Apple WatchよりAndroid Wearにすべき3つの理由。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3381_10

3381_01


世間はApple Watchの話題でもちきりだが、そんな中、僕はAndroid Wearである、Moto 360を使用している。

3381_02

元々、Android端末であるXperia Z1を普段から愛用している時点で、Apple Watchという選択肢はなかったのだが、近い将来、Android Wear、Apple Watch、それぞれが、iOSとAndroid、両方に対応する可能性も十分有り得る。

そこで、僕なりに感じる、Apple Watchと比較した際の、Android Wearの魅力を記載する!

Apple WatchよりAndroid Wearにすべき3つの理由。

①:自分に合うデザインが見つかる

僕は時計の盤面は円形であるべきだと思っている。

だからこそ、数あるAndroid Wearの中から、Moto 360を選択している。

3381_03

その他にも、より本物の時計にデザインが近い、LG G Watch Rや、デザイン的には、Apple Watchに近い長方形の盤面のGalaxy Gearなどなど、多様なデザインが用意されている。

3381_04

Wearはスマホ以上に、デザインの要素の重要性が高い。だからこそ、盤面の形に関して画一的なデザインしかないApple Watchより、Android Wearの方が魅力的だと僕は思う。

②:値段が安い

Wearの市場は、始まったばかりだ。

最近になってようやくAppleが製品を投入したため、注目度が急上昇している分野だが、進化の余地はまだまだある。だからこそ、1台数万するWearを購入しても、すぐ最新機種が欲しくなるはずだ。

そのため、スマホ同様、ある程度短いスパンで買い換えることを考慮すると、端末の値段は重要な要素となる。

例えば、Moto 360はモノによっては、1台30,000円を下回っているが、Apple Watchは最安のSportタイプでも40,000円ほどする。

③:無限の可能性がある

現在はAndroid スマホとの連携が主な用途となっているAndroid Wearだが、今後さらに活躍の幅が広がる見込みがある。

例えば、家の鍵をAndroid Wearでロック解除できる技術も出ているし、近い将来、iOSデバイスとのペアリングにも対応する見込みも出ている。

スマホやタブレットの分野でも、長年AndroidとiOSの比較はされてきたが、Androidの大きなメリットは”自由度の高さ”だと僕は思う。

今後も近未来の世界をいち早く体験できる魅力があるという点が、Android Wearの強みではないだろうか。

現段階では、自分が持っているスマホのOSによって、購入できるWearの選択肢が限定されているが、もしiOSとAndroidを両方持ってる!、という方は、ぜひ参考にして頂けると嬉しい!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする