[iOS] iPhoneで撮影した写真がぼやける! カメラのピントが合わない原因と解決策

スポンサーリンク

iPhoneのカメラで写真撮影をすると、写真がぼやけていたり、ピントが上手く合っていないケースがあります。

そこで本記事では、そのような症状の原因と解決策を説明します。

iPhoneのカメラを起動しても真っ暗で撮影できない症状でお悩みの方は、下記記事を参照あれ。

関連記事

[iOS] iPhoneのカメラを起動しても真っ暗で撮影できない原因と解決策

本記事ではiPhoneを想定して執筆していますが、iPadでも手順は同様です。

photo by Technobezz

スポンサーリンク

iPhoneのカメラがぼやける/ピントが合わない

iPhoneのカメラアプリで撮影した写真がぼやけていたり、ピントが合っていない場合、主な原因として、「人為的なミス」か「iPhone側のハード面・ソフト面に原因があるか」の2種類が候補となります。

解決策①:そもそも間違った撮影の仕方をしていないか

iPhone側の問題ではなく、利用者側の問題として、そもそもiPhoneカメラアプリの撮影方法が間違っていないか、確認してみて下さい。

例えば、iPhoneは基本的に、画面中央の物体にピントを自動で合わせますが、画面上の被写体をタップすることで、ピント調整をすることもできます。さらに画面上でロングタップすることで、「AE/AFロック機能」が働き、ピントと明るさが意図的に固定されます。

かなりざっくりとした説明ですが、上記の通り、画面のタップでピントは変化する仕様となっています。

意図せず間違ったピント調整をしていないか、振り返ってみて下さい。

解決策②:カメラレンズに汚れが付着していないか

人為的なミスが原因でない場合、iPhone側の原因を疑ってみます。

まず、iPhoneのカメラレンズ部分に汚れやシミの付着はないでしょうか?

特に多いのが、電話中などで意図せずカメラレンズ部分に指があたり、指紋などでレンズが汚れてしまうケース。この状態で写真を撮ろうとすると、レンズの汚れが原因で、綺麗な写真を残すことができなくなります。

写真がぼやけたりピントが合わない症状が出た際は、iPhoneのレンズを拭くなどして、綺麗にしてみて下さい。

解決策③:カメラレンズ自体にキズなど異常はないか

同じく、iPhoneのカメラレンズ側の原因として、レンズにキズがあったり、内側に不純物が残っていたり、など、レンズ自体に異常がないでしょうか?

例えば、意図せずカメラレンズを爪で引っ掻いてしまったり、水に落としたことでレンズ内側に不純物が残ってしまったり、などが想定できます。

この場合は、個人的に解決することが困難であるケースが多いので、Apple Storeなど、専門の修理業者に診断してもらうことをオススメします。

解決策④:金属製ケースや磁気レンズなど アクセサリを装着していないか

最後の想定原因として、iPhoneに金属製のケースや、取り外し可能な磁気レンズなど 、アクセサリを装着していないでしょうか?

これらのアクセサリは、iPhone内部の画像処理に関わる機能に悪影響を与える可能性を秘めています。

一度、ケースや外付けレンズを外した状態で写真撮影をしてみて、症状の改善が見られるか確認して下さい。

それでも解決できない場合…

以上1〜4の方法で解決ができない場合、最後の手段としてiPhoneを初期化して改善がないか確認して下さい。

関連記事

スマートフォンやタブレットの個人情報を完全に消去する方法まとめ [iPhone/iPad/Android]

「初期化の方法が分からない または 初期化したくない」という方は、Apple公式サポートへ連絡することで解決できるかもしれません。

それぞれお試しあれ。

〆:実は撮影方法に問題があるケースも多い

以上、[iOS] iPhoneで撮影した写真がぼやける! カメラのピントが合わない原因と解決策 の説明でした。

記事中で取り上げた画面タップでピントを調整する方法など、iPhoneのカメラアプリは独特の操作方法があるため、もし思い通りの写真を撮影できない場合、ぜひご参考にして下さい。

お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい