[Mac] ドットから始まる隠しファイルや隠しフォルダを表示/非表示とする方法 [.htaccessなど]

スポンサーリンク

Macで様々な作業をする際に、「.htaccess」ファイルなどの「ドットから始まるファイル」の編集が必要な場面がありますが、初期設定ではこれら隠しファイルやフォルダは非表示になっています。

そこで本記事では、ドットから始まる隠しファイルや隠しフォルダの表示 / 非表示を切り替える方法を紹介します。

photo by renatomitra

スポンサーリンク

Macで隠しファイルの設定を変える方法

隠しファイルを表示する方法

まずMacで隠しファイルを表示する設定方法です。

まずMacで「ターミナル」を起動します。

アプリケーション一覧より、「ユーティリティ」→「ターミナル」と選択しましょう。

次にターミナルで下記コードを入力し、enter を押します。

以上で完了です。

「.htaccess」ファイルなど、ドットから始まる各種ファイルが表示されるようになりました。

隠しファイルを非表示とする方法

次に隠しファイルを非表示とする設定方法です。

ドットから始まるファイルやフォルダを表示させたままだと、フォルダ内がごちゃごちゃするため、目的が達成したら元に戻すことをオススメします。

先ほどと同様の手順でターミナルにて下記コードを入力し、enter を押して元に戻ります。

参考:「.DS_Store」がたくさん表示される

今回紹介した「ドットから始まるファイル」を表示させることで、想像以上に「.DS_Store」ファイルが多いことに気が付くと思います。

「.DS_Store」とは –

OS Xで作成された独自の形式の隠しファイルで、アイコンの位置や表示設定などのフォルダ表示オプションに関するメタデータを保持している。

引用ブログ Amarronの日記

〆:作業の必要に応じて表示/非表示を切り替えよう!

以上、[Mac] ドットから始まる隠しファイルや隠しフォルダを表示/非表示とする方法 [.htaccessなど] の說明でした。

Macの作業で隠しファイルの表示が必要であれば、本記事をぜひご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい