国内線JAL SKY NEXT – 機内Wi-Fiサービスの感想と利用方法の説明! 気になる速度は…

スポンサーリンク

先日の旅行でJAL国内線を利用した際、JAL SKY NEXTの対象路線だったため、機内でWi-Fiサービスが提供されていました。

時間制限はありましたが、無料で利用できたため、体験してきました。

そこで本記事では、JALの機内Wi-FIサービスの紹介や、具体的な利用手順について説明します。

photo by Yogesh Mhatre

スポンサーリンク

JAL SKY NEXT – 機内でWi-Fiを使える!

JAL SKY NEXTとは?

まず、本記事で取り上げるJALの機内Wi-Fiサービス「JAL SKY NEXT」について解説します。

新しいJALの国内線のカタチ

「JAL SKY NEXT」とは、JALが「新しい国内線」を掲げるブランドネームで、

・機内インターネットサービス

・足元空間ゆったりシート

などが売りのサービスです。

参考 JAL Sky Next

導入路線は事前にチェック

JAL SKY NEXTはすべてのJAL国内線で導入されているわけではないため、事前に該当するかチェックが必要です。

参考 JAL SKY NEXT 運行路線

そしてボクも先日、JALで利用した国内線がJAL SKY NEXTの対象となっていたため、機内Wi-Fiサービスを体験することができました。

機内Wi-Fiサービスの速度と仕組み

気になる速度は・・・

アプリで測ったところ、上り 0.25Mbps下り 7.34Mbps という結果に。

ニュースアプリのチェックやメール送受信、LINEでメッセージのやり取り、などの使い方なら、十分地上と近い感覚でスマホの操作ができます。

機内WI-Fiサービスの仕組み

ちなみに、どのようにして機内Wi-Fiサービスを提供しているかというと、米国の「gogo社」の衛星通信サービスをJALが借りて、乗客へ提供をしています。

参考 Wikipedia – Gogo Inflight Internet

JALのほか、アメリカン航空やベトナム航空など、12の航空会社へすでにWi-Fiを提供しているみたいですね。

機内WI-Fiの利用方法

下記より機内WI-Fiを利用する際の、具体的なスマホ操作手順を説明します。

もちろん前提として、機内Wi-Fiサービスを利用できる、JAL SKY NEXT対象路線である必要もあります。

手順①:Wi-Fiをオンにする

飛行機に乗る際は、当然スマートフォンは「機内モード」にするため、モバイルデータ通信はもちろん、Wi-Fiも自動でオフになります。

そのため、機内Wi-Fiサービスを使う際は、一度スマホのWi-FIをオンにする操作が必要です。

ちなみに、機内モードの状態でWi-Fiをオンにすると、機内モードは解除されず継続され、Wi-Fiのみ使えるようになった状態になります。

手順②:SSID「gogoinflight」へ接続する

続いて、接続できるWi-Fi一覧に表示されるネットワーク名(SSID)「gogoinflight」を選択し、接続します(接続にPWは不要です)。

すると自動的にブラウザ上のログイン画面が表示されます(自動で表示されない場合、ポップアップをタップして手動で移動します)。

手順③:15分無料プランを選択する

ブラウザが開くと、プラン一覧が表示されるので、15分間無料プランを選択します。

手順④:Gogoアカウントを作成する

機内Wi-Fiサービスを初めて利用する場合、Gogoアカウントの作成が必要です。

手順⑤:15分限定で接続できた!

以上で下準備は完了。

Yahoo! トップページへアクセスすると、下記通り表示されました。

〆:JAL対象路線ならぜひ利用してみよう!

以上、国内線JAL SKY NEXT – 機内Wi-Fiサービスの感想と利用方法の説明! 気になる速度は… の説明でした。

まだまだ通信速度は快適とはいえない水準ですが、低速でも機内で通信できること自体に感動します。いずれ近い将来には「動画ストリーミングもOK」な時代も来るでしょう。非常に楽しみです!

JALの国内線を利用するなら、JAL SKY NEXTの対象路線である可能性が高いので、ぜひ機内Wi-FIサービスを使ってみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい