Macで拡張子の関連付けを変更する方法! ファイルごと開く標準のデフォルトアプリを指定しよう

Mac

Macでは拡張子ごとデフォルトで開くアプリが決まっています。

例えば”mp4”ファイルをダブルクリックすると「QuickTime Player」が起動するケースが多いでしょう。

この設定は自由に変更ができます。

そこで本記事では、Macで拡張子ファイル別にどのアプリで開くか変更する方法を紹介します。

 

Macで拡張子ごと標準アプリを変更する方法

まず、標準アプリを変更したい拡張子ファイルを選択し、右クリックより「情報を見る」へ進みます。

「情報を見る」ウインドウの下部にある「このアプリケーションで開く」より、標準アプリとしたい任意のアプリケーションを選択します。

その後、すぐ下にある「すべてを変更…」をクリック。

以上で作業は完了です。

以後「m4v」ファイルをダブルクリックすると、「QuickTime Player」で開くようになりました。

今回は「m4v」ファイルを例に說明しましたが、それ以外の拡張子ファイルであっても手順は同じです。

参考:特定ファイルだけ標準アプリを変更する方法

もし指定した拡張子に該当するすべてのファイルに関して標準アプリを変えるのではなく、特定ファイルの場合だけ変更したい場合は、さきほどの「すべてを変更…」を選択せずに完了をします。

すると変更したファイルのみ、任意のアプリで開くようになり、それ以外の同じ拡張子のファイルは、従来と標準アプリは変わらず開きます。

 

〆:お気に入りのアプリケーションを設定しよう

以上、Macで拡張子の関連付けを変更する方法! ファイルごと開く標準のデフォルトアプリを指定しよう の說明でした。

標準アプリの変更方法はカンタンなので、拡張子ファイル毎お気に入りのアプリケーションで開く設定をしてみて下さい。

ぜひ、お試しあれ。

Mac
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント