釧路和商市場 – 釧路で海鮮丼を食べたいならココ! 新鮮な魚介を自分で選べる勝手丼がオススメ

スポンサーリンク

先日、北海道を旅行した際、釧路を訪れました。

そこで「ぜひ海鮮丼が食べたい!」ということで、釧路名物の勝手丼を「釧路和商市場」で食したので本記事で紹介します。

スポンサーリンク

釧路和商市場 – 釧路で海鮮丼を食べたいならココ!

勝手丼とは?

まず、「勝手丼」という言葉をご存知でしょうか?

勝手丼(かってどん)とは、北海道釧路市に存在する和商市場の名物とされる丼物。
貧乏旅行中のライダーが市場を訪れた際に、懐事情を推しはかった鮮魚店の主人がライダーに市場内の総菜屋で飯のみを買ってこさせ、 その上に海産物を少しずつ載せて提供したことが発祥である。

引用 Wikipedia

以上の通り、「勝手丼」は自分好みの海鮮をご飯の上に載せていくことで完成するため、

・ご飯のみ別で購入

・具材となる海鮮類は好きなものを自由に選択

・世界に一つだけのオリジナル海鮮丼 完成!

という流れで楽しみながら食事ができる料理こそ、釧路発祥の名物「勝手丼」なのです。

今回は勝手丼を食すため、発祥の地である釧路中心部に位置する海鮮市場「釧路和商市場」へ訪れました。

まずは丼とご飯を用意

釧路和商市場へ入ってフラフラしていると、海鮮屋さんから次々に声をかけられます。

その際、お店の人から「まずは丼とご飯を用意する必要があるよ!」というアドバイスを頂きました。

市場の中にあるお店には、勝手丼専用の丼とご飯を提供してくれるお店があるので、さっそく購入。価格は200円ほど。

楽しい海鮮ネタ選び

続いて、海鮮ネタ選びですが、今回は数ある海鮮屋さんから、元気なお兄さんの声に惹かれ、「佐藤商店」を利用することに。

お兄さんのセールストークに乗せられ次々に好きな海鮮ネタを選んでいき、完成したのがコチラ。

選んだ具材は、

・サーモン

・イカ

・カニ

・イクラ

・ウニ

・ホタテ

う〜ん、まだ何かあった気がしますが、画像のように魚を盛りすぎてしまったので笑、はっきり覚えていないです。

だいたい1ネタあたり、100円〜300円ほどでした。

ネタの盛りすぎに注意・・・

勝手丼が完成したら、市場の中央に机が並べられているので、好きな席で食事ができます。

ご飯が見えないほどネタを盛りすぎてしまい、明らかに具材と飯のバランスが悪くなってしまいました・・・。

味はもちろん、とても美味しかったですが、もし多種類ネタを選ぶなら、最初にご飯を多めに用意した方が良いと思います。

〆:釧路湿原を観光する際にぜひ勝手丼も!

以上、釧路和商市場 – 釧路で海鮮丼を食べたいならココ! 新鮮な魚介を自分で選べる勝手丼がオススメ の說明でした。

釧路はもちろん「釧路湿原」を目的に訪れる人が多いと思いますが、その際にぜひ市場へ寄って勝手丼を食してみて下さい。

魚のネタは1種類100〜300円ほどなので、5〜6品+ご飯の組み合わせでも、1,500円ほどで海鮮丼を楽しむことができます。

ちなみに、「北海道で思いっきりウニ・イクラをたらふく食べたい!」という場合、勝手丼は1種類ネタあたりの量が少ないため、ウニ丼イクラ丼を出してくれるお店へ行ったほうが良いと感じます。

はぁ、記事書いてたら、また海鮮丼食べたくなってきた・・・。

スポット釧路和商市場
電話番号0154-22-3226
住所北海道釧路市黒金町13丁目25
駐車場あり ※無料
営業時間8:00-18:00 ※季節や曜日によって異なるため、要確認
定休日なし ※季節によって異なるため、要確認
Web情報公式HP:釧路和商市場
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい