜひ、お試し下さい。

Google Chrome
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント