Macで.(ドット)から始まるファイルを表示する方法! 隠しフォルダを編集しよう

スポンサーリンク
Mac

本記事では、Macで.(ドット)から始まる隠しファイル/フォルダ表示を切り替える方法を紹介します。

以下のようなシーンで役立ちます。

  • .(ドット)から始まるファイルを編集したい
  • .(ドット)から始まるファイル/フォルダを削除したい
  • .(ドット)から始まるファイル/フォルダを作成したい

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

.(ドット)から始まる不可視ファイルを表示する方法

2パターンの方法があります。

  • ショートカットキーで切り替える
  • ターミナルで切り替える

方法①:ショートカットキーで切り替える

+ shift + . キー同時押しで、表示/非表示を切り替え可能です。

ショートカットキーで隠しファイル表示を切り替える手順1

▼通常時

ショートカットキーで隠しファイル表示を切り替える手順2

通常、.(ドット)から始まるファイルは見えない。

▼ショートカットキーで切替時

ショートカットキーで隠しファイル表示を切り替える手順3

.(ドット)から始まるファイルが出現する。

方法②:ターミナルで切り替える

ターミナルのアイコンターミナルを開きます。

ターミナルで隠しファイル表示を切り替える手順1

例えば、アプリケーション一覧より「ユーティリティ」→「ターミナル」で起動できる。

以下コマンドを実行します。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles true
killall Finder

ターミナルで隠しファイル表示を切り替える手順2

これで.(ドット)から始まる不可視ファイル/フォルダが表示されます。

ターミナルで隠しファイル表示を切り替える手順3

.(ドット)から始まるファイルが出現する。

元の非表示に戻したい場合、以下コマンドを実行すればOK。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles false
killall Finder

ターミナルで隠しファイル表示を切り替える手順4

以上、.(ドット)から始まる隠しファイル/フォルダ表示を切り替える方法でした。

表示されたファイルは、そのまま編集・削除も可能です。

.(ドット)から始まるファイルは、システム上、重要な存在であるケースも多いです。通常、ユーザーに見えることを想定していないため、安易な編集・削除は控えましょう。

 

.(ドット)から始まる秘密のフォルダを作成する方法

あらかじめ前パートの手順にそって、.(ドット)から始まる隠しフォルダを表示させて下さい。

ショートカットキーで隠しファイル表示を切り替える手順1

ショートカットキー⌘ + shift + . キー同時押しがオススメ。

ショートカットキーで隠しファイル表示を切り替える手順2

.(ドット)から始まるファイルが出現した状態になればOK。

あとは新規フォルダを作成して、名称の先頭に.(ドット)を付けるだけ。

合わせて、以下メッセージが表示されます。

“.”(ドット)で始まる名前を使ってもよろしいですか?
この名前の付いた項目は不可視ファイルとして取り扱われ、表示されなくなってしまいます。
.(ドット)から始まる秘密のフォルダを作成する手順1

.secretというフォルダを作成する例。

.(ドット)から始まる秘密のフォルダを作成する手順2

表示されるメッセージ。

普段は姿が見えない、秘密のフォルダとして使えます。

.(ドット)から始まる秘密のフォルダを作成する手順3

フォルダの中にファイルを格納すれば、同じく存在は見えなくなる。

なお以下メッセージが表示される場合、.(ドット)から始まる隠しフォルダが非表示となっています。

前パートの手順にそって、表示へ切り替えましょう。

“.”(ドット)で始まる名前はシステムだけが使用できます。別の名前を指定してください。
.(ドット)から始まる秘密のフォルダを作成する手順4

.secretというフォルダを作成する例。

.(ドット)から始まる秘密のフォルダを作成する手順5

表示されるメッセージ。

 

〆:目的に合わせて隠しファイルを取り扱おう!

以上、Macで.(ドット)から始まるファイルを表示する方法! 隠しフォルダを編集しよう の説明でした。

特にショートカットキーを使えば、簡単に不可視ファイルの表示を切り替え可能です。

ただシステム上、必要なファイルが該当するケースが多いため、よくわからないまま、削除することは控えましょう。

ぜひご参考あれ。

Mac
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました