Amazonタイムセール会場  楽天タイムセール会場
スポンサーリンク

Mac「出力/入力装置が見つかりませんでした」の対応策! macOSで内蔵スピーカー/マイクが表示されないエラーを解決しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Mac
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Macのサウンド設定で次のメッセージが表示され、音が一切出なくなるケースがあります。

出力装置が見つかりませんでした

macOSのサウンド設定エラー「出力装置が見つかりませんでした」

本記事では、この症状を解決して、内蔵スピーカーを再表示する方法を紹介します。

結論としては、次の2点いずれかで改善するケースが多いです。

  • システム終了→起動する
  • NVRAM(またはPRAM)をリセットする
記事中の内容は、macOS Catalina(10.15.1)で検証しています。

Photo by Matthieu A on Unsplash

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Mac「出力装置が見つかりませんでした」の解決方法

説明の流れ
  • 解決方法①
    システム終了→起動する
  • 解決方法②
    NVRAM(またはPRAM)をリセットする
  • 参考
    通常の再起動は効果なし
  • 参考
    それでも改善しない場合→Appleサポートへ要問合せ
エラー現象の詳細な情報については、記事後半で解説しています(コチラをタップしてジャンプ)。

解決方法①:システム終了→起動する

macOSをシャットダウンした後、再び電源を起動して下さい。

メニューバーアイコンより システム終了 を選び、

macOSでシステム終了する手順1

実行して下さい。

macOSでシステム終了する手順2

起動後、Macシステム環境設定アプリのアイコンシステム環境設定の サウンド にて、内蔵スピーカーが表示されていればOKです。

macOSのサウンド設定に内蔵スピーカーが表示される

もし相変わらず次のメッセージが表示され、音が一切出ない場合、次の解決策をお試し下さい。

出力装置が見つかりませんでした

解決方法②:NVRAM(またはPRAM)をリセットする

【NVRAMとPRAMとは?】 – NVRAM(不揮発性ランダムアクセスメモリ)は、Macがすばやくアクセスできるように所定の設定情報を記憶しておく小容量のメモリを指す。PRAM(パラメータRAM)にも似たような情報が保存されており、どちらもリセット手順は同じ。

NVRAM(またはPRAM)に記憶される情報の中には「サウンド設定」も含まれます。リセットすればエラー状態もクリアされるため、症状を改善できる可能性があります。

リセット手順は下記通りです。

  1. システム終了する
  2. 電源を入れる
  3. すぐに option + command ⌘ + P + R を同時に押し続ける(20秒ほど)
3の最中、何度かMacが再起動しているように見えます。

起動後、Macシステム環境設定アプリのアイコンシステム環境設定の サウンド にて、内蔵スピーカーが表示されていればOKです。

macOSのサウンド設定に内蔵スピーカーが表示される

参考:通常の再起動は効果なし

macOSの不具合は再起動で改善することが多いですが、今回の症状は効果ありませんでした。

macOSで再起動する手順

ネット上の声を調べる限り、やはりシャットダウンかNVRAMリセットで解決しています。

参考:それでも改善しない場合→Appleサポートへ要問合せ

ここまでの内容で解決できない場合、Appleサポートにお問い合わせ下さい。

 

参考:

Mac「入力装置が見つかりませんでした」の解決方法

同様の症状は入力側でも発生することがあり、内蔵マイクが表示されません。

入力装置が見つかりませんでした

macOSのサウンド設定エラー「入力装置が見つかりませんでした」

この場合も本記事で取り上げた通り、シャットダウンかNVRAMリセットで解決します。

「出力装置が見つかりませんでした」の具体的な症状

このメッセージが表示された際、実際にボクが確認した細かい症状を紹介します。

  • 全アプリで内蔵スピーカーから音が出ない
  • システムレポートでオーディオのデバイス情報が何も表示されない
  • 外部出力装置は認識できる
なおこの症状は、OSアップデート後に発生するケースも報告されていますが、ボクの場合はあるとき突然発生しました。

全アプリで内蔵スピーカーから音が出ない

使用するアプリとわず、パソコンの内蔵スピーカーから一切音が出なくなります。

メニューバーのスピーカーアイコンも、スライダがグレーアウトとなり動かせません。

「出力装置が見つかりませんでした」の具体的な症状1

音声の入力/出力機能のあるアプリケーションでも、エラーが出るようになります。

「出力装置が見つかりませんでした」の具体的な症状2

GarageBandで表示されるエラーメッセージ例

システムレポートでオーディオのデバイス情報が何も表示されない

メニューバーアイコンより このMacについてシステムレポート と進み、

「出力装置が見つかりませんでした」の具体的な症状3

ハードウェアオーディオ と確認すると、デバイス情報が何も表示されません。

「出力装置が見つかりませんでした」の具体的な症状4

外部出力装置は認識できる

内蔵スピーカーは反応しない一方、次のような外部出力装置は認識可能で、音も流せました。

  • Bluetooth接続したスピーカー
  • HDMI接続した外部ディスプレイ
「出力装置が見つかりませんでした」の具体的な症状5

Bluetooth接続したAmazon製スピーカーは認識できた例。

ただ、相変わらず内蔵スピーカーは認識できません。

 

〆:内蔵スピーカーのエラーを解消しよう!

以上、Mac「出力/入力装置が見つかりませんでした」の対応策! macOSで内蔵スピーカー/マイクが表示されないエラーを解決しよう の説明でした。

再起動でも改善しないため少し焦りますが、シャットダウンかNVRAMリセットで解決するケースが多いため、深刻な問題ではありません。

同様の症状で悩んでいる方は、ぜひお試し下さい。

参考 Appleサポート – MacでNVRAMまたはPRAMをリセットする

参考 Appleサポート – Macの内蔵スピーカーから音が聞こえないときは

Mac
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おるくすをフォローする
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました