1日1食生活のススメ! 20代の社会人独身男が少食を継続している3つの理由

雑記

ボクは社会人になってから、可能な限り「1日1食」の生活を維持しています。

具体的には、朝食と昼食を抜き、夜ご飯だけを食べる生活を目指しています。

当然社会人ですので、同僚と一緒にいるときや、プライベートの時間、友人や彼女と一緒にいるときは、このルールを崩してしまう場合もあるのですが、「1日1食の原則」を守れた日と守れなかった日とで、自分の中で大きな違いを生んでいます。

そこで本記事では、ボクなりに感じている1日1食生活のメリットを紹介します。

photo by Jeremy Jenum

 

20代の社会人独身男が1日1食生活を継続している理由

メリット①:集中力が増して生産性が上がる

最も大きな理由が、1日1食生活をしていると集中力が増し、生産性が向上するという点。

食後は強烈な睡魔に襲われる(特に昼食後)

個人差ある部分ですが、ボクはご飯を食べ消化が始まると、途端にすべてのやる気スイッチがOFFになり、強烈な睡魔に襲われます。

1食生活をしている話を友人にすると、「空腹を我慢できるのがスゴイ!」と言われますが、ボクからすると「食後の睡魔を我慢できるお前の方がスゴイよ・・・」と感じてしまいます。

眠くなると全てがどうでもよくなる

睡魔がくると、仕事の最中だろうが、彼女とのデート中だろうが、集中力はゼロになり、動きがめちゃくちゃ鈍くなります。

何かもう「どうでもよくなってしまう」という状態です。仕事で必須のタスクがあっても、「明日でいいか」だったり、彼女が甘えてきても「今後にして」だったり。

つまり「食事をしないことで生産性が上がる」というより、「食事をすると普段より生産性が下がる」ので、相対的に食事をしない方が生産性が高いと感じています。

メリット②:食事の回数が減り時間節約になる

2つ目の理由が、1日1食生活により単純に食事の回数が減るため、時間節約になるという点。

朝の貴重な時間を最大限作業に使える

朝食に関しては、前日にパンや牛乳を買っておけば、食事を用意する時間自体に大きな負担はないでしょう。

ただ、それでも多少なりとも、朝の貴重なゴールデンタイムの中で、食事をする時間を無くすことで、作業をする時間に充てることができるのが魅力です。

昼食の無駄な外食を避けられる

ボクは平日はサラリーマンです。従って、お昼時に社内にいる場合、強制的に同僚と一緒に昼ゴハンを食べに外へ行く、というシチュエーションになることがよくあります。

社内に食堂がある会社は移動時間が少なく済むと思いますが、ボクの会社のようにない場合、近くの飲食店へお昼を食べに行く、という流れになり、移動時間が非常にもったいない。

なるべくお昼に用事を作ることで同僚とお昼を食べる流れをなくすようにしていますが、中々難しいのが悩みです。

メリット③:お金(食費)を節約できる

3つ目の理由が、メリット②同様に食事の回数が減るため、その分お金(食費)の節約になるという点。

朝食分と昼食分が浮く

当たり前ですが、1食しか食べないので、本来他の2食に消費していた費用が浮きます。

昼食なんかはよく外食するので、平均1日あたり700円前後の違いが出ると思いますね。

1食にかける質が上がる

逆に言えば、1食しか食べないため、その1食は非常に気を使っています。

栄養配分はもちろんですが、自分が「おいしい!」と思えるものを食べるようにしています。また、彼女や家族など、大切な人と食事をする際、1人では行かないような、ちょっとオシャレで高いお店も躊躇なく入れるようになりました。

普段食事をする回数が少ないからこそ、貴重な1回の食事に対しクオリティーを求めるため、単純に食事が楽しみになります。

惰性で適当に1日3食を繰り返すより、1日1食にして毎日こだわりを意識すると「面白さ」を追求できると感じています。

まとめ:1食という生き方もある

以上が、1日1食にこだわる3つの理由でした。

強調しておきたいのが「万人受けするライフスタイルではない」ということ。

人によっては、食後全く眠くならない方もいるでしょうし、空腹を我慢することが何より苦痛という方もいるでしょう。

ただ、生活していて思うのが、日本人は「1日3食食べないとダメだ!」と義務的に考えている人が異様に多い気がします。

「みんなそうだから」ではなく、「どうして自分は3食食べるのか」の理由を改めて見直すのもアリなんじゃないかなぁと。例えば、試しに1習慣、1日2食生活を試してみる、だったり。

 

〆:ぜひ一度1日1食生活をお試しあれ!

以上、1日1食生活のススメ! 20代の社会人独身男が少食を継続している3つの理由 の說明でした。

1日1食生活は誰でも気軽に試すことができるので、ぜひ1度体験し、カラダの変化をチェックしてみて下さい。

雑記
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント

  1. とくめいきぼう より:

    夕食のみの「1日1食健康法」を実施していると「職場で昼食を食べない」ために「職務放棄とみなされ減給処分などの冷遇をうける」、「昼食をしながら仕事の打ち合わせなども行うため不愉快扱いされ職場にいられなくなる」、「昼食を抜くため職場で仲間はずれにされる」のでいっそのこと「午前はA会社、午後はB会社のダブルワーク」などの苦労が発生。
    「午前と午後でダブルワーク」のため「非正規のパートで働く時間もお昼に移動時間が必要なため労働時間が6時間から7時間しか働けない短時間勤務となり収入は普通の人より少ない苦労を抱える」。夕食のみの「1日1食健康法」を実施するためには「労働時間が短くなる」、「お昼に別の会社に移動する時間が発生する」、「午前と午後で別会社でのダブルワークのため正社員につけない」など「大変苦労します」。「健康を手に入れるには大変な試練を受けなければなりません」。厚生労働省が「いい加減な健康法」の「1日3食」を強制し「ごはんを残してはいけません」と洗脳することで「世間のみんな」から「1日1食実施者」は「非国民扱いされ大変苦労しています」。「1日3食」は権力者が「お金儲け」の目的でつくった「システム」で「健康を考えていません」から「病院」ができたのです。「1日1食」は風当りが大変強く、「厚生労働省の敵」ですが、「少数派の支持者が1人でも存在する限り」「生存できるよう」に「社会システムを作ってください」。「昼食を抜く」ことで「正午になるといやがらせを受けることをさける」ため「午前中はA会社で勤務して、午後はB会社で勤務するダブルワーク」をするため「職場を2つに分ける必要がある点」と「お昼の移動時間が余分に発生する点」で「8時間勤務が難しくなり6~7時間勤務となる点」、「正社員になれず非正規で働くしかなくなる点」、「給料が非正規で少なくなる点」を考慮してほしい。
    「日本では権力者の敷いたレールからはみ出す者がどれだけ苦労するか」、「権力者のシステムが合わない者がどれほど苦労するか」を真剣に考えてくださいね。「一様の社会づくり」が「どれだけの人を苦しめているか」も。「~をしなければならない」が「いかに迷惑か」を。「自殺大国ニッポン」を作っているのは「様々な制度、規則、法律」なのかもしれませんね。「偉そうに規則に従いましょう」と言っているが「規則」こそ「最大の悪」かもしれませんね。「東京大学名誉教授」の「加藤寛一郎先生」のあり難い著書「1日1食減量道」、読んでみてください。「1日3食」は「病気をつくるもの」。「がん」は「病ダレ」に「口が3つ」。「1日3食」が「癌の原因」、「病気の原因」と「先人」が伝えています。

  2. とくめいきぼう より:

    日本人の食事に不足しているものはカルシウムと果物です。カルシウムを多く含む食品は「チーズ」、「豆腐」です。ヨーロッパ人はチーズとワイン(果物が原料)を食べ高伸長。日本人はカルシウム不足で低身長。1日1食にチーズとワイン(果物でもよい)を追加すると抜群の健康法かつ美容効果アップ。カルシウムは1日600mg程度摂取する必要があるらしい。

  3. 改革 より:

    日本では個人主義者は村八部なんですよ。学校教育、会社の社員教育で1日3食を強制される。街角インタビューなどで1日2食と回答すればすかさず1日3食食べなければいけないでしょと説教される。日本は権力者のたくらみからはずれた者を非国民扱いします(弾圧される)。最近1日1食で有名なタモリさんがNHK番組で「1日2食食べている」と発言していましたが、権力者から弾圧を受け発言を強制されていることがリアルにわかります。30年以上1日1食を行ってきたきたのがタモリさんですから。この国は個人主義を認めない国です。日本は優秀な外国人に植民地にされ、個人主義の国に変わった方が幸せになれる。優秀な個人主義の外国人に日本に移住していただき日本を個人主義の国に変えてほしい。

  4. 不幸 より:

    日本人は「1日3食食べないとダメだ!」と義務的に考えているのではなく、権力者から「1日3食食べないとダメだ!」と強制されるのが事実です。歯向かうと様々な嫌がらせがまっています。「みんなそうだから」ではありません。みんなを権力者の言う通りの型にはめることこそがこの国の教育なのです。そもそも強制的に戦争に出兵させるための兵隊を育成するために「学校」ができ「学校教育」が始まったのです。戦争教育です。従わない人を捕まえ弾圧するために「警察」ができました。これがこの国(日本)の正体です。この国では本当の自由(幸福)はありません。優秀な外国人が日本に住みつき個人主義に変えてください。この国に生まれたことが最大の不幸です。