WebViewScreenSaver – Macでスクリーンセーバーに好きなウェブサイトを表示できる!

スポンサーリンク

もしお気に入りのウェブサイトがあり、毎日チェックしているなら、いっそのことスクリーンセーバー画像として設定すると良いかもしれません。

そこで本記事では、Macで好きなウェブサイトをスクリーンセーバー上で表示できるSAVERファイル「WebViewScreenSaver」を紹介します。

スポンサーリンク

WebViewScreenSaver – 好きなサイトを設定できる!

下記より「WebViewScreenSaver」の使い方とその特徴について、順番に解説しています。

手順①:SAVERファイルを入手する

まず、SAVERファイル「WebViewScreenSaver」をMacにインストールします。

ダウンロード GitHub.com – WebViewScreenSaver 2.0

zipファイルをダウンロード後に解凍し、SAVERファイルをインストールします。

手順②:ウェブサイトを設定する

インストールできたら「デスクトップとスクリーンセーバ」を開き、「WebViewScreenSaver」の「スクリーンセーバのオプション」へ進みます。

デフォルトでは「Google」トップが設定されているので、URLをダブルクリック。

編集できるようになるので、スクリーンセーバーに表示したい好きなウェブサイトのURLを入力します。

以上で設定は完了です。

好きなウェブサイトがスクリーンセーバーになる

さっそくスクリーンセーバーを起動すると、当ブログトップ画面が表示されるようになりました。

パスワード入力画面もこの通り。

設定した多くのウェブページで、なぜか背景が黒くなってしまいました。原因は不明・・・。

ウェブサイトをスクリーンセーバーにする以上、頻繁にページが更新されるサイトの方が、スクリーンセーバー起動の度に内容が変わるため面白くてオススメです。

例えばオフィス版Yahoo! トップページを設定すれば、最新ニュースをスクリーンセーバー起動の度にチェックできるようになります。

参考:その他のオススメスクリーンセーバー

Mac向けのユニークなスクリーンセーバーは様々あり、本ブログでも過去紹介してきました。

iOS Screensaver for OS X

MacのスクリーンセーバーをiOS風にしたければ「iOS Screensaver for OS X」がオススメです。

関連記事

iOS Screensaver for OS X – MacでiPhone風ロック画面を再現する無料スクリーンセーバー

Watch OS X

MacのスクリーンセーバーをApple Watch風にしたければ「Watch OS X」がオススメです。

関連記事

Watch OS X – MacディスプレイをApple Watch風デザインにする画面スクリーンセーバー

〆:好きなサイトをスクリーンセーバーに!

以上、WebViewScreenSaver – Macでスクリーンセーバーに好きなウェブサイトを表示できる! の說明でした。

紹介したようにニュースサイトのトップを設定すればスクリーンセーバー起動の度に最新ニュースをチェックできますし、また美しい景色を掲載しているサイトなどもオススメですね。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい