Macで新しくインストールしたスクリーンセーバーを削除する解除方法

Mac使い方

Macには様々な無料スクリーンセーバーが用意されています。

色々試すのは面白いのですが、いずれ全く使わなくなるスクリーンセーバーも出てきます。そんな時、スクリーンセーバーをどうやって削除すればよいか、悩んだ方もいるのではないでしょうか?

そこで本記事では、Macで新しくインストールしたスクリーンセーバーを削除する方法を紹介します。

 

Macでスクリーンセーバーを削除する方法

Macでスクリーンセーバーを削除する方法は大きく2種類あり、下記よりそれぞれ說明します。

 

方法①:ディレクトリから直接削除する

1つ目の方法が、スクリーンセーバーファイルが入っているディレクトリへ直接アクセスし、ファイルを削除するという手段です。

Finder上で shift +  G を押すか、メニューバーから「移動」→「フォルダへ移動…」と進み、

スクリーンセーバーが入っている下記ディレクトリをコピー&ペーストします。

~/ライブラリ/Screen Savers

するとスクリーンセーバーファイルが入ったフォルダが表示されるので、

削除したいスクリーンセーバーを選びゴミ箱に入れればOK。

 

方法②:システム環境設定から削除する

2つ目の方法が、「システム環境設定」にあるスクリーンセーバーの設定より削除するという手段です。

「システム環境設定」→「デスクトップとスクリーンセーバ」へ進み、

デフォルトのスクリーンセーバーのほか、新しくインストールしたスクリーンセーバーも一覧で表示されるので、削除したいスクリーンセーバーを選び、右クリックメニューより「削除」をクリックすればOK。

原因は不明ですが、スクリーンセーバーによっては右クリックメニューが表示されず削除できないこともあります。その場合は方法①のディレクトリから直接削除する手段を実施下さい。

 

補足:Macでオススメなスクリーンセーバー

本ブログでもMac向けでオススメなスクリーンセーバーを記事にしています。

iOS Screensaver for OS X」はiOSのロック画面風のスクリーンセーバーを表示できます。

関連記事

iOS Screensaver for OS X – MacでiPhone風ロック画面を再現する無料スクリーンセーバー

Watch OS X」はApple Watch風のスクリーンセーバーを表示できます。

関連記事

Watch OS X – MacディスプレイをApple Watch風デザインにする画面スクリーンセーバー

WebViewScreenSaver」は好きなウェブサイトをスクリーンセーバーとして表示できます。

関連記事

WebViewScreenSaver – Macでスクリーンセーバーに好きなウェブサイトを表示できる!

それぞれ詳細は関連記事で紹介しているので、合わせてどうぞ。

 

〆:スクリーンセーバーを一度整理しよう!

以上、Macで新しくインストールしたスクリーンセーバーを削除する解除方法 の說明でした。

まったく使っていないスクリーンセーバーが大量に残っているなら、これを機にぜひ一度整理してみて下さい。

お試しあれ。

Mac使い方
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント