Mac「開発元が未確認のため開けません」を解決する方法! Apple Storeにないアプリを実行しよう

Mac

MacでApp Storeにはない外部サイトからダウンロードした新しいアプリを開こうとすると、

  • 開発元が未確認のため開けません。
  • App Storeからダウンロードされたものではないため開けません。

などと表示され、うまく開けないケースがあります。

そこで本記事では、そのような問題を解決する方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

「開発元が未確認のため開けません」とは

Mac OS X 10.8(Mountain Lion)から導入されたGatekeeper機能により、開こうとするアプリの開発元が確認されるようになりました。

もしApple社のDeveloper IDによる署名が無い場合、「開発元が未確認のため開けません」と表示が出ます。

例えば外部サイトからダウンロードした「OpenOffice」でメッセージが表示される。

この問題の解決方法は3種類あります。

  1. controlを押しながら開く(対象:個別アプリ)
  2. 「システム環境設定」で許可する(対象:個別アプリ)
  3. 「システム環境設定」で許可する(対象:すべてのアプリ)

 

「開発元が未確認のため開けません」の解決方法

方法①:controlを押しながら開く

開きたいアプリを control を押しながらクリックすると、右クリックメニューが表示されます。

続いて「開く」をクリックすると、「開発元は未確認ですが、開いてもよいですか?」とメッセージが出るので、「開く」を選択。

するとアプリを開くことができ、かつ今後は特別な操作は不要でアプリを起動できるようになります。

方法②:「システム環境設定」より許可する(個別アプリ)

「システム環境設定」より個別アプリごと許可する方法です。

「開発元が未確認のため開けません」というメッセージ表示後、

「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」へ移動します。

すると、先ほど開けなかったアプリが下部に表示されているので、「このまま開く」を選択すると、以後通常通り起動できるようになります。

方法③:「システム環境設定」より許可する(すべてのアプリ)

ここまでの方法では個別アプリ毎に許可が必要ですが、最後に紹介するのは、一度許可すると以後すべてのアプリケーションを自動的に許可するようになる方法です。

【2016年12月追記】macOS Sierra 以降では仕様が代わり、通常では「すべてのアプリケーションを許可する」オプションが非表示となりました。

ターミナルにて下記コマンドを入力すれば、強制的にオプションを復活できます。

sudo spctl --master-disable

元の「すべてのアプリケーションを許可する」オプション非表示に戻すには下記コマンドを入力します。

sudo spctl --master-enable

「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」へ移動後、左下の鍵アイコンをクリックします。

ここでパスワードが求められるので入力し、その後「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」内で「すべてのアプリケーションを許可」を選択します。

再び注意文が出るので、「許可」を選択すればOKです。

 

〆:インストール頻度に合わせて設定しよう

以上、Mac「開発元が未確認のため開けません」を解決する方法! Apple Storeにないアプリを実行しよう の說明でした。

外部サイトからアプリをインストールする頻度に合わせて、最適な方法を選んで下さい。

ボクの場合、あまり頻繁にアプリをインストールしないので、方法①の個別アプリ毎に control を押して許可してます。

ぜひ、ご参考あれ。

Mac
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント