[Mac] Finderで便利なオススメ ショートカットキー11選

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5765_14

Finder上では作業を効率化してくれる、様々なショートカットキーが用意されています。

今回、いくつかのショートカットキーが海外サイトで紹介されていたので、個人的に利用しているショートカットも加えながら、備忘録を兼ねて11個のショートカットをまとめました。

スポンサーリンク

その①:新しいFinderウインドウ or タブを開く

ファイルを移動させる際、複数フォルダを表示させるために、Finderを操作することもあるはず。

そんなとき知っておくと便利なのが、新しいFinderウインドウ or タブを開くショートカット

command (⌘) + N で新しいウインドウを開き、

5765_01

command (⌘) + T で新しいタブが開かれます。

5765_02

ウインドウ派かタブ派、かでどちらを利用するか分かれるところですね。

ボクは個人的にタブが好きなので、command (⌘) + T を多用しています。

その②:Finder内に新しいフォルダを作成する

新しいフォルダを作成する方法として、右クリックメニューより作成もできますが、command (⌘) + Shift (⇧) + N で作成した方が早いです。

5765_03

作成されるとリネームができる状態でキーがセットされるので、そのままフォルダ名の入力に移ることも可能。

その③:ゴミ箱を空にする

ゴミ箱を空にする方法として、ゴミ箱フォルダを開き、「空にする」を選択することでも可能ですが、

5765_04

Finder上のどこからでも、command (⌘) + Shift (⇧) + Delete で空にできます。

ゴミ箱を頻繁に空にするなら、便利なショートカットキーです。

その④:Spotlight検索を起動

control + Space でSpotlight検索を起動できます。

5765_15

ちなみにこのショートカットキーは、Finder以外のアプリを開いている最中でも、常時起動する便利なショートカットです。

その⑤:「ユーティリティ」フォルダへ移動

command (⌘) + Shift (⇧) + U で「アプリケーション」フォルダにある「ユーティリティ」フォルダへすぐ移動できます。

5765_05

「ターミナル」でコードを入力したり、「アクティビティモニタ」でデータ量を確認したり、などなど、ユーティリティ内にある機能を頻繁に利用するなら、覚えておくと便利ですね。

その⑥:「アプリケーション」フォルダへ移動

command (⌘) + Shift (⇧) + A で「アプリケーション」フォルダへすぐ移動できます。

5765_06

先ほど紹介した「ユーティリティ」フォルダ同様、頻繁に「アプリケーション」フォルダを利用するなら、覚えておくと便利。

ちなみにボクの場合、利用頻度が高いため、「アプリケーション」フォルダはFinderの一番左タブに常時表示させてます。

その⑦:ファイルを消去

個人的にかなり利用頻度の高いショートカットキーが、ファイル消去。

削除したいファイル選択後、command (⌘) + D でサクッと消去できます。また、ドラッグで複数ファイル選択後にcommand (⌘) + D を押すと複数ファイルがそのまま消去されます。

右クリックメニューから選択に比べ、作業効率アップします。

その⑧:Mac内を検索

Finder内のコンテンツを検索するなら、command (⌘) + F が便利です。

5765_07

入力したファイル or フォルダ名や、ファイル拡張子より、該当するコンテンツを表示してくれます。

その⑨:「表示オプション」を起動

command (⌘) + J で「表示オプション」が起動します。

5765_08

ボクの場合、任意のフォルダ内で起動させ、並び順序を変更する際に利用しています。

その⑩:アイコン表示を変更

フォルダ内にあるアイコンの表示方法をショートカットキーでサクッと変更できます。

アイコンモードへ変更

ショートカットキー:command (⌘) + 1 

5765_12

フォルダ内のファイルがアイコンで表示されます。

アイコンに違いがあるフォルダだと見分けるのに便利なので、ボクの場合「アプリケーション」フォルダではアイコンモードにしています。

リストモードへ変更

ショートカットキー:command (⌘) + 2

5765_11

フォルダ内のファイルが縦長のリスト形式で表示されます。

次に説明するカラムモードと表示形式が似ていますが、リストモードの場合、フォルダ内の第一階層ファイルの情報(変更日やファイル容量、など)がより豊富に表示されています。

個人的には、ほぼ使っていない表示形式です。

カラムモードへ変更

ショートカットキー:command (⌘) + 3

5765_10

フォルダ内のファイルの第一階層と、選択したファイルの第二階層以降が表示されます。

個人的に一番利用している表示形式です。

カバーフローモードへ変更

ショートカットキー:command (⌘) + 4

5765_09

フォルダ内のアイコンを大きく表示しつつ、リストも表示されます。

個人的に、アイコンモードとリストモードを融合したようなイメージ。ボクは、ほぼ使っていない形式です。

その⑪:Finderウインドウを隠す

Finderは常時起動しているため、Finder内のフォルダを見ない場合、ウインドウの前面にFinderが常駐しているのは正直邪魔です。

そんなとき、command (⌘) + M でDock上にFinderウインドウを隠すことができて便利です。

5765_13

慣れればとっても便利!

以上、Finderで活用できる便利なショートカットキーの紹介でした。

あまり利用しない機能の場合、ショートカットキーを無理して覚えるより、通常の方法で開いた方が、むしろ生産的だったりするので、各々のFinder利用状況に応じて活用して頂ければと思います。

参考記事:iDownloadBlog

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする