Amazonタイムセール会場  楽天タイムセール会場
スポンサーリンク

Macのデータ通信量を確認する方法! アプリごと/SSIDごとのネットワーク状況を調べよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Mac
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本記事では、Macで発生しているデータ通信量を調べる方法を2つ紹介します。

方法特徴
①標準機能アクティビティモニタ
で確認する
  • アプリ別の通信量を表示できる
  • Dockに通信量のグラフを表示できる
②アプリBandwidth+
で確認する
  • 接続先ネットワーク(SSID)別の通信量を表示できる
  • メニューバーに通信量の値を表示できる
  • 記録したデータをcsvでエクスポートできる
とりあえずMacで発生しているトータル通信量を確認したいなら1がオススメです。接続先ネットワーク別に把握したいなら、2をどうぞ。

それぞれ順番に解説します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Macのデータ通信量を確認する方法

説明の流れ
  • 説明①
    アクティビティモニタでデータ量を調べる方法
  • 説明②
    アプリBandwidth+でデータ量を調べる方法
  • 説明③
    参考:通知センターからデータ通信量を確認する方法
  • 説明④
    参考:MacのWi-Fi設定に関わる便利な情報まとめ

方法①:アクティビティモニタでデータ量を調べる

Mac標準機能アクティビティモニタのアイコンアクティビティモニタを使えば、パソコンを起動してからのデータ通信量をチェックできます。

現在までのデータ量を表示する

アプリケーション一覧の ユーティリティ よりアクティビティモニタのアイコンアクティビティモニタを開きます。

アクティビティモニタでMacのデータ量を調べる手順1

ネットワーク タブで「受信 / 送信データ量」が表示されるので、この合計値がMacで通信をした総データ量となります。

  • 受信したデータ:ダウンロード(下り)のデータ量
  • 送信したデータ:アップロード(上り)のデータ量

アクティビティモニタでMacのデータ量を調べる手順2

この利用状況は電源を入れてからの総量となり、Macを再起動するとリセットされます。

もし一定期間のデータ量を測りたければ、再起動して計測スタート時の値をゼロにすればOKです。

アプリごとのデータ量を表示する

「プロセス名」を見れば、アプリごと発生している通信量を確認できます。

アクティビティモニタでMacのデータ量を調べる手順3

「送受信バイト数」でソートをかければ、通信量の多いアプリを探すことも可能です。

Dockに通信量のグラフを表示する

メニューバー 表示Dockアイコンネットワークの使用状況を表示 にチェックを入れれば、

アクティビティモニタでMacのデータ量を調べる手順4

Dock上アクティビティモニタのアイコンアクティビティモニタのアイコンが、毎秒のデータ送受信量グラフに切り替わります。

アクティビティモニタでMacのデータ量を調べる手順5

メモリはないため具体的な数値は確認できませんが、データ量が急増した際にひと目で気づけます。

アクティビティモニタのアイコンアクティビティモニタでは他にも、CPUやメモリ使用状況まで詳細に調査できるので、Macをメンテナンスしたいシーンで活躍しますよ。

参考 Appleサポート – Macでアクティビティモニタを使う方法

方法②:アプリBandwidth+でデータ量を調べる

サードパーティ製アプリBandwidth+のアイコンBandwidth+を使えば、メニューバーからデータ通信量のチェックができます。

‎Bandwidth+
‎Bandwidth+
Developer:Harold Chu
Price:Free

接続先ネットワークごとのデータ量を表示する

メニューバーに現在までの通信量の値が表示され、クリックすると接続先ネットワーク(SSID)別に次の情報を把握できます。

  • ↓:ダウンロード(下り)のデータ量
  • ↑:アップロード(上り)のデータ量
  • ↑↓:総データ通信量
アプリBandwidth+でMacのデータ量を調べる手順1

✓の付いたSSIDが現在接続中のネットワークを示す。

この利用状況はBandwidth+のアイコンBandwidth+を起動してからの総量となり、リセット でゼロに戻せます。

アプリBandwidth+でMacのデータ量を調べる手順2

メニューバーに表示される情報を変更する

環境設定 へ進めば、

アプリBandwidth+でMacのデータ量を調べる手順3

一般 タブにてメニューバーに表示する情報を切り替え可能です。

デフォルトでは アップロードとダウンロード が設定されています。
アプリBandwidth+でMacのデータ量を調べる手順4

例えば速度(bytes/秒)を選ぶと、メニューバーに現在の通信速度が表示される。

またMac再起動後にBandwidth+のアイコンBandwidth+が自動で立ち上がるように、 ログイン時に自動起動する にチェックを入れると便利です。

記録したデータをcsvでエクスポートできる

環境設定月間 タブで エクスポート を実行すれば、記録したデータ量の数値をcsvファイルとして抽出できます。

アプリBandwidth+でMacのデータ量を調べる手順5

このようにメニューバーから素早くデータ通信量をチェックできるので、頻繁に確認したいならBandwidth+のアイコンBandwidth+はオススメですよ。

参考:通知センターからデータ通信量を確認する方法

サードパーティ製アプリMONITのアイコンMONITを使えば、通知センターからデータ通信量のチェックができます。価格は370円(2020年5月現在)。

‎MONIT
‎MONIT
Developer:Tildeslash
Price:¥370

インストール後、通知センターで 編集 を開き、

MONITで通知センターからMacのデータ通信量を確認する手順1

追加するアプリとしてMONITのアイコンMONITを選びます。

MONITで通知センターからMacのデータ通信量を確認する手順2

これで通知センター上で、MONITのアイコンMONITによる5つの情報が表示されます。

  • CPU
  • Memory
  • Disk
  • Battery
  • Network

このうち Network をクリックすると、通信データ量と速度を確認できます。

  • Upload:アップロード(上り)の速度
  • Download:ダウンロード(下り)の速度
  • Total Uploaded:アップロード(上り)の総データ量
  • Total Downloaded:ダウンロード(下り)の総データ量

MONITで通知センターからMacのデータ通信量を確認する手順3

そのほか、CPUMemory などの項目もクリックすれば、アクティビティモニタのアイコンアクティビティモニタにある詳細な情報を表示可能です。

MONITで通知センターからMacのデータ通信量を確認する手順4

参考:MacのWi-Fi設定に関わる便利な情報まとめ

本ブログではほかにもMacのWi-Fi設定に関わる便利な情報をたくさん掲載しています。

例えば接続履歴のあるWi-Fiのネットワーク(SSID)は、キーチェーンアクセスのアイコンキーチェーンアクセスよりパスワードを調べることができます。

接続履歴のあるMacのWi-Fiパスワードを表示する方法

Macで過去接続したWi-Fiパスワードを確認する方法! macOSの保存済みネットワークを解析しよう
この記事では、Macで過去接続したWi-Fiパスワードを調べる方法を解説します。標準機能「キーチェーンアクセス」より確認できます。そのほか、macOSのWi-Fi設定に関わる便利な情報を説明しています。

このようなMacのWi-Fi設定に関わる情報は、関連記事【[Mac] Wi-Fi機能関連の便利な豆知識まとめ! macOSのネットワーク設定を使いこなそう】で解説しています。

[Mac] Wi-Fi機能関連の便利な豆知識まとめ! macOSのネットワーク設定を使いこなそう
本ブログでも過去、MacのWi-Fi設定に関わる便利な豆知識を色々と紹介してきました。 昨今では自宅や会社以外でも、カフェや公共施設など様々な場所でWi-Fiへ接続する機会が増える中、パスワード管理やテザリング設定、ネットワーク稼働状...

 

〆:Macで使っているデータ通信量を把握しよう

以上、Macのデータ通信量を確認する方法! アプリごと/SSIDごとのネットワーク状況を調べよう の説明でした。

macOSでは様々な手段でデータ通信量を把握できます。

モバイル回線やWi-Fiルーターの契約プランの決める参考値にもなるので、知ってると便利ですよ。

ぜひ、ご参考下さい。

スポンサーリンク
Mac
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました