MacのキーボードでCaps Lockを無効にする方法! macOSで邪魔なKeyを他の機能と入れ替えよう

Mac

MacでCaps Lockキーを使っているでしょうか?

標準キーボード上で左下に位置しており、

photo by Apple

押すとランプが光り、入力した英字が自動で大文字になります。

通常、大文字入力には shift を押しながらのタイプが必要となるため、連続で大文字のアルファベットをタイピングする際に活躍するキーとなります。

が、まったく使っていないなら、誤入力のリスクを考慮して無効化したいですよね。

そこで本記事では、MacのキーボードでCaps Lockを無効にする方法を紹介します。

さらにmacOSでは、 control をほかの修飾キーに入れ替える機能も用意されているので、合わせて解説します。

photo by home thods

 

Caps Lockを無効にする/他の修飾キーと入れ替える方法

「Caps Lockを無効にする」・「他の修飾キーと入れ替える」両手順はどちらもmacOS標準の「キーボード設定」より実行できます。

「システム環境設定」→「キーボード」と進み、

「キーボード」タブ内の「修飾キー…」へ。

すると設定をカスタマイズできる修飾キー一覧が表示されます。

記事中では下記3点を例にそれぞれ解説します。

  • Caps Lockキーを無効にする
  • 任意の修飾キーを別機能と入れ替える
  • 外部キーボードで同様の設定を行う

Caps Lockキーを無効にする

「Caps Lockキー」のプルダウンメニューをクリックし、

一覧より「アクションなし」を選び、

「OK」で決定。

試しに Caps Lock を押してランプが光らず、無効化されていれば成功です。

任意の修飾キーを別機能と入れ替える

任意の修飾キーのプルダウンメニューをクリックすれば、別の機能へ入れ替えることが可能です。

入れ替え可能な機能一覧

  • Caps Lock
  • Control
  • Option
  • Command
  • Esc
  • (アクションなし)

「各機能を必ずどれかのキーに配置しなければならない」という制約もないため、例えば controloption を両方ともCommandキーへ変更することも可能です。

外部キーボードで同様の設定を行う

もしMacBookをお使いで、内蔵キーボード以外の外部キーボードを使用中の場合、すべてのキーボードで修飾キーのカスタマイズを適用するには、「各キーボードごと」で同様の設定を実施する必要があります。

「キーボードを選択」プルダウンメニューより外部キーボードへ変更し、

もし「キーボードを選択」項目が表示されない場合、外部キーボードが正常に接続されているか確認して下さい。

内蔵キーボードで変更した内容と同じ設定をすればOK。

Apple純正のMagic Keyboardの場合、ペアリングを解除した後に再接続しても修飾キーのカスタマイズ設定は記憶されたままでした。

 

〆:Macのキーボードを自分好みに変えよう!

以上、MacのキーボードでCaps Lockを無効にする方法! macOSで邪魔なKeyを他の機能と入れ替えよう の説明でした。

Caps Lockキーを始め、Macの修飾キーは使い方によって利用頻度に個人差が大きいはず。

ぜひ今回の手順を参考に、自分に最適化されたキーボード配置にしてみて下さい。

Mac
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント