楽天スーパーポイントで楽天モバイル料金を支払う方法! お得に設定する手順と注意点まとめ

スポンサーリンク

ボクは楽天モバイルを利用中です。

関連記事

楽天モバイルのメリット/デメリットまとめ! MVNOを1年以上使って感じる格安SIMの魅力

すでに2年近く使っており、楽天スーパーポイントを楽天モバイルの利用料金に充当する設定をしています。

そこで本記事では、楽天スーパーポイントで楽天モバイル料金を支払う方法を紹介します。

お得に設定する手順と合わせて注意点をまとめていますので、ぜひご覧あれ。

photo by 楽天モバイル

スポンサーリンク

楽天ポイントで楽天モバイル料金を支払う方法!

手順①:メンバーズステーションで支払い設定へ

まず、楽天モバイルのメンバーズステーションへログインします。

ログイン 楽天モバイル メンバーズステーション

メンバーズステーションへ入ったら、下側にある「会員メニュー」内「登録情報・設定変更」項目にある「楽天スーパーポイント支払い」へ進みます。

手順②:ポイントの数を指定する

支払い方法は大きく2通りあり、

・毎月固定のポイントを指定して支払う

・全てのポイントを使って支払う

となります。

最大限、楽天モバイルの支払いを少なくしたいなら「全てのポイントを使う」がオススメです。

ボクは、毎月の楽天モバイル利用金額にバラつきが出るとイヤなので、「毎月固定のポイントを使う」としています。

また、「期間限定ポイントを使い切る」かつ「月によって充当するポイントに差が出ないようにする」の2条件に該当する数値として「500ポイント」を、固定の使用ポイントとしています。

ポイントの支払い方法が設定できたら、変更を確定させることで設定は完了となります。

参考:期間限定ポイントに注意

最後に、いくつか注意点も紹介します。

設定したポイントは翌月請求に反映

例えば10月に楽天スーパーポイントで楽天モバイルの支払い設定をした場合、11月の請求金額から設定が反映されます。

設定したポイントの変更は月末が期限

上記反映タイミングの理由より、一度設定したポイント金額の変更は、当月中なら翌月請求に間に合いますが、月をまたぐと、翌々月の請求へ反映となります。

期間限定ポイントは料金確定時期に注意

期間限定ポイントがある場合は優先して充当となるため、限定ポイントを確実に使い切るために、この設定をする人も多いでしょう。

ただし、期間限定ポイントを利用の場合、楽天モバイルの月額利用料確定時(毎月4日から10日頃)に有効期限を過ぎているポイントは失効となってしまいます。

例えば、10月に期間限定ポイントを翌月請求金額へ充当する設定をしたとします。もし期限が10月末のポイントだと、翌月請求は11月4日〜10日頃に確定するため、有効期限を超過していることとなり、期間限定ポイントを充当できなくなります。

以上より、「今月中に使い切らないといけない期間限定ポイントがある!」という場合、楽天モバイルへの充当は高い確率でポイント失効になるので、他の使い道を検討するようにしましょう。

〆:楽天ポイントが余りがちなら設定しよう

以上、楽天スーパーポイントで楽天モバイル料金を支払う方法! お得に設定する手順と注意点まとめ の説明でした。

楽天モバイルを使用していると楽天ポイントが貯まりやすくなるので「知らぬ間にポイントがたくさんあった」ということも多いと思います。

当然ポイントは使わないと意味がないので、効率的に使用するために、楽天ポイントが余りがちな方は設定することをオススメします。

ぜひ、ご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい