Macでアプリを旧バージョンにダウングレードする方法! macOSでApp Storeの古いソフトをTime Machineで復元しよう

Mac

App Storeから入手したMacのアプリは、基本的に古いバージョンへダウングレードできません。

ただ「Time Machine」でバックアップしていれば、元のバージョンへ戻せる可能性があります。

そこで本記事では、その方法を紹介します。

アプリを旧バージョンとすることで開発者のサポート範囲外となり、予期せぬ不具合が発生する恐れもあります。十分ご注意下さい。

photo by FHKE

 

スポンサーリンク

Time MachineでMacアプリをダウングレードする方法

前提条件を確認する

「Time Machine」でMacアプリをダウングレードする方法には前提条件があります。

  • 普段からTime Machineでバックアップしていること
  • 遡れる旧バージョンには限度があること

普段からTime Machineでバックアップしていること

今回の手法では、過去「Time Machine」でバックアップしたアプリを、その当時のバージョンへ戻すことができます。

そのため、普段からデータバックアップをしている必要があります。

遡れる旧バージョンには限度があること

あくまで「Time Machine」で記録されている範囲内で、アプリを旧バージョンへ戻せる手法となります。

そのため、特に最近インストールしたアプリに関して、自身が使い始める前の旧バージョンへダウングレードはできません。

以上2点の前提条件を踏まえた上で、下記より手順を紹介します。

記事中では、Mac向けエディタアプリで有名な「CotEditor」をダウングレードするケースを例に說明をしています。

手順①:Time Machineに入る

通常の手順でメニューバーより「Time Machine」へ入ります。

普段外付けHDDなど外部記憶媒体にバックアップをとっている場合、バックアップドライブ環境を整えてから実行をします。

アプリを最近アップデートしたばかりで、直近まで使っていた旧バージョンへ戻したい場合は、Mac本体に保存されているローカルスナップショットより「Time Machine」へ入ることでも代用できる可能性があります。

ローカルスナップショットの詳細は、関連記事【[Mac] 外出先でTime Machineから復元する方法! ローカルスナップショットでタイムマシンを利用できる】で解説しています。

[Mac] 外出先でTime Machineから復元する方法! ローカルスナップショットでタイムマシンを利用できる
ボクは外付けHDDでMacのデータをTime Machineへバックアップしています。 ただMacBook Airを使っているので外出先で利用する機会が多く、常に外付けHDDを携帯しているわけではありません。 そのような...

手順②:旧バージョンのアプリを探す

「Time Machine」上でアプリケーションフォルダを開き、旧バージョンのアプリを探します。

例えば、本記事を執筆している2017年2月現在「CotEditor」のバージョンは3.1.5となっているので、

これを何らかの理由で「バージョン3.1.1に戻したい!」というシチュエーションを想定します。

この場合、「CotEditor」のバージョン3.1.1を使用していたであろう時期に目星を付け、

2016年11月30日のバックアップデータを開いてみる。

アプリケーションフォルダにある「CotEditor」で「情報を見る」を開き、

その当時のバージョンを確認する作業を繰り返します。

手順③:旧バージョンへ復元する

該当のバージョンのアプリを見つけることができれば、後は復元作業(=ダウングレード)を行うだけ。

右クリックメニューより「復元」を選択し、

復元先のフォルダを求められるので、デフォルトのまま「アプリケーション」フォルダで設定します。

次に置き換えに関するダイアログが表示されるので、現在のアプリ(=最新バージョン)と置き換えます。

後はログインパスワードを入力すればダウングレードは完了です。

しっかり旧バージョンとなっています。

参考:最新バージョンへ戻す方法

ダウングレードした旧バージョンを現在の最新バージョンにしたい場合、通常の手順でMac App Storeからアップデートすることで戻ります。

 

補足:Macと外部記憶媒体の便利な情報まとめ

本ブログではほかにも、Macと外部記憶媒体に関わる情報を記載しています。

例えばiTunesを使ってiOS(iPhone / iPad)のバックアップを作成すると、バックアップデータはパソコンの内部ストレージへ保存されるのが通常です。

が、「ターミナル」で指定コマンドを入力して新しいシンボリックリンクを作ることで、擬似的にバックアップを外部記憶媒体で保存できるようになります。

[Mac] 外付けHDDにiTunesのiPhoneバックアップを作成する方法! 保存先を変更してストレージ空き容量を増やそう
iPhoneはiTunesを使ってパソコンへバックアップできますが、バックアップデータはパソコン側の内部ストレージへ保存されるため、容量圧迫の要因となります。 特に昨今のiOSはストレージ量が128GBや256GBと大きい傾向があるた...

このような情報はまとめて関連記事【Macで外部ストレージを上手に使う豆知識まとめ! 外付け記憶媒体(HDD/USBメモリ/SDカード)とmacOSを連携しよう】で解説しています。

Macで外部ストレージを上手に使う豆知識まとめ! 外付け記憶媒体(HDD/USBメモリ/SDカード)とmacOSを連携しよう
本ブログでも過去、Macで外部ストレージを使用する際の豆知識を色々と紹介してきました。 Macbookシリーズだと、スペックによってはストレージが少ない(例:64GB / 128GB)欠点があるため、外付けHDDやUSBメモリ等、外部...

 

〆:現バージョンに問題があれば試してみよう!

以上、Macでアプリを旧バージョンにダウングレードする方法! macOSでApp Storeの古いソフトをTime Machineで復元しよう の說明でした。

アプリをアップデートすると思わぬ不具合が発生し、元のバージョンへ戻したい、というケースが多々あります。

Time Machineで普段からバックアップしていれば、カンタンにダウングレードすることができるので、ぜひお試しあれ。

Mac
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント

  1. 匿名 より:

    操作方法が分からないんですけど、教えてください