iPhoneでYouTube動画を速度調整する方法! 倍速/スロー再生で視聴しよう

スポンサーリンク
YouTube

本記事では、iPhoneのYouTube動画を速度調整(倍速/スロー)する方法を解説します。

記事後半では、次の情報も紹介しています。

  • 2倍以上(3倍速/4倍速)の再生速度にする方法
  • 0.05刻みで細かく再生速度を微調整する方法

自分の好きなスピードに変更したい方は、ぜひどうぞ。

記事中ではiPhoneを例に説明しますが、iPadも同様です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneでYouTubeの速度を調整する方法

通常の速度変更であれば、YouTube公式アプリで実現できます。

‎YouTube
‎YouTube
開発者: Google LLC
金額: 無料+

YouTubeのアイコンYouTubeで視聴したい動画を表示して、メニューのアイコンメニューへ進みます。

iPhoneでYouTubeの速度を調整する手順1

動画内を軽くタップして(左)、赤枠の歯車アイコンを開く(右)。

再生速度 から好きなスピードを選びます。

0.25倍速〜2倍速まで、0.25間隔の8段階で調整できます。
  • 0.25倍速
  • 0.5倍速
  • 0.75倍速
  • 標準
  • 1.25倍速
  • 1.5倍速
  • 1.75倍速
  • 2倍速
iPhoneでYouTubeの速度を調整する手順2

(左)再生速度 (右)好きなスピードにチェックを入れる

 

YouTube速度を細かくカスタムする方法(2倍以上/0.05間隔)

以下のようなニーズがある場合、残念ながらYouTube公式アプリで実現できません。

  • 2倍以上(3倍速/4倍速)の再生速度にしたい
  • 0.05刻みで細かく再生速度を微調整したい

代わりの方法として、ショートカットアプリのアイコンショートカットアプリとSafariのアイコンSafariを組み合わせた手順を紹介します。

‎ショートカット
‎ショートカット
開発者: Apple
金額: 無料

こちらのリンクより、作成済みショートカット「再生速度カスタム」を入手してください。

YouTube速度を細かくカスタムする手順1

(左)ショートカットを追加する (右)ショートカット一覧に表示される

次にSafariのアイコンSafariで、ブラウザ版YouTubeを開きます。

https://www.youtube.com/」を長押しで、新しいタブで開いてください。

YouTube速度を細かくカスタムする手順2

(左)リンクを長押し (右)新規タブで開く

SafariのアイコンSafariでYouTubeのアイコンYouTubeサイトが開くので、視聴したい動画を表示して共有アイコン共有メニューへ進みます。

YouTube速度を細かくカスタムする手順3

(左)YouTubeトップページ (右)速度を変えたい動画で共有メニューを開く

ショートカット「再生速度カスタム」をタップして、好きなスピードを選びます。

デフォルトでは、2.5倍速〜5倍速まで、0.5間隔の6段階で調整できます。なお速度をカスタマイズすることも可能です(詳細は後述)。
ショートカット「再生速度カスタム」が表示されない場合、SafariのアイコンSafari以外のブラウザ(例:ChromeのアイコンChrome)で開いていないか確認してください。
YouTube速度を細かくカスタムする手順4

(左)ショートカット「再生速度カスタム」 (右)好きなスピードにチェックを入れる

ここで初回のみ、以下メッセージが出て先に進めない場合があります。

"WebページでJavaScriptを実行"を実行できませんでした
このショートカットは、アクションがスクリプティングアクションで、"ショートカット"のセキュリティ設定でスクリプティングアクションの実行が許可されていないため、実行できません。

YouTube速度を細かくカスタムする手順5

設定のアイコン設定アプリを開き、ショートカット詳細 より、スクリプトの実行を許可オンのアイコンオンにします。

YouTube速度を細かくカスタムする手順6

(左)設定アプリを下にスクロール (右)ショートカット

YouTube速度を細かくカスタムする手順7

(左)詳細 (右)スクリプトの実行を許可

改めてショートカット「再生速度カスタム」を実行しましょう。

初回のみ以下メッセージが出るので、許可 してください。

"再生速度カスタム"に"youtube.com"へのアクセスを許可しますか?

YouTube速度を細かくカスタムする手順8

ショートカットの完了マーク完了マークが出ればOK。

YouTube動画の再生スピードが変化していれば、成功です。

元の速度(1.0倍速)に戻したい場合、ページを更新してください。
YouTube速度を細かくカスタムする手順9

(左)完了マークが出る (右)YouTubeの再生スピードが変化する

また自分の好きな速度を追加することも可能です。

ショートカットアプリのアイコンショートカットアプリで「再生速度カスタム」の編集画面を表示、リストに「新規項目を追加」します。

YouTube速度を細かくカスタムする手順10

(左)赤枠をタップ (右)新規項目を追加

設定したいスピードを、数字で入力します。

例えば「6倍速」を新設したい場合、”6.0″と入力します。
YouTube速度を細かくカスタムする手順11

6.0と1.05を追加した例

これでショートカット「再生速度カスタム」を実行すると、追加したスピードを選択できます。

2倍以上(3倍速/4倍速)の再生速度や、0.05刻みで細かく再生速度を調整可能です。

YouTube速度を細かくカスタムする手順12

 

補足:YouTubeで動画を10秒先へ進む/戻る方法

YouTube公式アプリで動画再生中、画面内をダブルタップすると早送り/巻き戻しが可能です。

操作内容 ダブルタップする場所
10秒先へ早送り 動画の画面”右”側
10秒前へ巻き戻し 動画の画面”左”側
連続でタップすれば、10秒先・20秒先・30秒先・・・と、動画を早送りor巻き戻しできます。

▼10秒早送りする方法

YouTubeで動画を10秒先へ進む/戻る方法1

(左)赤枠あたりをダブルタップする (右)動画が10秒進む

▼10秒巻き戻す方法

YouTubeで動画を10秒先へ進む/戻る方法2

(左)赤枠あたりをダブルタップする (右)動画が10秒戻る

スマートフォンの小さい画面だと、シークバーを動かす操作が難しいため、このワザを知ってると便利ですよ。

 

〆:YouTubeを倍速再生でサクサク視聴しよう!

以上、iPhoneでYouTube動画を速度調整する方法! 倍速/スロー再生で視聴しよう の説明でした。

2倍速までの調整であれば、YouTube公式アプリで簡単に実現できます。

2倍速以上、または0.05単位で微調整したい場合、ショートカットアプリのアイコンショートカットアプリとSafariのアイコンSafariを組み合わせた手順をどうぞ。

なお、このショートカット「再生速度カスタム」は、YouTube以外の動画サイト(例:ニコニコ動画/TikTok)にも反映されます。

興味があれば、合わせてお試しあれ。

参考 YouTubeヘルプ – YouTube動画の再生速度を速くする/遅くする

参考 Appleサポート – iPhoneまたはiPadの「ショートカット」の「WebページでJavaScriptを実行」アクションを使う

YouTube
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました