YouTubeでスペースキーのスクロール機能を無効にし 再生/一時停止のみ有効にする方法

スポンサーリンク

PCでWebブラウザを見ているとき、スペース を押すと基本的にはページのスクロールダウンが実行されますが、YouTubeページでは動画の再生・一時停止として機能します。

ただ、たまにYouTubeページでも スペース を押すとページのスクロールダウンが実行され、再生・一時停止とならなかった経験はありませんか?

状況によって、スクロールダウンする場合と再生・一時停止する場合とで分かれると、操作している中で非常に面倒です。

そこで本記事では、YouTubeで スペース のスクロール機能を無効にし、再生/一時停止のみ有効にする方法を紹介します。

photo by eGuidry

スポンサーリンク

YouTubeでスペースキーのスクロールを無効にする方法

今回紹介する方法では、ブラウザでユーザースクリプトを使用するための拡張機能やアドオンをインストールし、YouTubeでのみ スペース のスクロール機能を無効にします。

【ユーザースクリプト】 – 特定のウェブサイトやページにおいて、表示や機能の拡張等を行うためのスクリプトの総称のこと。

参考ブログ 風柳メモ

そこで本記事では、Google ChromeFirefoxを例に、ユーザースクリプトを使った方法を記載しています。

今回の方法は、ユーザースクリプトを使用するための拡張機能やアドオンに対応していないブラウザでは使うことができません。

具体的には、Google ChromeとFirefoxは代表的なユーザースクリプトを動かす拡張機能やアドオンがあるため、本記事でも取り上げていますが、もし使っているブラウザがSafariやIE(Edge)である場合、まずは別途ユーザースクリプトを動かす手段を探す必要があります。

手順①:拡張機能やアドオンを入手する

まず、ブラウザの種別ごとにユーザースクリプトを動かすための拡張機能やアドオンをインストールします。

インストール Google Chrome – Tampermonkey

インストール Firefox – Greasemonkey

手順②:ユーザースクリプトを追加する

続いて、インストールした拡張機能やアドオンに下記ユーザースクリプトをコピー&ペーストで追加します。

例えばGoogle Chromeの「Tampermonkey」の場合、「新規スクリプトを追加…」にスクリプトをペーストする。

追加後、Firefoxの場合はブラウザの再起動が必要です。

以上で準備は完了です。

手順③:YouTubeページでスペースキーを押してみる

さっそくYouTubeページを表示して、スペース を押してみるとスクロールダウンが無効となっています。

例えばGoogle Chromeの場合、「Tampermonkey」のスクリプトが有効になっていると分かる。

もちろん、YouTube以外のWebサイトでは スペース は通常通りスクロールダウン機能が有効となっているため、追加したユーザースクリプトによりYouTubeでのみ機能が無効化されていることになります。

〆:YouTubeでスペースキーの誤動作を無くそう!

以上、YouTubeでスペースキーのスクロール機能を無効にし 再生/一時停止のみ有効にする方法 の說明でした。

今回の方法では、ユーザースクリプトによって強制的にYouTube上で スペース のスクロールダウン機能を無効にしているため、キー操作による誤動作を無くすことができます。

ぜひ、お試しあれ。

参考ブログ addictivetips

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい