Fluor – Macでアプリごとにファンクションキーの標準動作を設定できる無料アプリ

スポンサーリンク

Touch Barを搭載していない従来のMacでは、キーボード最上段にファンクションキーが並んでいます。

Windowsとは異なり、Macでは基本的にそれぞれの記号が示す特殊機能(明るさ変更など)として動作し、fn を押すことで標準的なファンクションキー(半角変更など)として役割を与えることができます。

fn を押す手間を省いてWindowsのように標準的なファンクションキーとして機能させる場合は「キーボード設定」から変更が可能ですが、この場合、すべてのアプリ上で設定が適用されてしまい、不便なケースもあります。

そこで本記事では、ファンクションキーを押すと、Mac独特の特殊機能か、Windows標準のファンクションキーか、どちらを動作させるかをアプリごとに設定できる無料アプリ「Fluor」を紹介します。

スポンサーリンク

Fluor – できるコトと使い方

下記より「Fluor」の使い方について說明をし、その中で合わせてアプリの機能も紹介します。

手順①:アプリを入手する

まず、「Fluor」をインストールします。

GitHubからdmgファイルをダウンロードした後、解凍してアプリケーションフォルダへ移します。

ダウンロード Fluor

アプリ起動の際、「開発元が未確認のため開けません」と出る場合は control を押しながらクリックすれば、右クリックメニューから開くことが可能です。

関連記事

[Mac] 「開発元が未確認のため開けません」を解決し Apple Storeにないアプリをインストールする方法

手順②:ファンクションキーの動作を決める

「Fluor」が起動するとメニューバーにアイコンが表示されます。

任意のアプリ上で当該メニューバーのアイコンをクリックすると専用のウインドウが表示されます。

Finder上でクリックするとこんなかんじ。

下記より基本的な操作方法を說明します。

Default mode:標準動作を変更する

「Default mode」では、標準的なファンクションキーの動作を設定できます。

アイコンが2つ並んでいますが、明るさアイコンがMac独特の「特殊機能」、f アイコンがWindows標準の「ファンクションキー」を示しています。

初期設定ではMac独特の「特殊機能」となっており、すべてのアプリ上でファンクションキーを押すと「特殊機能」として動作します。明るさ変更や音量変更などですね。

ここで「Default mode」を f アイコンとすると、Windows標準のファンクションキーとして動作させることができます。つまりわざわざ fn を押さずとも、F1、F2などのキーをWindows標準のファンクションキーとして使用できるようになります。

「Fluor」ではアプリごとにファンクションキーの役割を設定できますが、すべてのアプリで設定するのも面倒なので、「特殊機能」か標準「ファンクションキー」か、利用頻度の高い方を「Default mode」で選んでおくと良いでしょう。

アプリごとに動作を変更する

現在開いているアプリがアイコンとして表示され、その隣に並ぶアイコンを変更することで、アプリごとにファンクションキーの動作を変更することができます。

ここが「Fluor」の真価を発揮する点となりますが、「Default mode」よりアプリごとの設定が優先されるため、「基本的には特殊機能として動作させるけど、〇〇アプリだけWindows標準のファンクションキーとして動作させる」ということが実現できます。

この例だと、「Default mode」は「特殊機能」だが、Finderを開いているときはWindows標準の「ファンクションキー」として動作することを示す。

Edit rules…:アプリごとの設定一覧を表示

「Edit rules…」では変更したアプリごとの設定一覧が表示されます。

たくさんのアプリに対し、「Fluor」でファンクションキーをカスタマイズしている場合に、便利な機能となります。

Running applications…:現在適用中のアプリを表示

「Running applications…」では、先の「Edit rules…」でカスタマイズしたアプリのうち、現在「Fluor」の効果が適用されているアプリ一覧が表示されます。

要するに「Fluor」で設定したアプリのうち、現在起動中のアプリが表示される、とイメージすればOKです。

参考:「キーボード設定」から設定する手順

最後に参考として、「Fluor」などサードパーティ製アプリをインストールせずに、すべてのアプリ上でWindowsのように標準的なファンクションキーとして機能させる設定手順を紹介します。

「システム環境」から「キーボード」へ進み、

「キーボード」タブ内で「F1、F2などのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックを入れれば完了です。

以後、ファンクションキーに示される特殊機能(音量変更/明るさ変更など)を使用する場合は、fn を押しながらとなります。

ただしアプリごとに動作を変えたい場合は、やはり「Fluor」などサードパーティ製アプリを使う必要がありますのでご注意を。

〆:アプリごとにキーの役割を変えたいとき便利!

以上、Fluor – Macでアプリごとにファンクションキーの標準動作を設定できる無料アプリ の說明でした。

アプリごとにファンクションキーの役割を変える機会が多いなら、「Fluor」を使えば fn を押さずとも実行できるため便利です。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい