Apple WatchでAndroidの通知を確認する方法! iPhoneと2台持ちならIFTTTで対応できる

Apple Watch

スマートウォッチの代表格が「Apple Watch」と「Android Wear」ですよね。

かつてはそれぞれ、Apple WatchはiPhoneのみ、Android WearはAndroidのみ管理(=ペアリング)可能という仕様でしたが、2015年秋頃、Android WearはiPhoneにも対応しました(OSバージョン制限あり)。

参考 gihyo.jp – Android WearがiPhoneでも利用可能に

が、2017年6月現在、未だにApple WatchはAndroidに未対応のまま。Apple Watch保有者で、スマートフォンはAndroidにしたいけど、iPhoneにせざる得ない・・・、という方もきっといるはず。

そこで本記事では、擬似的ではありますが「IFTTT」アプリを使って、Apple WatchでもAndroidの通知を確認できる方法を紹介します。

条件が限定的であるため、誰でも使える手法ではありませんが、ぜひご覧あれ。

photo by Yasunobu Ikeda

 

Apple WatchでAndroidの通知を確認する方法

前提条件

本記事で紹介する方法では、次の3つの条件があります。

  • Apple Watch / Android / iPhoneを3つとも所有していること
  • iOS 9以上を搭載したiPhone 5以降のiPhoneであること
  • Android 4.0.3以上を搭載したAndroidであること

普段からiPhoneとAndroidを2台持ちしており、かつApple Watchを身に着けている、という方が対象になります。

以上を満たしていれば、Apple WatchでもAndroidの通知を確認できます。

IFTTT – Androidの通知をApple Watchで確認する設定

「IFTTT」アプリを利用します。

IFTTT

IFTTT

IFTTT無料posted withアプリーチ

アプリの基本的な使い方は、関連記事【IFTTT – 複数端末の通知を1台に統一できる! 2台持ち必須の無料自動化アプリ [レシピ/使い方]】で解説しています。

IFTTT - 複数端末の通知を1台に統一できる! 2台持ち必須の無料自動化アプリ [レシピ/使い方]
スマートフォンやタブレットを2台以上持っている場合、どの端末からでも共通のメール内容をチェックできると便利です。 ただ2台持ちの場合、メール以外にも、着信やSMSなど、あらゆる通知を1台の端末に統一して通知できれば、さらに便利...

今回は、Androidに届いた通知をIFTTT経由で一度iPhoneへ送ることで、Apple Watchで通知確認が可能になります。

イメージ図。

間にIFTTTとiPhoneを中継することで、OSの壁を突破してAndroidの通知をApple Watchでも確認できるようになります。

 

補足:IFTTT – スマートウォッチの弱点を克服する設定方法

今回紹介した「IFTTT」を使えば、スマートウォッチの弱点である次の2点を克服できます。

  • スマートウォッチ1台につき管理(ペアリング)できるスマートフォンは1台まで
  • ペアリングできるスマートフォン側のOSバージョンに制限あり

例えば、「IFTTT」を使って複数端末の通知を1台に統一することで、擬似的に複数台のスマートフォン通知を1台のスマートウォッチで確認することが可能になります。

イメージ図。

詳細は関連記事【1台のスマートウォッチでOSバージョンが古い複数台のスマートフォン通知を確認する方法】で解説しています。

1台のスマートウォッチでOSバージョンが古い複数台のスマートフォン通知を確認する方法
ボクはスマートウォッチ「Wear OS by Google(旧称:Android Wear)」の一種「Moto 360」を3年以上使用しています。 ただスマートウォッチには次の欠点があり、通常だと使い方に制約が出てきま...

 

〆:AndroidとiPhone2台持ちならアリ!

以上、Apple WatchでAndroidの通知を確認する方法! iPhoneと2台持ちならIFTTTで対応できる の説明でした。

「常にiPhoneを携帯する必要がある」というデメリットがありますが、Apple Watchの弱点を克服できます。

普段からAndroidとiPhoneを2台持ちしている方は、ぜひお試し下さい。

Apple Watch
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント