Amazonタイムセール会場  楽天タイムセール会場
スポンサーリンク

Mac「開発元を検証できないため開けません」を解決する方法! App Storeからダウンロードされないアプリを実行しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Mac
スポンサーリンク
スポンサーリンク

App StoreのアイコンApp Storeにはない、外部サイトからダウンロードした新しいアプリをMacで開こうとすると、次のメッセージが表示され先に進めないケースがあります。

  1. App Storeからダウンロードされたものではないため開けません。
  2. 開発元を検証できないため開けません。
  3. 開発元が未確認のため開けません。
  4. 悪質なソフトウェアかどうかをAppleでは確認できないため、このソフトウェアは開けません。

どれも「Gatekeeper」というmacOSのセキュリティ機能が要因ですが、表示されるメッセージによって原因と解決方法が2パターンに分かれます。

メッセージ番号メッセージの原因アプリを開く方法対象アプリ範囲
1App Store以外から入手したアプリのためシステム環境設定でセキュリティ設定を変える全アプリ
2・3・4開発元を確認できないアプリのため右クリックメニューから開くそのアプリだけ
システム環境設定で都度許可するそのアプリだけ
ターミナルでコマンドを実行する全アプリ

そこで本記事では、2パターンに分けて詳細な対処法を解説します。

macOSは日々アップデートしているため、上記以外のメッセージが表示される可能性もありますが、文面が異なるだけで2パターンどちらかに該当しています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「App Storeからダウンロードされたものではないため開けません」の解決方法

次のメッセージが表示されるケースです。

●●は、App Storeからダウンロードされたものでないため開けません。
"セキュリティ"環境設定でインストールが許可されているのは、App Storeからのアプリケーションのみです。
「App Storeからダウンロードされたものではないため開けません」メッセージの例

例えば外部サイトからダウンロードした「Xperia Companion」でメッセージが表示される。

原因:App Store以外から入手したアプリのため

Macのセキュリティ設定がApp StoreのアイコンApp Storeからのダウンロードのみ許可しているため、外部サイトから入手したアプリが弾かれている場合に表示されます。

デフォルトではApp Storeに加え、確認済みの開発元からのアプリを許可する設定になっています。このメッセージが表示されるということは、以前にユーザー自身の操作で設定変更をしたことになります。

解決策:システム環境設定でセキュリティ設定を変える

デフォルトのセキュリティ設定に戻せば、このメッセージは出なくなります。

Macシステム環境設定アプリのアイコンシステム環境設定より セキュリティとプライバシー へ進み、

「App Storeからダウンロードされたものではないため開けません」の解決手順1

一般 タブ内で macOSシステム環境設定の鍵アイコン をクリック。

「App Storeからダウンロードされたものではないため開けません」の解決手順2

パスワードを入力して ロックを解除 します。

「App Storeからダウンロードされたものではないため開けません」の解決手順3

「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」にて、次のメニューにチェックを入れればOK。

App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可

「App Storeからダウンロードされたものではないため開けません」の解決手順4

以降、ダウンロードした新しいアプリで次のメッセージが表示されるので、 開く を選択すれば先に進めます。

●●はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。
開いてもよろしいですか?
「App Storeからダウンロードされたものではないため開けません」の解決手順5

例えば外部サイトからダウンロードした「Xperia Companion」も開けるようになる。

もし新しいアプリが「開発元を確認できないアプリ」にも該当する場合、さらに追加で以降より解説する内容の操作が必要です。

 

「開発元を検証できないため開けません」の解決方法

次のメッセージが表示されるケースです。

●●は、開発元を検証できないため開けません。
このアプリケーションにマルウェアが含まれていないことを検証できません。
「開発元を検証できないため開けません」メッセージの例

例えば外部サイトからダウンロードした「OpenOffice」でメッセージが表示される。

他にもメッセージのパターンとして下記を確認していますが、すべて同じ原因です。

開発元が未確認のため開けません。
悪質なソフトウェアかどうかをAppleでは確認できないため、このソフトウェアは開けません。

原因:開発元を確認できないアプリのため

Appleの審査を通過していない開発元のアプリであるため、Macのセキュリティ設定で弾かれている場合に表示されます。

このメッセージが出たアプリは必ずマルウェアに感染しているわけではなく、信頼できるアプリであればインストールしても問題ありません。

有名な大手アプリを除き、大半のサードパーティ製アプリでこのメッセージが表示されるため、あまり身構える必要はないです(とはいえ、セキュリティを意識することは大事ですが・・・)。

警告を無視してアプリを起動する方法として、3通りあります。

アプリを開く方法対象アプリ範囲
①:右クリックメニューから開くそのアプリだけ
②:システム環境設定で都度許可するそのアプリだけ
③:ターミナルでコマンドを実行する全アプリ

①と②の方法は、対象アプリを都度許可するため面倒ですが、セキュリティ上も安心です。

③の方法は、あらかじめ全アプリを包括で許可するため煩わしさは消えますが、セキュリティ上のリスクが残ります。

以降より順番に解説します。

解決策①:右クリックメニューから開き都度許可する

いずれかの方法で対象アプリの右クリック(コンテキスト)メニューを表示して、開く を選択。

  • control を押しながらクリックする
  • マウスやトラックパッドで右クリックする(副ボタンのクリック)

「開発元を検証できないため開けません」の解決手順1

次のメッセージが表示されるので、 開く を実行します。

●●の開発元を検証できません。開いてもよろしいですか?
このアプリケーションを開くことによって、システムのセキュリティが無効になり、コンピュータと個人情報がマルウェアにさらされる場合があります。
その結果、マルウェアによって、Macやプライバシーに損害を受ける可能性があります。
「開発元を検証できないため開けません」の解決手順2

例えば外部サイトからダウンロードした「OpenOffice」も開けるようになる。

ダブルクリックなどで普通にアプリを開いた場合は、このメッセージが表示されません。

これでアプリを開くことができ、かつ今後は特別な操作は不要でアプリを起動できるようになります。

この手順で許可したのは、右クリックメニューで開いたアプリのみです。

開発元が未確認のアプリを新たにダウンロードした場合、同じ手順で個別許可が必要です。

解決策②:システム環境設定で都度許可する

「開発元を検証できないため開けません。」というメッセージ表示後、

「開発元を検証できないため開けません」メッセージの例

例えば外部サイトからダウンロードした「OpenOffice」でメッセージが表示される。

Macシステム環境設定アプリのアイコンシステム環境設定より セキュリティとプライバシー へ進み、

「開発元を検証できないため開けません」の解決手順3

一般 タブ内で先ほど開けなかったアプリが表示されているので、 このまま開く を実行します。

「開発元を検証できないため開けません」の解決手順4

このボタンは、該当アプリを開こうとした後、約1時間の間使用できます。

次のメッセージが表示されるので、 開く を実行します。

●●の開発元を検証できません。開いてもよろしいですか?
このアプリケーションを開くことによって、システムのセキュリティが無効になり、コンピュータと個人情報がマルウェアにさらされる場合があります。
その結果、マルウェアによって、Macやプライバシーに損害を受ける可能性があります。
「開発元を検証できないため開けません」の解決手順5

例えば外部サイトからダウンロードした「OpenOffice」も開けるようになる。

これでアプリを開くことができ、かつ今後は特別な操作は不要でアプリを起動できるようになります。

この手順で許可したのは、「セキュリティとプライバシー」上で表示されたアプリのみです。

開発元が未確認のアプリを新たにダウンロードした場合、同じ手順で個別許可が必要です。

解決策③:ターミナルのコマンド実行でまとめて許可する

この方法は、かつてはシステム環境設定の「セキュリティとプライバシー」より普通に設定できました。

ただmacOS Sierra 以降ではセキュリティ強化によりメニューが削除されているため、ターミナルで復活させる必要があります。

ターミナルのアイコンターミナルを起動し、

「開発元を検証できないため開けません」の解決手順6

例えば、アプリケーション一覧より「ユーティリティ」→「ターミナル」で起動できる。

下記コマンドを実行します。

sudo spctl --master-disable

「開発元を検証できないため開けません」の解決手順7

「Password:」と表示されるので、Macのログインパスワードを入力します。

パスワード入力中は画面に変化がないので、打ち間違えに注意して下さい。

「開発元を検証できないため開けません」の解決手順8

これでMacシステム環境設定アプリのアイコンシステム環境設定より セキュリティとプライバシー を開けば、

「開発元を検証できないため開けません」の解決手順9

「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」にて次のメニューが追加されます。

すべてのアプリケーションを許可

「開発元を検証できないため開けません」の解決手順10

これで「開発元が未確認のアプリ」であっても、都度の許可不要で開けるようになります。

元に戻したい場合、ターミナルのアイコンターミナルで下記コマンドを入力すれば、「すべてのアプリケーションを許可する」オプション非表示状態となります。

sudo spctl --master-enable

 

〆:インストール頻度に合わせて設定しよう!

以上、Mac「開発元を検証できないため開けません」を解決する方法! App Storeからダウンロードされないアプリを実行しよう の説明でした。

外部サイトからアプリをインストールする頻度に合わせて、最適な方法を選んで下さい。

ボクの場合、あまり頻繁にアプリをインストールしないので、個別アプリごと右クリックメニューを開き、許可してます。

ぜひ、ご参考あれ。

参考 Appleサポート – MacでAppを安全に開く

参考 Appleサポート – 開発元が未確認のMacアプリケーションを開く

スポンサーリンク
Mac
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

  1. 6Blk より:

    It was very helpful.
    Thank you.
    I will post the URL on my blog.

タイトルとURLをコピーしました