Vanilla – Macメニューバーの常駐アイコンを非表示にする方法! サードパーティー製アプリも消せる

スポンサーリンク

Macのメニューバーにはデフォルトで表示されるWi-Fiや時刻のアイコンから、サードパーティ製アプリのアイコンまで、実に様々なアイコンが並んでいます。

そのため、不要なアイコンは非表示にするのが理想ですが、macOS標準で設定できる非表示機能はサードパーティ製アプリのアイコンに適用できないため、アプリを沢山インストールしてメニューバーが使いづらくなった方もいるでしょう。

そこで本記事では、メニューバー上に表示されるサードパーティー製アプリのアイコンを擬似的に非表示とできるアプリ「Vanilla」を紹介します。

バックグラウンドで動かしつつ、メニューバー上には表示させたくないアプリに対し有用です。ぜひ、ご覧あれ。

photo by Unai Rico

スポンサーリンク

Vanilla – 全てのメニューバーアイコンを非表示に!

macOSのメニューバーの基本

macOSのメニューバーは、command(⌘)を使ってアイコンの「並び替え」や、

時刻アイコンを並び替える例。

「削除」が可能です。

時刻アイコンを削除する例。

詳細は別記事で解説しています。

関連記事

[Mac] メニューバーのアイコン表示を変える方法まとめ! [並び替え/削除/復活(元に戻す)]

ここで、「並び替え」はサードパーティ製アプリ含め、ほぼ全てのアイコンを操作できますが、「削除」に関してはMac標準アイコン(例:Wi-Fi / Time Machine)のみ可能で、サードパーティ製アプリは消すことができない仕様となっています。

ネット上の一部サイトでは、「システム環境設定」の「ユーザとグループ」内「ログイン項目」より対象アプリの「非表示」にチェックを入れれば実現できる、という情報もありますが、

ボクの環境では、それでもメニューバー上からアイコンを非表示とすることはできませんでした。

そこで、今回紹介するMac向け無料アプリ「Vanilla」を使えば、擬似的ではありますがメニューバー上から通常では消せないサードパーティ製アプリ含め、アイコンを隠すことが可能になります。

下記よりその使い方を解説します。

Vanilla – 特徴と使い方

まず、公式サイトより「Vanilla」をダウンロードします。

ダウンロード Vanilla

dmgファイルを展開後、アプリケーションフォルダへ移してアプリを起動して下さい。

Macのセキュリティ設定によってはそのまま開けないので、「システム環境設定」より許可をしましょう。

詳しくは下記記事をご参照あれ。

関連記事

[Mac]「開発元が未確認のため開けません」を解決しApple Storeにないアプリを開く方法

メニューバー上に「Vanilla」のアイコン”>”が表示されます。

「Vanilla」には機能が拡張された有償版も存在しますが、今回紹介する内容は全て無料版で実現できます。

使い方はシンプルで、「Vanilla」の”>”と”・”の間に、隠したいアイコンを を押しながらドラッグして移動させるだけ。

例えばメニューバー上に表示される「Dropbox」アイコンで試してみます。

移動後、「Vanilla」の”>”をクリックすると折りたたまれ、「Dropbox」アイコンが見えなくなります。

同じ要領で、メニューバー上で非表示としたいサードパーティ製アプリのアイコンを全て「Vanilla」の”>”と”・”の間に移動させれば、まとめて隠すことができます。

もちろん、Mac標準アイコン(例:Wi-Fi / Time Machine)も「Vanilla」で非表示とできるため、

バックグラウンドで動かしつつ、メニューバー上には表示させたくないアプリアイコン

利用頻度は低いが、たまにメニューバー上で使いたいMac標準アイコン

に対し、非常に有用な効果を持ちます。

補足:

メニューバーやDock自体を隠すこともできる

もし特定のアイコンのみならず、メニューバー自体を隠したい場合、標準機能で設定可能です。

「システム環境設定」→「一般」と進み、

「メニューバーを自動的に表示/非表示」にチェックを入れればOK。

これで普段はメニューバーが非表示となり、カーソルを近づけると自動表示される仕様となります。

本記事で紹介した「Vanilla」を起動した状態でメニューバーを非表示とするとエラーが発生し、「Vanilla」が強制的に終了となります。

さらにmacOSでは標準機能として、「Dockを自動で隠す」設定も存在するため、

関連記事

[Mac] Dock「自動的に隠す」機能の遅延を解消する方法! 表示/非表示の反応を高速にしよう

両方とも有効にすると、デスクトップ画面をより広く使用できます。

メニューバーとDockを両方とも非表示とした場合のデスクトップ画面例。

補足:その他メニューバー関連の便利な豆知識

本記事以外にも、macOSのメニューバーをカスタマイズするワザは色々とあります。

例えば、今回取り上げたサードパーティ製アプリ以外にも、Macのメニューバー上では「Spotlight検索」と「通知センター」の「並び替え / 削除」はできない仕様となっていますが、それぞれ「ターミナル」で指定コマンドを実行したり、別途アプリを導入することで、非表示 or 無効化にできます。

メニューバー上で「Spotlight検索」を非表示にした例。

関連記事

[Mac] Spotlightアイコンを非表示にする方法! macOSメニューバーのスポットライトを消そう

関連記事

[Mac] 通知センターを完全に停止する方法! メニューバーのアイコンも無効にして受信を防止

他にも知ってると役立つメニューバー関連の情報を別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

macOSメニューバー関連の便利な豆知識まとめ! Macの機能/アイコンをカスタマイズしよう

〆:邪魔なアイコンは「Vanilla」で非表示としよう!

以上、Vanilla – Macメニューバーの常駐アイコンを非表示にする方法! サードパーティー製アプリも消せる の説明でした。

もしメニューバー上のサードパーティ製アプリのアイコンを消したい場合、当該アプリ自体を終了するしか手はありませんが、今回紹介した「Vanilla」を活用することで「バックグラウンドで動かしつつ、メニューバー上には表示させない」を実現できます。

同様の機能を持つアプリとして、他にも「Bartender 3」がありますが、当該アプリは試用期間経過後に有償となるため、無料で使える「Vanilla」がオススメです。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい