Finderを開いたとき 最初に表示されるフォルダを変更する方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2706_02

2706_01


僕は、Finderを開いた際、最初に起動するフォルダをDropboxのフォルダにしている。なぜなら、使う頻度が非常に高いからだ。

Finderを開いた際、めったに使わないフォルダより、たくさん使うフォルダをまずチェックしたいはず!

そこで今回は、Finder起動時のデフォルトフォルダを変更する方法をお伝えする!

Finderを開いたとき、最初に表示されるフォルダを変更する方法。

ステップ①:Finderを起動し、環境設定を開く

2706_03

他のアプリを起動中の場合やすでにFinderを起動している場合は、Dock上のFinderアプリを一度クリックしてから、メニューバーより環境設定へ。

ステップ②:任意のフォルダを設定して完了!

2706_04

環境設定を開いたら、上部タブより「一般」を選択。

次に、「新規Finderウインドウで次を表示:」内の項目を好きなフォルダに設定しよう。

これで完了だ!

ちなみに個人的にオススメのフォルダ設定が、デスクトップフォルダかダウンロードフォルダだ。

僕はDropboxフォルダの次に、デスクトップフォルダを訪れる。それは、ブラウザのダウンロード先フォルダをデスクトップにしているからだ。同じ理由で、ダウンロード先フォルダをダウンロードフォルダにしている人は、ダウンロードフォルダを頻繁に訪れるだろう。

そのため、新しいファイルが多くたまるのが、自然にそれらのフォルダになるため、Finderのデフォルトフォルダに設定すれば、チェックが楽になる。

その他:Finderのサイドバーに表示されるフォルダを変更

2706_05

ついでにだが、同じく環境設定より、Finder内のサイドバーに表示されるフォルダも変更可能だ。

僕は、「アプリケーション」・「デスクトップ」・「ダウンロード」・「ムービー」・「ピクチャ」・「ユーザーフォルダ」を設定している。

音楽はめったにMac内で見ないし、文書などはすべてDropbox内に保存しているので、書類フォルダも使っていないため、設定していない。

ぜひ、自分だけのFinderをカスタマイズしてみて欲しい!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする