SwitchがWi-Fiに繋がらないエラー原因まとめ! 任天堂スイッチの無線LANが弱くアクセスポイントと接続が切れる対策

Nintendo Switch

Nintendo Switch(任天堂スイッチ)では、本体のバージョンアップやオンライン対戦などでインターネット環境が必要で、持ち運びが便利な無線LAN(Wi-Fi接続)設定をしている方も多いでしょう。

参考 Nintendo Switch サポート – 無線インターネット接続設定

ただ、なぜかエラーが発生し、Wi-Fiに繋がらないケースがあります。

そこで本記事では、SwitchでWi-Fiに繋がらない主な原因をまとめて紹介します。

同様の問題で悩んでいる方は、ぜひどうぞ。

photo by James Sarmiento

 

スポンサーリンク

Switchで無線LANの調子が悪い原因まとめ

SwitchでWi-Fiにうまく繋がらない場合、次の点に原因があるかもしれません。

  • アクセスポイントが遠い
  • アクセスポイント設定と相性が悪い
  • DNS設定に問題がある
  • 機器やサーバーでエラーが発生している

下記より順番に解説します。

アクセスポイントが遠い

次の点で悩んでいる場合、アクセスポイント(例:自宅のWi-Fiルーター)とSwitchが離れているのが原因かもしれません。

  • Switchにアクセスポイントが表示されない
  • Wi-Fiの接続ができない
  • Wi-Fiの接続が切れる / 速度が遅い

任天堂の公式サポートでも「2~3mの距離が理想」と掲載されているので、可能な限りアクセスポイントと近づけて下さい。

ネット上ではSwitchのWi-Fi接続試験の結果が多数報告されており、スマートフォンと比較してWi-Fiの感度(電波をキャッチする力)が悪い傾向があるようです。

「スマートフォンでは問題なく繋がる距離」でも「Switchでは繋がらない距離」かもしれません。

またSwitchはスリープ状態になるとWi-Fi接続が切れる仕様があるため、スリープ解除後はまずアクセスポイント近くまで移動して接続し、その後Switchを遊びたい位置まで移動するのが良さそうです。

参考:TVモードで接続している場合

Switchには3種類のプレイモードがあります。

  • TVモード:ゲーム画面をテレビに映して遊ぶ
  • テーブルモード:本体をテーブルなどに置いて遊ぶ
  • 携帯モード:本体を持って遊ぶ

参考 Nintendo Switch サポート – プレイモードと接続方法

このうち、普段からTVモードで接続をしていると、テレビの位置によっては、どうしてもアクセスポイント(Wi-Fiルーター)へ近づけるのが難しいこともあるでしょう。

この場合の解決策は2点あります。

  • 長いHDMIケーブルを使う
  • Wi-Fi中継機を使う
長いHDMIケーブルを使う

Switch純正の付属HDMIケーブルの長さは”1.5m”なので、もっと長いケーブル(例:3m)を購入すればSwitch本体とアクセスポイントを近づけることが可能です。

Wi-Fi中継機を使う

2階建の家など、異なるフロアにアクセスポイント(Wi-Fiルーター)が設置される場合、Wi-Fi中継機を購入すれば、擬似的にSwitch本体とアクセスポイントを近づけることが可能です。

参考:有線接続にするのもアリ

LANケーブルでルーターと有線接続できるのが一番の理想です。

Switchのドックには有線LANの端子がないため、USB端子に有線LANアダプターを接続する必要があります。

参考 Nintendo Switch サポート – 有線インターネット接続設定

参考:そのほか障害物を取り除こう

Switchとアクセスポイント(Wi-Fiルーター)の正常な接続を妨げる障害を取り除いて下さい。

  • Switchとアクセスポイントの間にある障害物を撤去する
  • 周囲で電子レンジやコードレス電話を使用しない
  • 周囲でWi-Fi機器を使用しない

参考 Nintendo Switch サポート情報 – 電波強度・品質の改善

アクセスポイント設定と相性が悪い

次の点で悩んでいる場合、アクセスポイント(例:自宅のWi-Fiルーター)の設定とSwitchの相性が悪いかもしれません。

  • スマートフォンでは問題ないのにSwitchでは接続できない

具体的なチェックポイントです。

  • アクセスポイントの暗号化方式に対応していない
  • アクセスポイントがステルス状態になっている

アクセスポイントの暗号化方式に対応していない

セキュリティを守るため、Wi-Fiには様々な暗号化方式が存在します。

代表的な暗号化方式

  • AES方式
  • TKIP方式
  • WEP方式

参考 BUFFALO – 無線LAN暗号化について

このうち、Switchは「TKIP方式」に非対応であるため、「WPA(TKIP)」や「WPA2(TKIP)」などには接続できません。

参考 Nintendo Switch サポート情報 – アクセスポイントが表示されない

特にアクセスポイントを選択すると「このネットワーク設定には対応していません。」と表示されるなら、これが原因の可能性が高いです。

この場合の解決策として、別の暗号化方式(例:WPA2(AES))のアクセスポイントに接続して下さい。

アクセスポイントがステルス状態になっている

アクセスポイントがステルス化されていると、Switchの「見つけたネットワーク」に表示されません。

【アクセスポイントのステルス化とは?】 – 悪意ある第三者から不正アクセスを防ぐため、アクセスポイント(SSID)を非公開にする技術のこと。

この場合、ステルス状態のアクセスポイントのSSIDを直入力して接続します。

「インターネット設定」で「手動で設定」へ進み、

必要情報(SSID / パスワード)を手動入力します。

また、セキュリティ上許容できるのであれば、アクセスポイント(Wi-Fiルーター)側の設定で、ステルス化を解除して下さい。

参考:アクセスポイントの帯域/チャンネルが混雑しているかも

アクセスポイントの設定では、ほかにも「帯域」・「チャンネル」という要素があります。

参考 ELECOM – Wi-Fiの帯域について

周囲の環境によって、帯域やチャンネルが混雑していると速度低下の要因となります。

使用しているインターネット接続機器(Wi-Fiルーター)によって、手動で変更できるためお試し下さい。

参考:アクセスポイントのWi-Fi規格が古いかも

技術の進化により、Wi-Fiには複数の規格が存在します。

代表的な規格

  • 11b
  • 11g/a
  • 11n
  • 11ac

参考 I-O DATA – 無線LAN規格の違い

規格によって最高通信速度が異なり、例えば11acは古い規格と比較して10倍以上速い特徴があります。

参考 BUFFALO – 次世代高速Wi-Fi規格「11ac」とは

もしお使いのWi-Fiルーターが古い場合、最新のWi-Fi規格「11ac」に対応したWi-Fiルーターを購入すれば速度が改善するかもしれません。

DNS設定に問題がある

次の点で悩んでいる場合、Switch側のインターネット設定のDNS(Domain Name System)に問題があるかもしれません。

  • Wi-Fiの接続ができない
  • Wi-Fiの接続が切れる / 速度が遅い

この場合の解決策は2点あります。

  • DNSを自動設定に戻す
  • 一時的に別のDNSサーバーへ接続する

DNSを自動設定に戻す

もし接続先のアクセスポイントでDNSを手動設定している場合、自動設定として下さい。

「設定」→「インターネット」より「インターネット設定」へ進みます。

Switchで利用しているSSID(ネットワーク名)を選び、

「設定の変更」へ。

設定項目一覧より「DNS設定」を開き、”手動”からデフォルトの”自動”へ切り替えます。

この状態で事象が改善されるか確認して下さい。

一時的に別のDNSサーバーへ接続する

接続先のアクセスポイントでDNSをすでに自動設定としている場合、一時的に別のDNSサーバー(Google Public DNS)を指定して下さい。

「DNS設定」を開き、デフォルトの”自動”から”手動”へ切り替えます。

「優先DNS」を開くと、

DNS入力画面となるので、下記に変えて下さい。

  • 優先DNS:008.008.008.008
  • 代替DNS:008.008.004.004

「保存する」を選択後、事象が改善するか確認します。

もし改善された場合、使用中のインターネットサービスプロバイダのDNSサーバーに問題が発生している可能性があります。

公式HPなどで障害情報について確認して下さい。

参考 Nintendo Switch サポート情報 – 一時的なDNS設定の変更

機器やサーバーでエラーが発生している

ここまで紹介した内容で改善しない場合、一時的な機器側のエラーや、システム側の障害が原因かもしれません。

  • Switch本体にエラーが発生している
  • Wi-Fiルーターにエラーが発生している
  • 任天堂のオンラインシステムにエラーが発生している

Switch本体にエラーが発生している

Switch本体のエラーを解消するため、次の2点をお試し下さい。

  • Switchを再起動する
  • Switchのソフトウェアバージョンをアップデートする
Switchを再起動する

Switch本体上部の「電源ボタン」を長押しします。

表示されるメニューから「電源オプション」→「再起動」と選択します。

Switchのソフトウェアバージョンをアップデートする

「設定」→「本体」から「本体の更新」と進み、

アップデートがある場合、「本体を更新する」を選びます。

Wi-Fiルーターにエラーが発生している

インターネット接続機器(例:Wi-Fiルーター)のエラーを解消するため、次の2点をお試し下さい。

  • インターネット接続機器を再起動する
  • インターネット接続機器のファームウェアを更新する

任天堂のオンラインシステムにエラーが発生している

任天堂のオンラインシステムがシステムダウンしている可能性があります。

公式の「ネットワークメンテナンス情報・稼働状況」にて、現在の障害発生状況を確認して下さい。

そのほか:エラーコードが画面表示される場合

もし画面にエラーコードが表示されている場合、

エラーコード「2110」の例。

Q&Aをさがす」で検索窓にエラーコードを入力すれば、解決策が掲載されているかもしれません。

もしエラーコードを検索しても掲載がない場合、任天堂のオンラインお問い合わせ窓口へ直接問い合わせる方法もあります。

 

〆:Switchで快適にインターネットを楽しもう!

以上、SwitchがWi-Fiに繋がらないエラー原因まとめ! 任天堂スイッチの無線LANが弱くアクセスポイントと接続が切れる対策 の説明でした。

うまくWi-Fiに接続できない原因は様々ですが、「Switchとアクセスポイントの距離」が原因であるケースをよくみかけます。

同様のお悩みをお持ちであれば、記事中で紹介した手順をご参考下さい。

Nintendo Switch
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント