Amazonタイムセール会場  楽天タイムセール会場
スポンサーリンク

iPhoneを強制初期化する方法まとめ! パスコードを忘れた/電源が入らないiOSを復元しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク

万が一、iPhoneのパスコードを忘れたり、電源が入らなくなった場合、本体を強制的に初期化するしかありません。

大きく「パソコンを使う手順」と「iCloudを使う手順」に分別でき、環境によって最適な強制初期化方法は異なります。

そこで本記事では、iPhoneを強制初期化する方法をまとめて紹介します。

「パスコードを忘れた」・「電源が入らない」iOSデバイスがあれば、ぜひご覧あれ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneを強制初期化する方法まとめ

iOSには大きく5種類の初期化方法があります。

  1. 「設定」から初期化する
  2. iTunesの「復元」から初期化する
  3. 「リカバリーモード」で強制初期化する
  4. 「DFUモード」で強制初期化する
  5. iCloudの「iPhoneを探す」で遠隔初期化する

それぞれ特徴がありますが、ざっくり次のような分類になります。

  • 通常の初期化→1と2
  • 強制初期化→3と4と5

今回取り上げるような下記ケースに該当する場合、1と2のような通常の初期化は実施できない、または実施しても効果がありません。

  • パスコード(画面ロック)を解除できない
  • 機能制限パスコードを解除できない
  • 電源が入らない
  • iTunesでデバイスが認識されない / リカバリモードであると表示される
  • Appleロゴが数分間画面に表示されたままで進行状況バーが表示されない
  • 「iTunesに接続」画面が表示される

そのようなケースで有効なのが、3・4・5の強制的に初期化する方法です。

それぞれ前提条件や効果が異なりますが、ざっくり次のような基準で選べばOKです。

3・4・5すべての条件を満たせない場合、Appleストアなど修理拠点で強制初期化を依頼するしかありません。詳細は後述しています

それぞれ順番に解説します。

「リカバリーモード」で強制初期化する

「リカバリーモード」とはApple公式の機能で、パソコンのiTunesを使ってiPhoneの不具合を修正できます。

リカバリーモードを実施する際の前提条件です。

  • iTunesをインストールしたパソコンがあること
  • iPhoneとパソコンを繋ぐLightningケーブルがあること
  • iPhoneが手元にあること

「iPhoneの画面が反応しない/固まった」など予期せぬトラブル時にリカバリーモードで解決できるケースが多いです。

リカバリーモード中はiPhoneの画面にiTunesが表示される。

詳細は関連記事【iPhoneでリカバリーモードに入る方法! 復元/アップデートでiOSの初期化や不具合解消をしよう】で解説しています。

iPhoneでリカバリーモードに入る方法! 復元/アップデートでiOSの初期化や不具合解消をしよう
iPhoneで不具合が発生したり、パスコードが分からず強制初期化が必要になった場合、「リカバリーモード」で解決できます。 「リカバリーモード」とはApple公式の機能で、パソコンのiTunesを使って下記のような不具合を修正できます。...

DFUモードで強制初期化する

「DFUモード」もリカバリーモード同様に、パソコンのiTunesを使ってiPhoneの不具合を修正できます。

【DFUモードとは?】 – Device Firmware Update(デバイス・ファームウェア・アップデート)の略で、iPhoneのOSを強制的にアップデートさせる際に起動するモードのこと。

リカバリーモードもDFUモードもiTunesを介してiPhoneを強制的に初期化する特徴は変わりませんが、大きな違いとして「DFUモード」はAppleが公式に公開している手法ではない、という点があります。

そのため、何らかのバグが発生してもAppleから保証を受けられない可能性もあり、リスクを承知の上実行する必要があります。

一方、両方法はiPhoneを初期化する仕組みが微妙に異なり、リカバリーモードがiPhone内部にある起動プログラム(=ローダー)を機能させてiTunesと接続するのに対して、DFUモードはこの起動プログラムを使わず、iTunesと強制的に接続させる方法となります。

そのため、iPhoneの起動プログラム(=ローダー)に不具合がある場合に、「DFUモード」なら初期化に成功するケースというのが存在します。

DFUモード中はiPhoneの画面が暗転する。

詳細は関連記事【iPhoneでDFUモードに入る方法! iOSをiTunesで復元して強制的に初期化しよう】で解説しています。

iPhoneでDFUモードに入る方法! iOSをiTunesで復元して強制的に初期化しよう
iPhoneで不具合が発生したり、パスコードが分からず強制初期化が必要になった場合、「DFUモード」で解決できます。 そこで本記事では、iPhoneでDFUモードに入る基本的な方法を紹介します。 iOSの初期化や不具合解消に役立...

iCloudの「iPhoneを探す」で遠隔初期化する

iCloudの機能「iPhoneを探す」を使って、遠隔からiPhoneを強制初期化できます。

主にこのようなトラブル発生時に有効です。

  • パスコード(画面ロック)を解除できない
  • 機能制限パスコードを解除できない
  • iPhoneを紛失した/盗まれた
  • 強制初期化時にiOSバージョンをアップデートしたくない

iPhoneを探すを使う際の前提条件です。

  • 対象のiPhoneでiCloud「iPhoneを探す」を有効にしていること
  • iCloudにログインするApple IDとパスコードを覚えていること

紛失(盗難)したiPhone以外にも手元に他のiOSデバイスがあれば、アプリをインストールします。

‎iPhoneを探す
‎iPhoneを探す
Developer:Apple
Price:Free

また手元に他のiOSデバイスがない場合は、パソコンやタブレットなどを使って、ブラウザ上でiCloudへアクセスし「iPhoneを探す」操作画面を開けばOKです。

サイト iCloud.com

アプリ版・ブラウザ版はどちらも操作方法はほぼ同様で、例えばブラウザ版なら、まずブラウザ版iCloudサイトへアクセスし、iPhone側でログインしているiCloudアカウントでログインします。

なお、Apple IDの2ファクタ認証を設定している場合、確認コードの入力も求められます。

ログイン後、「iPhoneを探す」をクリック。

「すべてのデバイス」より管理しているApple製品一覧が出るので、今回初期化したいデバイスを選択します。

もし一覧に初期化したいデバイスが表示されない場合、そのデバイスでそもそもiCloudを設定していないか、iCloudでログインしているApple IDが異なっています。

そして「iPhoneを消去」を選択し、

「消去」を選ぶと、遠隔で初期化ができます。

「リカバリーモード」や「DFUモード」を使った方法と違い、iOSバージョンもそのまま維持できます。

「iPhoneを探す」のより詳細な情報は、関連記事【「iPhoneを探す」の使い方! 紛失/盗難時にiCloudから遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法】で解説しています。

「iPhoneを探す」の使い方! 紛失/盗難時にiCloudから遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法
もしiPhoneを紛失した場合、個人情報を守るために遠隔でロックや初期化が必要ですが、Apple製品の場合、iCloudの標準機能iPhoneを探すを使ってカンタンに次の機能を操作できます。 地図上で位置を表示する 音を...

 

そのほかiPhoneを強制初期化する方法

少し特殊ですが、iPhoneを強制的に初期化する方法はほかにもあります。

  • Appleストアで強制初期化する(PCがない方向け)
  • パスコードを10回連続で間違えて強制初期化する(要事前設定)

それぞれ順番に解説します。

Appleストアで強制初期化する(PCがない方向け)

次の2点どちらにも該当する場合、Appleストア直営店またはApple正規サービスプロバイダに相談して、強制初期化を代行してもらう必要があります。

  • パソコンを持っていない
  • 「iPhoneを探す」を使えない

または、パソコンを持っている友人がいれば、一時的に借りてiTunesを使わせてもらう選択肢もあります。

参考 Appleサポート – iPhone、iPad、iPod touchのパスコードを忘れた場合や、デバイスを使用できないというメッセージが表示された場合

パスコードを10回連続で間違えて強制初期化する(要事前設定)

あらかじめ設定しておけば、画面ロックのパスコードを10回連続で間違えたら、自動で強制初期化させる機能を使えます。

「設定」→「パスコード」より、「データを消去」をオンにすればOK。

iPhoneの画面ロックは、5回以上連続してパスコードを間違えると、一定時間再入力ができないセキュリティ機能が搭載されます。

具体的には、次のメッセージがロック画面に表示されます。

  • ●●(デバイス名)は使用できません。●分後にやり直してください

間違えた回数が増えるにつれ、再入力までのインターバル(間隔)が長くなります。

  • 5回連続で失敗:1分間パスコードを再入力できない
  • 6回連続で失敗:5分間パスコードを再入力できない
  • 7回連続で失敗:15分間パスコードを再入力できない
  • 8回連続で失敗:15分間パスコードを再入力できない
  • 9回連続で失敗:60分間パスコードを再入力できない

iPadの画面ロックで5回連続パスコードを間違えたケース。

そして10回連続でパスコードを間違えると、(画面にダイアログなど何も表示されず)自動的に強制初期化が実行されます。

今後、強制初期化が必要なシーンに遭遇しても、パソコン不要で実行できる点がメリットです。

今回紹介した事前設定を有効にしていない場合、10回連続でパスコードを間違えると「iPhoneは使用できません。iTunesに接続」というメッセージが表示され、強制初期化しないと復旧できなくなります。

詳細は関連記事【「iPhone / iPad / iPodは使用できません。iTunesに接続」原因と復旧する解決方法 [iOS]】で解説しています。

「iPhone / iPad / iPodは使用できません。iTunesに接続」原因と復旧する解決方法 [iOS]
この記事では、「iPhoneは使用できません。iTunesに接続」となる原因と復旧方法を解説します。実際にリカバリーモードで強制初期化する手順を例に説明しています。

 

強制初期化後のアクティベーションロックについて

本記事では(特殊な手順も含め)5つの強制初期化方法を紹介しました。

  1. 「リカバリーモード」で強制初期化する
  2. 「DFUモード」で強制初期化する
  3. iCloudの「iPhoneを探す」で遠隔初期化する
  4. Appleストアで強制初期化する
  5. パスコードを10回連続で間違えて強制初期化する

それぞれ前提条件や効果が異なりますが、共通する仕様として強制初期化後に「アクティベーションロック」がかかってしまいます。

アクティベーションロックとは?

「アクティベーションロック」とは、iCloudの「iPhoneを探す」機能の一部で、iOS 7から「紛失・盗難」対策として導入されました。

「iPhone を探す」には、「アクティベーションロック」という機能があります。iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch を紛失したり盗まれたりしても、第三者に使われないように保護するしくみです。アクティベーションロックは、「iPhone を探す」をオンにすると自動的に有効になります。

引用 Apple – 「iPhone を探す」のアクティベーションロック

「アクティベーションロック」がかかってしまうと、iPhoneでサインイン中の「Apple IDとパスワード」を入力しない限り一切使用できなくなります。

初期設定画面から先に進めないため、基本的な機能(例:電話 / ブラウザ)含め何も操作できません。

アクティベーションロックがかかるケース

この「アクティベーションロック」がかかるケースは、次の2条件を同時に満たしたときです。

  1. iCloudの「iPhoneを探す」をオンにした状態で
  2. iPhoneを強制的に初期化した

1はデフォルト設定となるため、ほとんどの方が普段から有効にしているでしょう。

「アクティベーションロック」を回避するには、この「iPhoneを探す」を事前にオフにする必要があります。が、強制初期化を実行するシチュエーションではそのような余裕がないケースが大半かと思います。

まとめ:強制初期化前に確認すること

以上より、強制初期化を実行すると、基本的に「アクティベーションロック」は避けられません。

そのため、次の2点はあらかじめ確認しておいて下さい。

  • 「アクティベーションロック」がかかる前提で強制初期化を実行すること
  • ロック解除にはサインイン中のApple IDとパスワードが必要になること

より詳細な「アクティベーションロック」の基本と解除方法について、関連記事【アクティベーションロックを解除する方法まとめ! iCloud「iPhoneを探す」をオフにしてiOS初期化後の文鎮化を回避しよう】で解説しています。

アクティベーションロックを解除する方法まとめ! iCloud「iPhoneを探す」をオフにしてiOS初期化後の文鎮化を回避しよう
この記事では、アクティベーションロックの基本と解除する方法をまとめて解説しています。iPhoneを使用できない事態を避けるために、現在の状況に合わせて最適な解決策を実施して下さい。

 

〆:強制初期化となるケースは多い

以上、iPhoneを強制初期化する方法まとめ! パスコードを忘れた/電源が入らないiOSを復元しよう の説明でした。

今回例に挙げた「パスコードを忘れた」・「電源が入らなくなった」以外にも、「機能制限パスコードを忘れた」・「脱獄(改造)したら動かなくなった」なども強制初期化が解決策となるケースとしてあります。

もしiPhoneを初期化することになれば、本記事の内容をぜひご参考あれ。

iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おるくすをフォローする
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

あっとはっく

コメント

  1. 瀬下次朗 より:

    お忙しいところ恐縮です。iphone4sでデータを消去しようとした際、誤って何度も違う番号を入力した為「iphoneは使用できません」というメッセージになりました。貴殿の記事から強制的に初期化する方法に従い試みましたが「iphoneがパスコードでロックされて、、、、」の画面になって復元できません。文中に「詳細な手順は別記事でまとめています」とありますが、どこを参照したらよいのでしょうか?ご教示頂ければ幸いです。

  2. ディバラさん より:

    手順どうりしましたができません

  3. からあげ より:

    この記事に書いてあるリカバリーモードを使用して強制再起動した場合携帯会社と契約している4Gなどの契約内容はどうなりますか?変わりませんか?

タイトルとURLをコピーしました