MacでWindowsのカット&ペーストを再現する方法。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2735_01

2735_02


Macは非常に便利で使いやすい。僕もかつてはWindowsを使っていたが、今ではMacを手放せなくなってしまった。

だが、元WIndowsユーザーとして、Macに対し不満な点の1つとして、カット&ペーストを、Windowsのように行えない点がある。

コピー&ペーストをした後、元のファイルを消すのも面倒だし、マウスやトラックパッドを使って、ドラック&ドロップするのも、あまり好きじゃない。

そんな人必見の、Macでもカット&ペーストに近いことができるようにする方法を、今回はお伝えする。

MacでWindowsのカット&ペーストを再現する方法ーその1ー。

実は、Macにも代替手段として、”Move”(=”移動”)と呼ばれるものがある。

だが、Windowsのように、⌘+X で発動できるわけではない。

以下より、”Move”の実行方法を記載する。

ステップ①:いつも通り、ファイルをコピーする。

2735_03

いつもコピーしているように、「右クリック⇒コピー」でも、⌘+CでもOKだ。

ステップ②:「オプション」キーを押し、”移動”!

2735_04

まずは、貼り付け先のフォルダへ移動しよう。

その後、右クリックをし、 Option (⌥) キー を押下。すると、”ここに項目を移動”という選択ができるようになる!

これを選ぶと、めでたく、移行先にファイルが移動し、もちろん移行元にはファイルは残っていない。これぞ、カット&ペーストだ!

ここで、「いちいち右クリックするの面倒じゃん!」と思った人、僕もそれは思った笑。

そこで、次に、キーボードでサクッと移動できる方法も記載する!

MacでWindowsのカット&ペーストを再現する方法ーその2ー。

ステップ①:華麗に⌘+C!

2735_05

今回は、画像上の「リンゴ!」を移動させる。ファイルを選択し、いつもの⌘+Cだ。

ステップ②:サクッとに⌘+⌥+V!

2735_06

あとは、移行先のフォルダ内で、⌘+⌥+Vを3つ同時に押せば、カット&ペーストを再現できる!これなら、煩わしさは少ない。

ここで、「いやいやいや、キーを3つ同時押しとか面倒!私はWindowsと同じように、⌘+Vでカット&ペーストをしたい!」と思った人、当然の如く、僕も思ったよ。

最後の手段として、サードパーティ製のソフトを使えば実は可能だ。オススメのものを以下に紹介する。

MacでWindowsのカット&ペーストを再現する方法ーその3ー。

ステップ①:『XtraFinder』をダウンロード&インストール!

2735_07

コチラのサイトより、ダウンロードして、インストールしよう!価格は無料だ。

ステップ②:『XtraFinder』を起動し、設定を調整しよう!

2735_08

『XtraFinder』を起動すると、メニューバーにアイコンが表示される。クリックし、「環境設定」を選択しよう。

いくつかタブが表示されると思うが、「機能」を選択。そして、「カット&ペースト」にチェックを入れよう。

2735_09

これで設定は完了だ!

実際に使ってみると、Windowsのように、カット選択したファイルが、透明になっている!再現性がスゴイ。

2735_10

以上3点が、カット&ペーストをMac上で再現する方法だ。

ぜひ、試してみて欲しい!

via – idownloadblog


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする