MacのキーボードでCaps Lockを無効にする方法! キャプスロックキーの設定を切り替えよう

スポンサーリンク
Mac

本記事では、MacでCapsLock(キャプスロック)キー設定を変更する方法を解説します。

以下のニーズがあれば、ぜひどうぞ。

  • CapsLockキーを無効化したい
  • CapsLockキーの入力機能を変えたい

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Caps Lockを解除する/割り当て機能を変える方法

具体的に2パターンの手順を解説します。

  1. システム設定のアイコンシステム設定の「修飾キー」から変える
  2. Karabiner-ElementsのアイコンKarabiner-Elementsアプリで変える
単純にCapsLockキーを無効化するだけなら、1がオススメです。細かい機能を割り当てたいなら、2をどうぞ。

前提:CapsLockキーとは?

CapsLock(キャプスロック)キーは、標準キーボードの左下にあります。

CapsLockキーの基本説明1

赤枠がCapsLockキー。

CapsLock キーを押すと、英字入力の大文字・小文字の切り替えが可能です。

切り替えステータスは、ランプの状態で判断できます。

ランプの状態英字入力
緑色に点灯大文字で入力(例:A)
消灯小文字で入力(例:a)
“Caps”は、Capital letters(=アルファベット大文字)の略です。これをLock(=固定)するキーなので、有効にすると大文字入力となります。
CapsLockキーの基本説明2

CapsLockキーに緑のランプが点灯した状態。

CapsLockのメリット・デメリットです。

メリットデメリット
大文字の連続入力に便利誤操作のリスクが高い

通常、大文字入力は shift キーを押しながらタイプが必要です。

その点、CapsLock キーなら押し続ける手間がないため、繰り返しアルファベット大文字をタイピングするシーンで活躍します。

一度、CapsLockをオンにすれば、あとはアルファベットをタイプするだけで、自動的に大文字となります。
CapsLockキーの基本説明3

赤枠がshiftキー。

一方デメリットとして、誤操作でCapsLockが有効になると、意図せず大文字入力となってしまいます。

特に「パスワードは正しいはずなのに、なぜか解除できない」というシーンで、実はCapsLockが原因だった、というオチはよくあります。

誤操作のリスクを減らしたい!という方は、ぜひ以降からの手順をお試し下さい。

CapsLockキーの基本説明4

パスワードで入力した文字は見えないことが多いため、特に間違えがち。

方法①:システム設定の「修飾キー」から変える

システム設定のアイコンシステム設定から「修飾キー」設定を開きます。

macOSバージョンによって、少し手順が異なります。

▼macOS Monterey以前

システム設定の「修飾キー」からCapsLock設定を変える手順1

システム環境設定より「キーボード」を開く。

システム設定の「修飾キー」からCapsLock設定を変える手順2

「キーボード」タブで「修飾キー」を開く。

▼macOS Ventura以降

システム設定の「修飾キー」からCapsLock設定を変える手順3

システム設定より「キーボード」→「キーボードショートカット」と開く。

システム設定の「修飾キー」からCapsLock設定を変える手順4

左メニューより「修飾キー」を開く。

「修飾キー」設定を表示したら、続けてCaps Lockを開きます。

システム設定の「修飾キー」からCapsLock設定を変える手順5

「アクションなし」を選べば、CapsLock機能が無効化されます。

CapsLock キーを押しても、緑のランプが点灯しません。

システム設定の「修飾キー」からCapsLock設定を変える手順6

システム設定の「修飾キー」からCapsLock設定を変える手順7

Caps Lockに「アクションなし」を割り当てた例。

その他、好きなキーを割り当てることも可能です。

例えば、CapsLock キーを押して、control キーの機能を実行できます。
特殊記号名称
Caps Lock
Control
Option
Command
fnファンクション
Esc
アクションなし

システム設定の「修飾キー」からCapsLock設定を変える手順8

システム設定の「修飾キー」からCapsLock設定を変える手順9

Caps Lockに「⌃ Control」を割り当てた例。

なお複数のキーボードをお使いの場合、キーボードごと設定が必要です。

「キーボードを選択」より切り替えましょう。

システム設定の「修飾キー」からCapsLock設定を変える手順10

システム設定の「修飾キー」からCapsLock設定を変える手順11

外付けのMagic Keyboardを設定する例。

方法②:アプリKarabiner-Elementsで変える

システム設定のアイコンシステム設定の「修飾キー」で、CapsLock キーに割り当て可能な機能は以下のとおりです。

特殊記号名称
Caps Lock
Control
Option
Command
fnファンクション
Esc
アクションなし

上記では物足りない場合、Karabiner-ElementsのアイコンKarabiner-Elementsというアプリで自由にカスタマイズしましょう。

まず公式サイトよりアプリをダウンロードします。

アプリKarabiner-ElementsでCapsLock設定を変える手順1

Karabiner-ElementsのアイコンKarabiner-Elementsを起動して、「Simple Modifications」を開きます。

初期設定では、いくつか権限付与が求められます。画面に従って操作して下さい。

アプリKarabiner-ElementsでCapsLock設定を変える手順2

カスタマイズしたい対象キーボードを選び、Add Item を開きます。

通常の内蔵キーボードをお使いであれば、「Apple Internal Keyboard」でOK。

アプリKarabiner-ElementsでCapsLock設定を変える手順3

ここで「変更対象のキー」と「割り当てたい機能」を決めます。

アプリKarabiner-ElementsでCapsLock設定を変える手順4

まず「変更対象のキー」として CapsLock キーを指定します。

アプリKarabiner-ElementsでCapsLock設定を変える手順5

アプリKarabiner-ElementsでCapsLock設定を変える手順6

続いて「割り当てたい機能」を決めましょう。

任意のキー(例:tab キー)はもちろん、メディアコントロールや特定アプリのショートカットなど、非常に種類が豊富です。

設定は以上です。

CapsLock キーを押して、設定した機能が実行されれば成功です。

アプリKarabiner-ElementsでCapsLock設定を変える手順7

アプリKarabiner-ElementsでCapsLock設定を変える手順8

tabキーを割り当てた例。

なおKarabiner-ElementsのアイコンKarabiner-Elementsをアンインストールしたい場合、通常の削除手順ではなく、アプリ内メニューより実行する必要があります。

Karabiner-Elements内の「Uninstall」メニューより削除する手順1

左メニュー「Uninstall」を開く。

Karabiner-Elements内の「Uninstall」メニューより削除する手順2

「Launch uninstaller」を実行する。

Karabiner-Elements内の「Uninstall」メニューより削除する手順3

何度かパスワード入力が求められる。

より詳しい情報は、関連記事【Karabiner-Elementsをアンインストールする方法! Macのアプリケーションから削除しよう】で解説しています。

Karabiner-Elementsをアンインストールする方法! Macのアプリケーションから削除しよう
この記事では、Karabiner-Elementsをアンインストールする方法を解説します。削除後、アプリケーションにアイコンが残ってしまう症状も説明しています。

 

〆:キーボードを好きな機能と入れ替えよう!

以上、MacのキーボードでCaps Lockを無効にする方法! キャプスロックキーの設定を切り替えよう の説明でした。

Caps Lockキーを始め、Macの修飾キーは使い方によって利用頻度に個人差が大きいはず。

ぜひ今回の手順を参考に、自分に最適化されたキーボード配置にしてみて下さい。

参考 Appleサポート – Macで修飾キーの動作を変更する

Mac
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

  1. ふじたかおる より:

    ありがとう!
    キーボードを取り替えたら、このCaps Lockが邪魔
    手のカタチが身についていたので
    仕事が捗りませんでした
    ほんとうにありがとう!

タイトルとURLをコピーしました