[Mac] メディア音量の出力 / 入力設定や通知音量の調整を メニューバーよりサクッと変更する方法

スポンサーリンク

Macに外部ディスプレイやBluetoothスピーカーなど、外部音量機器を接続していますか?

Mac本体だけで動画や音楽を再生すると、当然Mac内部より音が流れますが、上記外部機器に繋いでいると、Mac本体ではなく外部機器より音が出力されます。

そのため、Macと外部機器を頻繁に繋ぐ機会があると、音量の出力 / 入力設定を調整するペースが増え、その度に「システム環境設定」を開くのは面倒です。

そこで本記事では、メニューバーにある「音量アイコン」よりショートカットキーを組み合わせて、音量の出力 / 入力 設定を変更する方法を紹介します。

合わせて、Macの通知音量をメニューバーより調整する豆知識も記載しているので、ご参考あれ。

スポンサーリンク

メニューバーから音量の出力 / 入力 設定を変える方法

メニューバーの「音量アイコン」の隠れた機能

普段、Macで音量を変更する際は、キーボード上にある、音量「大 / 小 / 切」の3つを利用される人が多いのではないでしょうか。

ボクもそのタイプのユーザーなので、メニューバーにある「音量アイコン」を触れる機会は少なかったです。

ただ実は、option を押しながら、メニューバーの音量ボタンをクリックすると、音量の出力と入力を切り替える項目が表示されるようになります。

この機能を使えば、外部ディスプレイやBluetoothスピーカー接続中でも、メニューバーからサクッと設定変更ができ、便利です。

他にもいろいろ機能が隠されている!

さらにメニューバーの「音量アイコン」には様々な機能が用意されています。

例えば、「システム環境設定」を経由せず、「サウンド設定」画面へすぐに移動することができます。

また、shift を押しながらメニューバーの音量ボタンをクリックすると、Mac本体の通知音量の調整バーを表示できます。

「通知音量」とは、Macで「許可されない操作」や「必要な情報の不足」が発生した際に鳴る音で、サウンド設定画面で音の種類も変更できます。

外出先や職場など、大きな音が出ることが好ましくない環境でMacを操作する際に、メニューバーより通知音量をすぐに変更できて便利です。

〆:音量調節はメニューバーから行おう!

以上、[Mac] メディア音量の出力 / 入力設定や通知音量の調整を メニューバーよりサクッと変更する方法 の說明でした。

音量変更が多い人は、メニューバーより行うとすぐに設定ができるのでとても便利です。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい